むせび泣くバラードは天下逸品 轟音爆裂マシンガン・ピックのゲーリームーアのロック魂よ永遠なれ
2017年1月25日 更新

むせび泣くバラードは天下逸品 轟音爆裂マシンガン・ピックのゲーリームーアのロック魂よ永遠なれ

2014年冬季オリンピック・ロシアソチ大会のフィギアスケートSPでエレキギターのバラード曲バックに最高点を叩き出して優勝した羽生結弦。彼の演舞曲がまさにあの「パリの散歩道」。故ゲーリー・ムーアの代表曲だった。1974年のシン・リジィ参加で有名になり、以降1980年代はハードロック、フュージョン等を中心に、1990年代以降はブルースロックを軸に活躍。

2,767 view

ゲーリー・ムーアの生い立ちとギタリストとしてのルーツ

ゲイリー・ムーア出生

 (1810701)

サッカーではマンチェスター・ユナイテッドの伝説のフォワードだった故ジョージ・ベストと同じく、北アイルランドのベルファストで1952年4月4日に生まれる。
父親は地元で有名なプロモーターでクラブの経営などに携わっていた。
小学生の頃ピアノを習い始めるが教師と合わず挫折。10歳の頃にギターを始める。
当初はシャドウズのコピーに明け暮れるが、やがてジェフ・ベック、エリック・クラプトン、さらにジミ・ヘンドリックスなどの影響を受け始める。
後に、白人系ブルースギタリストのピーター・グリーンから強い衝撃を受け、プロギタリストになる決意を固める。
ゲーリー・ムーア自身は、一つのバンドに長く身を置くことなく様々な場を求めて求道する孤高のギタリスト。

バンド活動早くも弱冠14歳で始動

スキッド・ロウ時代初期

1966年、The Beat Boysというグループで、父親の経営するクラブにレギュラー出演する。当時は弱冠14歳。
1968年、交通事故で演奏ができなくなったギタリストの代役として、ベルファストのアマチュア・グループであるザ・メソッドに加入。当時は弱冠16歳。
ダブリンをツアー中に、キッド・ロウに加入。当時のメンバーはブレンダン・シールズ、ノエル・ブリッヂマン、フィル・ライノット。そこにゲーリー・ムーアが加入した形。
1969年、スキッド・ロウはアイルランドのレコード会社から、フィル・ライノットをボーカルに据えたシングルでメジャー・デビューした。
ムーアが作曲した "Misdemeanour Dream Felicity" が彼のキャリアにおいて最初のシングルとなる。
スキッド・ロウでライノットの解雇後、フリートウッド・マックの前座を務めた際にピーター・グリーンに気に入られ、CBSとの契約を勧められる。
http://ameblo.jp/ryukibass/entry-11915405564.html (1810695)

出典 http://ameblo.jp/ryukibass/entry-11915405564.html

スキッド・ロウ時代後期

1970年スキッド・ロウは、「英国のキング・クリムゾンに対するのアイルランドからの回答」として売り出された、アルバム「SKID」をリリース。
アメリカツアーも2回敢行、2度目のアメリカ・ツアーではフィルモアにも出演。
1971年夏、34時間でレコーディングされたセカンド・アルバム「34 Hours」をリリース。ヨーロッパへのツアー、3作目のアルバムを録音直後、ゲーリー・ムーアはスキッド・ロウを脱退。
1972年、ロンドンでザ・ゲイリー・ムーア・バンドを結成、1973年5月、初のリーダー・アルバム「グライディング・ストーン」をリリースするもセールスには恵まれずグループは自然消滅。

シン・リジィ参加

1974年1月、スキッド・ロウ時代の旧友フィル・ライノットに頼まれ、数ヶ月間ギターリストのエリック・ベルの代役としてシン・リジィの活動を行う。
在籍中のライブでは既にグループの次作で数曲を演奏。4作目のデモ・レコーディングも残した。
 (1810696)

コロシアムIIの結成

同年5月、コロシアムのドラマー、ジョン・ハイズマンとともに新たなバンドを結成すべく人選を開始。
ドン・エイリー、ニール・マーレイ、ジョン・モールらとともにジャズ・ロック・バンド:コロシアムIIを結成し、1976年から1977年にかけて3枚のアルバムを残す。

シン・リジィに再び参加

名曲「パリの散歩道」は永遠なり

 (1810700)

1977年1月コロシアムⅡ在籍のまま、再びシン・リジィに参加。
1978年8月、シン・リジィに正式加入、コロシアムIIに在籍したまま、ソロ名義でMCAと契約し、9月、初のソロ名義作品「バック・オン・ザ・ストリーツ 」をリリース。
UK・アルバム・チャートで70位を記録する。自作のインストゥルメンタル曲の他、ライノットとの共作曲を収録。
なかでもピーター・グリーンから譲り受けたギブソン・レスポール・スタンダード(1959)による演奏が印象的な「パリの散歩道 」はUKシングル・チャートで8位と最高位を記録する。
冒頭で触れたが、フィギアの羽生結弦がソチ五輪のSPで使った曲が「パリの散歩道」。
この曲の作詞は、フィル・ライノット。
12月、シン・リジィ、「ブラック・ローズ」のレコーディング開始する。
1979年2月、「ブラック・ローズ」リリース。 しかし1979年7月4日、US・ツアー中にマネージメントに嫌気をさしてグループを離脱。

ソチ五輪 羽生結弦 SP「パリの散歩道」

79 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

90年代にスマッシュヒットした若さ溢れるハイトーンメタルバンド【SKIDROW】

90年代にスマッシュヒットした若さ溢れるハイトーンメタルバンド【SKIDROW】

この記事では、90年代に全盛期だった【SKIDROW】の紹介をしたいと思います。 主要メンバー、ファーストアルバムの代表曲、セカンドアルバムの代表曲などを、動画を交えてまとめてみました。
つきねこ | 3,325 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト