『怪盗セイント・テール』(1995年)盗品を盗み返して悪人達の罪を暴く「羽丘 芽美」(怪盗セイント・テール)と「飛鳥Jr.」の追いかけっこの結末は…?
2016年4月5日 更新

『怪盗セイント・テール』(1995年)盗品を盗み返して悪人達の罪を暴く「羽丘 芽美」(怪盗セイント・テール)と「飛鳥Jr.」の追いかけっこの結末は…?

昼は普通の中学生、夜は警察を翻弄する怪盗セイント・テールという二つの顔を持つ羽丘芽美。芽美と怪盗を追う特命を受けた飛鳥Jr.は追いかけっこを繰り返す中で恋愛感情を意識するようになり関係が深まっていきました。怪盗セイント・テールの警察を翻弄する華麗なマジックもまるで魔法のようでした。芽美と飛鳥Jr.の関係を中心におさらいしましょう。

13,591 view

『怪盗セイント・テール』(1995年)

『怪盗セイント・テール』(1995年)

『怪盗セイント・テール』(1995年)

『怪盗セイント・テール』(かいとうセイント・テール)は、立川恵による日本の少女漫画。

連載期間は1994年10月号から1995年1月号までの短期連載と、続編である1995年3月号から1996年12月号までの長期連載がある。アニメ化されるなど人気を博し、立川の出世作となる。うち1996年11月号・12月号は番外編ストーリーを収録しているため、本編の連載終了は1996年10月号。コミックス7巻目には番外ストーリーを収録している。立川は影響を受けた作品として『ルパン三世』『キャッツ♥アイ』『魔法のスターマジカルエミ』『ピンクの豹』(松田聖子の楽曲)を挙げている。

原作では主人公の怪盗姿は変装したものだが、アニメではスポンサーの都合上アイテムのペンダントで変身する変身ヒロインものの一種として位置づけられている。また、盗みを働く理由が盗難物の奪還や悪人の裁きを目的とした人助けであることもそれまでの怪盗漫画とは一線を画す内容であった。

各国語に翻訳出版され、日本国外でも人気を博した。
西洋の雰囲気が漂う港町・聖華市の聖(セント)ポーリア学院に通う羽丘芽美は、マジシャンを父に持つ中学2年生。しかしもう一つの姿は人並み外れた身体能力と華麗なマジックを操り、聖華市を騒がす怪盗セイント・テール。

彼女は犯罪被害に遭った「迷える子羊」達の救済のため、学院礼拝堂の見習いシスターにして情報アシスト役のパートナーである親友・深森聖良のサポートのもと、盗品を盗み返して悪人達の罪を暴く怪盗活動に走り回っているのだった。

警察さえ手玉に取るセイント・テールを追うのは、刑事の息子で芽美のクラスメートの天才少年・アスカJr.こと飛鳥大貴。彼は市長より特命を受けた、セイント・テール専任捜査官なのだ。

最初は生意気なアスカJr.に怒り心頭な芽美だったが、中学生と怪盗の二重生活を送る中で微妙な感情を抱くように。しかし、信念をもってセイント・テールに向き合おうとする彼の真摯さに心惹かれていく。
『怪盗セイント・テール』(1995年)の映像メディア化

『怪盗セイント・テール』(1995年)の映像メディア化

テレビアニメは1995年10月12日から1996年9月12日にかけて、トムス・エンタテインメント(放送当時は東京ムービー新社→キョクイチ東京ムービー)および朝日放送製作(ABC)・テレビ朝日系列局(ただしフルネット局のみ)にて19:30〜20:00の時間帯で放映された。

ポリグラムよりVHSビデオ及びLDがセルビデオ14巻、レンタルビデオ・セルディスク11巻で発売された。

2004年8月22日と11月28日にはバンダイビジュアルより、2008年4月25日と8月29日にはタキコーポレーションよりそれぞれDVD-BOXが全2パック発売された。

2014年11月にはブルーレイボックスが発売された。

羽丘 芽美(はねおか めいみ)/怪盗セイント・テール

羽丘 芽美(はねおか めいみ)/怪盗セイント・テール ...

羽丘 芽美(はねおか めいみ)/怪盗セイント・テール 「羽丘 芽美」(右)は夜になると、聖華市を騒がす「怪盗セイント・テール」(左)に変装。

声 - 桜井智
本作の主人公。聖ポーリア学院・中等部2年A組。アクロバットも出来るほどの運動神経を持ち体育は大得意だが、勉強の方は芳しくなく特に数学が苦手。マジシャンの父親と専業主婦の母親がいる。

血液型はA型で、誕生日は9月29日。身長152cm。体重43kg。好きな色はピンクとブルーサファイア。甘いものと可愛いものが大好き。トカゲが大の苦手。

明るく元気で正義感の強い性格だが、そそっかしくドジな所が玉にキズ。涙もろくて照れ屋な所があるが、アスカJr.には強気。理想と現実、偶像の自分と本当の自分とのギャップに悩んだりと繊細な内面を持つ普通の女の子。

しかし夜になると、聖華市を騒がす「怪盗セイント・テール」に変装(アニメでは聖コロンペンダントで変身)し、聖良と一緒に「迷える子羊」たちを救っていく。

盗みの手口や父親譲りのマジックの鮮やかな腕前はもはや魔法の域に近い。普段はオレンジ色のロングヘアだがセイント・テールになるとポニーテールに結んでおり、髪の毛がしっぽに見えることから聖良に命名された。

作者の立川曰く、モデルはアイドル時代の麻丘めぐみ。
8年後、アスカJr.からのプロポーズを受けて婚約。
羽丘 芽美(はねおか めいみ)

羽丘 芽美(はねおか めいみ)

怪盗セイント・テール

怪盗セイント・テール

怪盗セイント・テール

怪盗セイント・テール

「深森聖良」(みもり せいら) 学院礼拝堂の見習いシスターにして情報アシスト役の親友

学院礼拝堂の見習いシスターにして情報アシスト役の親友・...

学院礼拝堂の見習いシスターにして情報アシスト役の親友・深森聖良

深森 聖良(みもり せいら)
声 - 井上喜久子
芽美のクラスメートで大親友。おっとりとした性格。将来はシスター志望で、放課後には学院の礼拝堂で懺悔や相談を受け付ける見習いシスターとして奉仕活動をしている。

血液型はB型で、誕生日は7月3日。身長152cm。体重43.5kg。好きな色はピュアホワイト。
誰にでも敬語で話し、芽美を「ちゃん」付けで呼ぶ。ミーハーな芽美とは反対にあまり物事に動じない、穏やかなしっかり者。慎重で勘が鋭く、さらっと辛辣な発言をする事も。普段は芽美のツッコミ役だが、天然ボケな一面もある。

得意技は芽美を口車に乗せること。芽美がセイント・テールだと知っている唯一の人間で影の立役者。セイント・テールが救おうとする「迷える子羊」は、すべて聖良に相談や懺悔をした人々である。

凄まじい情報収集能力を誇り、聖華市で彼女に分からない事などないのではと思わせるほどの情報網を持つ。必要とあらば芽美と共に現場に乗り込み、セイント・テールのサポートも行う行動派(セイント・テールの影武者を務めるなど)。

公私と心身共に芽美をしっかりと支える良き大親友である。
最終回終章の8年後でついに正式のシスターとなっている。本編最終回は彼女の言葉で締められた。
深森 聖良(みもり せいら)は公私と心身共に芽美をしっ...

深森 聖良(みもり せいら)は公私と心身共に芽美をしっかりと支える良き大親友である。

飛鳥 大貴(あすか だいき)/アスカJr.(アスカ ジュニア)

飛鳥 大貴(あすか だいき)/アスカJr.(アスカ ジ...

飛鳥 大貴(あすか だいき)/アスカJr.(アスカ ジュニア)

飛鳥 大貴(あすか だいき)/アスカJr.(アスカ ジュニア)
声 - 岡野浩介
芽美のクラスメートで刑事の息子。常に学年首席の成績をキープする天才少年だが、そうとは思わせない普通の少年らしい気さくさ(子供っぽさ)を持つ。

血液型はAB型で、誕生日は8月12日。身長159cm。体重53kg。好きな色はグリーン。好きな食べ物ははんぺんで、嫌いな食べ物は牛乳。

基本的にまっすぐで明るい性格の正義漢だが、鈍感で素直になれない一面がある。頭脳の優秀さは折り紙つきで、原作ではセイント・テールに関わる前にも警察に協力して事件を解決した事があった。当初は興味と正義感からセイント・テールを一般市民の立場で追っていたが、その才能と情熱を市長に認められ「セイント・テール専任捜査官」の権限を与えられる。セイント・テールの肩を持ちたがる芽美とは喧嘩ばかりしているが、お互い付かず離れずの関係。ライバルであるセイント・テールの行為には理解を示しつつも、犯罪で解決するやり方を否定している。

8年後、セイント・テールに代わって「迷える子羊」を救う私立探偵となり、芽美にプロポーズした。
芽美とアスカJr.は対決を繰り返すうちに、お互いに心を...

芽美とアスカJr.は対決を繰り返すうちに、お互いに心を惹かれていく。

芽美とアスカJr.は学園生活では、ちょっとしたことで衝...

芽美とアスカJr.は学園生活では、ちょっとしたことで衝突してしまい、すれ違うことが多い。

芽美はトカゲが大の苦手

芽美はトカゲが大の苦手

アスカJr.に自分を捕まえて欲しいと犯行の度に予告状を...

アスカJr.に自分を捕まえて欲しいと犯行の度に予告状を送りつける芽美だが、一方で正体を知られれば拒絶されるかもしれないと恐怖していた。

予告状=ラブレターと同じ意味だった。

その他の主要登場人物

高宮リナ(たかみや リナ)

高宮リナ(たかみや リナ)

声 - 永島由子
芽美達のクラスにやって来た転校生。アスカJr.に想いを寄せる芽美の恋敵。アスカJr.よりも背が高く、モデル並みの抜群のプロポーションを誇る。正義感が強く大胆な性格で、思ったことはズケズケ言うタイプ。

誕生日は5月19日。血液型はB型。
原作の長期連載開始第2話(通算第6話)より登場。聖華市長の姪。将来の夢は婦人警官。やや思慮に欠けており、周囲の迷惑を考えず猪突猛進に突っ走りがち。時折過激な手段を講じることがあり、登場2話目(通算第7話)ではランチャーによる催涙弾を使用。後にセイント・テールの正体は芽美ではないかと疑い、彼女の正体を暴こうと様々な策を講じるも失敗に終わる。芽美とアスカJr.の関係が確定し失恋してからは潔く身を引くと同時に、佐渡に暴力をふるう癖がついてしまった。

セイント・テールの身軽さに対し、こちらは怪力が自慢。立川のデビュー作『熱烈台風娘』の主人公・チャキに容姿が酷似(両方とも『怪力』自慢のキャラクター)している。また、アニメではプロの刑事と渡り合うほどの格闘能力を披露している。

8年後、念願の婦人警官となるが、アスカに事件を解決されてばかりで悔しがっていた。
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

脂肪を落とす‼肥満症への効能効果ががみとめられた18種類の生薬を配合した【EGタイトLight 】(防風通聖散)

脂肪を落とす‼肥満症への効能効果ががみとめられた18種類の生薬を配合した【EGタイトLight 】(防風通聖散)

お腹周りの脂肪や便秘、むくみでお困りの女性に、18種類の生薬が配合された医薬品「EGタイトLight」で無理なく脂肪燃焼!体質改善!
6人いた男性アイドルグループKAT-TUN!!デビュー前の小ネタ集~♪

6人いた男性アイドルグループKAT-TUN!!デビュー前の小ネタ集~♪

デビュー曲「Real Face」では、ミリオンセラーを達成したKAT-TUN。6人時代のメンバーを振り返る。
ゆきちゃん | 5,581 view
デリケートゾーンの黒ずみケアクリーム【SexyWhite】厚生労働省が美白の効果を認めた成分、トラネキサム酸を配合

デリケートゾーンの黒ずみケアクリーム【SexyWhite】厚生労働省が美白の効果を認めた成分、トラネキサム酸を配合

デリケートゾーン脱毛で、口コミNo.1のサロンが開発したVIO専用美白クリーム【SexyWhite】厚生労働省が美白の効果を認めた成分である「トラネキサム酸」が配合され、「スクワラン効果」で肌のキメも整うとされています。クレジットカード決済でもお得にゲット!
『こっちむいてみい子』は実は二つの原作からできたアニメだった!?

『こっちむいてみい子』は実は二つの原作からできたアニメだった!?

1998年に放送されていた大人気アニメ『こっちむいてみい子』のストーリーは、実は二つの原作をもとにされていたことをご存知でしたか?今回はストーリーや登場人物の他に、アニメの元になった原作についてご紹介したいと思います。
がきんこ | 391 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

講談社なかよしでセーラームーンキャラクター人気投票が行われ、1993年3月号に結果が掲載されました。38位までが発表された中からトップ10のキャラクターを振り返ります。1位はやっぱりあの人かな…
ローズリー | 43,714 view
世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

1996年3月に公開されたディズニー配給のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー』。アプリ『ディズニー マイリトルドール』に、同作の人気キャラ、ウッディとバズ・ライトイヤーがリトルドールとなって登場した。
【クイズ】懐かしい名作テレビアニメ(1990代編)

【クイズ】懐かしい名作テレビアニメ(1990代編)

あの名作アニメの登場人物や名シーン、主題歌など…。 1990年代の懐かしいテレビアニメに関する10問クイズです。 この頃はもうアニメをあまり見てなかったという人も多いかもしれませんが是非チャレンジしてみて下さい。
「マーフィーの法則」のマーフィーの子孫が登場するアニメが放送決定!『マイロ・マーフィーの法則』

「マーフィーの法則」のマーフィーの子孫が登場するアニメが放送決定!『マイロ・マーフィーの法則』

アニメ『マイロ・マーフィーの法則』が、ディズニー・チャンネルで4月16日(日)から放送開始。同アニメでは「マーフィーの法則」で知られているマーフィーの子孫が主人公として登場する。
red | 952 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト