グラミー賞を最も多く受賞している男「スティービー・ワンダー」
2016年7月11日 更新

グラミー賞を最も多く受賞している男「スティービー・ワンダー」

天才の名をほしいままにしているスティービー・ワンダー。素晴らしい歌声、曲、アレンジ、演奏。その全てが愛にあふれています。全人類の宝と言っても言い過ぎではないでしょう。

2,858 view
Stevie Wonder

Stevie Wonder

スティービー・ワンダー。言わずと知れた天才ミュージシャンですね。
発表された、どのアルバム、どの曲をとっても素晴らしいものばかり!
その中で、代表的なアルバムと曲のいくつかをご紹介します。

プロフィール

Stevie Wonder

Stevie Wonder

出生名: Stevland Hardaway Judkins,
戸籍名: Stevland Hardaway Morris, 1950年5月13日生まれ
キーボードを中心にドラム、ハーモニカ、シンセベースなど様々な楽器を演奏するマルチ・インストゥルメンタリストです。
11歳の時にモータウンのTamlaレーベルと契約して以来、現在までに30曲以上のU.S.トップ10ヒットを放ち、計22部門でグラミー賞を受賞しています。

トーキング・ブック

Talking Book

Talking Book

1972年10月28日発売
【収録曲】
1. サンシャイン
2. メイビー・ユア・ベイビー
3. ユー・アンド・アイ
4. チューズデイ・ハートブレイク
5. バッド・ガール
6. 迷信
7. ビッグ・ブラザー
8. ブレイム・イット・オン・ザ・サン
9. アナザー・ピュア・ラヴ
10. アイ・ビリーヴ

先ずはシングル・カットされ全米1位となった「迷信」です。

Stevie Wonder - Superstition live on Sesame Street

It doesn't get much better than this.... I can't imagine a better feel good song than this one! Check out the REST OF THE VIDEOS in this collection! Stop by ...
それまでも多くのアルバム、ヒット曲を放っていますが、ここから一般的に大ヒットを連発する快進撃が始まります。
天才も天才、大天才ですから、名曲、名演と呼ばれるものが山のようにあります。

続いてやはり全米1位となった「サンシャイン」です。

Stevie Wonder - You are the sunshine of my life

Rainbow Theatre in London. Feb 1974
この作品は、スティーヴィーワンダーの代表曲のひとつ「You Are the Sunshine of My Life」から始まる。バラード系の曲の比率が高い。

6曲目の「Superstition]は、元はスティーヴィーがジェフベックに曲提供した曲である。ジェフベックはBBAのアルバムのためにこの曲をレコーディングしたが、スティーヴィーがこのアルバムで先にリリースしてしまったため、ジェフベックが怒ったという曰くつきの1曲。

そのジェフベックだが、9曲目の「Lookin' for Another Pure Love 」にギターで参加している。ジェフベックもスティーヴィーの音楽が大好きであるため、とても愛に満ちたギターが聴ける。

インナーヴィジョンズ

Innervisions

Innervisions

1973年8月3日発売
【収録曲】
1. トゥー・ハイ
2. 愛の国
3. 汚れた街
4. ゴールデン・レディ
5. ハイアー・グラウンド
6. 神の子供たち
7. 恋
8. くよくよするなよ
9. いつわり

Stevie Wonder - Higher Ground (Live)

1973
Stevie Wonderの最高傑作とも言われる作品。前作"Talking Book"にて成功を得た彼が相当ストイックな環境と覚悟で制作に臨んだ事が音源を通しても伝わってくる。実際この時のStevieは自分自身を世間から隔離した環境の中で、眠るのも惜しいと言うほど音楽漬けの生活を送っていたという。
"Talking Book"というアルバムは全ての曲自身が輝きを放ち、尚且つポップセンスに溢れた作品であった。それに代わって今作の"Innervisions"は勿論1曲1曲のクオリティも素晴らしいが、アルバムトータルで見てコンセプチュアルで一貫した輝きに満ちている。曲やアルバムの完成度の高さ、そしてStevieのスピリチュアルなメッセージ。ジャンルの枠に捕われない沢山の音楽の要素が1枚に凝縮した密度の濃い作品だ。

作品全体にピンと張り詰めたような空気が漂い、フィジカルな強さから生み出されるタイトなリズムと破壊力のあるサウンドが洪水の様に押し寄せてくる。そのサウンドは中毒性のある快感に満ちたサウンド。そして極めつけはセンチメンタル溢れる世にも美しい楽曲が上手くその間に落ち着き、アルバムにスピリチュアルで神聖な空気を醸し出している。
オープニングから強烈な緊張感の溢れる"Too High"。静謐で神秘的なバラード"Visions"。ファンキーだけれど何処か危険な香りが漂う"Living For The City"。心の琴線に触れるような優しいサウンドが溢れる"Golden Lady"。全てのリスナーをハイにしてしまう"Higher Ground"。この流れは正直度肝を抜かれてしまう。

ファースト・フィナーレ

Fulfillingness' First Finale

Fulfillingness' First Finale

1974年7月22日発売
【収録曲】
1. やさしく笑って
2. 1000億光年の彼方
3. トゥー・シャイ
4. レゲ・ウーマン
5. クリーピン
6. 悪夢
7. 愛あるうちにさよならを
8. 聖なる男
9. 美の鳥
10. プリーズ・ドント・ゴー
44 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

クワイエット・ストームと呼ばれるスモーキー・ロビンソンの甘い声

クワイエット・ストームと呼ばれるスモーキー・ロビンソンの甘い声

メローでソウルフルなブラックミュージックを表す言葉「クワイエット・ストーム」。この言葉は、そもそもスモーキー・ロビンソンのアルバム・タイトルからきています。オリジナルのクワイエット・ストームを是非とも聴いてみてください。
obladioblada | 820 view
1970年代~1980年に活躍した黒人美人歌手&懐かしい洋楽ヒット曲!

1970年代~1980年に活躍した黒人美人歌手&懐かしい洋楽ヒット曲!

ビヨンセやアリシア・キーズ、シアラ、マライア・キャリーなどアフリカにルーツを持つ、アフリカ系アメリカ人の美人歌手が活躍しています。アメリカでは他民族の多く混血化したことで美人が生まれたのか?1970年代~1980年代に活躍した黒人美人歌手や懐かしい洋楽ヒット曲を思い出してみました。
バブルガム・ブラザーズがついに結成35周年!「WON’T BE LONG」のアナログ盤がリリース決定!!

バブルガム・ブラザーズがついに結成35周年!「WON’T BE LONG」のアナログ盤がリリース決定!!

1985年のレコードデビュー以降、J-SOULミュージックの代表格として絶大なる人気を博したバブルガム・ブラザーズが、結成35周年にあたる今年、記念盤のリリースで復活することが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,431 view
80年代の名曲「悲しい色やね〜OSAKA BAY BLUES」上田正樹・今語られる曲の真実

80年代の名曲「悲しい色やね〜OSAKA BAY BLUES」上田正樹・今語られる曲の真実

80年代ヒットしたの名曲、上田正樹「悲しい色やね」にまつわること。悲しい色とはどんな色なのか? 男女の別れだけではなかった、大阪のソウルを歌った。今語られる曲の真実。歌詞の検証。
ソウルとんねるず!!是非復活を!!

ソウルとんねるず!!是非復活を!!

フジテレビの『とんねるずのみなさんのおかげです』コーナーの1つで1994年11月7日第1回放送『ソウルとんねるず』毎回楽しみに見ていたコーナーを懐かしく思いまとめてみました。
ギャング | 9,168 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト