1978年2月にリリースされた【山口百恵】の「乙女座 宮」を聴き直そう
2019年2月2日 更新

1978年2月にリリースされた【山口百恵】の「乙女座 宮」を聴き直そう

山口百恵さんにはヒット曲が多いですが、皆さんにとってこの「乙女座 宮」はどうですか?僕は小学生の時に聴いていた記憶が残っています。今回はそんな懐かしい「乙女座 宮」を聴き直してみたいと思います。

579 view

山口百恵とは

山口 百恵(やまぐち ももえ、1959年1月17日)、日本の元歌手、元女優。本名:三浦 百惠(みうら ももえ、旧姓:山口)。

夫は俳優の三浦友和(1980年11月19日結婚)。長男はシンガーソングライター・俳優・歌手の三浦祐太朗。次男は俳優の三浦貴大。
Amazon | GOLDEN☆BEST/PLAYBACK MOMOE part2 | 山口百恵, 千家和也, 阿木燿子, 松本隆, 横須賀恵, 石丸博, さだまさし, 谷村新司, 萩田光雄, 森岡賢一郎, 川口真 | 歌謡曲 | 音楽 (2080421)

山口百恵さんの芸能界デビューは、1972年に行われたオーディション番組である『スター誕生!』がきっかけでした。

翌年には『としごろ』という映画に出演。同名の曲で歌手としてデビューします。

森昌子さん、桜田淳子さんと共に「花の中三トリオ」と呼ばれました。

1980年3月には三浦友和さんとの婚約を発表し、芸能界を引退します。

引退後は一切のマスコミに姿をみせず、主婦であると同時にキルト作家としても活動されています。

今回は、そんな昭和の歌姫であった山口百恵さんの名曲「乙女座 宮」を聴き直してみましょう(^^)/

山口百恵 ソニーミュージック公式サイトはこちら

名曲「乙女座 宮」とは

「乙女座 宮」(おとめざ きゅう)は1978年2月にリリースされた山口百恵さんの21枚目のシングルです。

歌詞の中には乙女座をはじめ、蟹座・獅子座など星占いに登場する星座が登場するのが特徴です。
Amazon | 乙女座宮 [EPレコード 7inch] | 山口百恵 | 歌謡曲 | 音楽 (2080426)

久し振りに聴いた時に、ちょっと「あれ?」と思いました。
なんとなく、山口百恵さんの印象と違うんです・・・

それもその筈、山口百恵さんの楽曲の中では珍しく、明るいメジャーコードの曲となっているんですねぇ。

私なんて「秋桜」が印象に残っていたので、ちょっとびっくりしました。

それにしても素敵な歌詞ですよねぇ・・・
ファンタジーというかメルヘンというか。

この様な曲も歌いこなしてしまうところが山口百恵さんの素晴らしいところなんですよね!

やはり永遠の歌姫であることに間違いありませんねぇ

山口百恵 乙女座宮

楽曲に携わった人達

作詞:阿木燿子

阿木燿子(あきようこ)さんは日本の作詞家であり、女優・小説家・エッセイストなどもこなすマルチな方です。本名は木村広子さんといいます。

旦那さんはミュージシャンで俳優の宇崎竜童さん。ご夫婦でタッグを組み、日本の音楽シーンに多くの名曲を送り出してきました。

そんな阿木燿子さんは2006年11月に紫綬褒章を受章しています。

作詞された代表作には、1976年に日本レコード大賞の作詞賞及び日本作詞大賞の大衆賞を受賞し「横須賀ストーリー」(山口百恵)や、同じく同年に賞に輝いた「想い出ぼろぼろ」(内藤やす子)などがあります。
阿木曜子&宇崎竜童・音楽界の黄金コンビ 山口百恵の曲作りのエピソード - YouTube (2080446)

作曲:宇崎竜童

宇崎竜童(うざきりゅうどう)さんといえばダウン・タウン・ブギウギ・バンドの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が頭に浮かびますが、「作詞:阿木燿子・作曲:宇崎竜童」のコンビで山口百恵さんの全盛期を支えたことでも有名です。

数多くのアーティストに楽曲を提供している宇崎竜童さんですが、俳優、映画監督としての一面もあり、多才な方であることがうかがえます。
Amazon | 宇崎竜童ソングブック | オムニバス | 歌謡曲 | 音楽 (2080450)

編曲:萩田光雄

萩田光雄(はぎたみつお)さんは静岡県出身の作曲家、編曲家、音楽プロデューサーです。

1973年に高木麻早さんの「ひとりぼっちの部屋」で編曲家デビューされました。
その後、1975年に布施明さんの「シクラメンのかほり」と、1976年に梓みちよさんの「メランコリー」で日本レコード大賞編曲賞を2年連続で受賞されています。

編曲のプロフェッショナルですね。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】70年代を代表する作詞家・千家和也さん死去。「ひと夏の経験」「年下の男の子」「わたしの彼は左きき」など

【訃報】70年代を代表する作詞家・千家和也さん死去。「ひと夏の経験」「年下の男の子」「わたしの彼は左きき」など

山口百恵「ひと夏の経験」、麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」などの作詞で知られ、70年代の歌謡界をリードした作詞家・千家和也(せんけ・かずや)さんが、食道がんのため都内の病院で亡くなりました。73歳でした。
隣人速報 | 383 view
「青葉城恋唄」を歌った【さとう宗幸】を振り返る

「青葉城恋唄」を歌った【さとう宗幸】を振り返る

その美しい歌声は今でも健在なさとう宗幸さん。「青葉城恋唄」といえば我々の世代では誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?今回はそんなさとう宗幸さんを振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 568 view
"Oh I love you forever" 1978年にリリースされた【アリス】の「涙の誓い」

"Oh I love you forever" 1978年にリリースされた【アリス】の「涙の誓い」

1978年にリリースされた【アリス】の「涙の誓い」はサビの"Oh I love you forever"がとても印象的な曲でした。今回はこの曲を聴き直してみたいと思います。とても懐かしい曲なので、是非最後まで読んでみてくださいね(^^)/
つきねこ | 287 view
1978年3月に発売された【高田みづえ】の「花しぐれ」を覚えてますか?

1978年3月に発売された【高田みづえ】の「花しぐれ」を覚えてますか?

1978年3月に発売された高田みづえさんの4枚目のシングル「花しぐれ」。高田みづえさんはこの曲で同年末の紅白歌合戦にも出場されました。懐かしいサウンドなので、是非この機会に聴き直してみて頂きたいと思います。
つきねこ | 356 view
聴きなおしシリーズ!【1978年・昭和53年】のヒット曲ベスト10を振り返る

聴きなおしシリーズ!【1978年・昭和53年】のヒット曲ベスト10を振り返る

今回は1978年のヒット曲を振り返ってみたいと思います!この年は兎にも角にもピンクレディーが凄い!読んで頂けると判るのですが、まさに破竹の勢いですよ~(^^)/
つきねこ | 1,356 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト