デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングした3作品が輸入盤でリリース決定!!
2018年5月20日 更新

デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングした3作品が輸入盤でリリース決定!!

デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングしていたライヴ音源やスタジオ音源を収録した3作品『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~』『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』が、6月29日にリリースされることが明らかとなりました。

478 view

デヴィッド・ボウイが80年前後にレコーディングした3作品が輸入盤でリリース決定!!

常に時代の先端を走り続け、時代を開拓し続けてきた伝説、デヴィッド・ボウイ。彼が1978年から1982年の間にレコーディングしていたライヴ音源やスタジオ音源を収録した3作品『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~』『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』が、6月29日にリリースされることが明らかとなりました。

2作品がアナログLPとしてリイシュー!!

1978年から1982年といえば、名盤との呼び声も高い2枚のオリジナル・スタジオ・アルバム『ロジャー』と『スケアリー・モンスターズ』をリリースし、1978年に発表された2枚組ライヴ・アルバム『ステージ』としても記録されることとなった大規模なワールド・ツアーも行っていた時期。
 (2010784)

1979年に発表したアルバム「ロジャー」
今回、そんな多作な時期を振り返るべくリリースが決定したのが、CD/デジタルで発売となる『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』と、実店舗での限定発売となる『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~』、『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』の2枚のアナログ・リイシュー作品です。なお、『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』は後日国内盤も発売予定となっています。
 (2010785)

1978年に発表したライブアルバム「ステージ」

今回リリースが決定した3枚のアルバムを振り返る!!

『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』

今年のレコード・ストア・デイ限定の3枚組アナログ盤として初めてリリースされた未発表ライヴ・アルバムである同作。ボウイの“アイソラーⅡツアー(Isolar II tour)”の一環として、1978年6月30日と7月1日にロンドンにあるアールズ・コートにて行われた彼のライヴ・パフォーマンスを収録しています。

David Bowie – “Heroes” – Live at Earls Court - 1978

アールズ・コートでライブが行われた際に披露した「Heroes」
この時のセットリストは、基本的に77年に発表した『ロウ』と『ヒーローズ』という2枚のアルバムに重点が置かれており、他にも「フェイム」や「ジギー・スターダスト」、「ジーン・ジニー」や「ステイション・トゥ・ステイション」といった初期のハイライト的楽曲も披露されています。また「サウンド・アンド・ヴィジョン」のライヴでの初披露時の音源が収録されている点も特筆すべきところ。
 (2010787)

1977年に発表したアルバム「ヒーローズ」

『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~』(限定アナログ盤)

ドイツ出身の女優クリスチーネ・Fの自伝を元に、1981年に映画化された作品のサウンドトラックとして発表された同作。デヴィッド・ボウイはこの映画に本人役で出演もしており、このサウンドトラックに自身の楽曲を提供。「ヒーローズ」のドイツ語ヴァージョンの他、「ステイ」「ワルシャワの幻想」「V-2シュナイダー」「怒りをこめてふり返れ」などが収録されています。
 (2010790)

サントラ「クリスチーネ・F」のジャケット
なお、今回30年の時を経て初めてアナログ盤としてリリースされる本作は、レッド・ヴァイナル仕様限定盤となっており、実店舗でのみの限定販売となっています。

『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』(限定アナログ盤)

ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトの処女戯曲「バール」(1918年)のために書かれた5曲を収録したEPである本作。1981年11月に、ベルリンにあるハンザ・スタジオでトニー・ヴィスコンティと共にレコーディングが行われました。
 (2010799)

EPの音源が収録されているボックス「ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン(1977-1982)」
38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

意識高い系!?70年代プログレのユニークな邦題を集めてみた!!

意識高い系!?70年代プログレのユニークな邦題を集めてみた!!

1970年代に流行したプログレ。そのアルバムの邦題にユニークなものが多かったのを覚えていますか?この記事では、そんなプログレのアルバムの中から、いくつかピックアップしてご紹介したいと思います。
ピンク・フロイド特別番組がWOWOWで放送!ピンク・フロイド好きな有名人を挙げてみた!

ピンク・フロイド特別番組がWOWOWで放送!ピンク・フロイド好きな有名人を挙げてみた!

プログレの雄「ピンク・フロイド」が結成55周年を迎えたのを記念し、WOWOWにて彼らを特集したスペシャルプログラム『結成55周年記念!ピンク・フロイド特集』の放送が決定しました。
隣人速報 | 4,368 view
懐かしのバンドが目白押し!楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」が決定!!

懐かしのバンドが目白押し!楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」が決定!!

島村楽器株式会社が、このたび従業員に対して洋楽ロックバンドに関する調査を実施しました。その結果、楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」に加え、一番ロックが盛り上がっていたのはどの年代だったのかも明らかに!
隣人速報 | 2,783 view
ハードロックの巨匠「ディープ・パープル」が彼らのキャリアを総括する50周年記念ベストを発表!!

ハードロックの巨匠「ディープ・パープル」が彼らのキャリアを総括する50周年記念ベストを発表!!

偉大なるブリティッシュ・ハードロックバンドにして、ハードロック界最大の巨星「ディープ・パープル」。今年でデビュー50周年を迎える彼らの伝説のキャリアを総括するオールタイム・ベストアルバム『ア・ファイアー・イン・ザ・スカイ』の日本盤が9月26日に発売されます。
隣人速報 | 1,082 view
毎月のように輩出された名盤!60~70年代の「ロック黄金期」当時の雰囲気を月単位で解説した書籍が話題に!!

毎月のように輩出された名盤!60~70年代の「ロック黄金期」当時の雰囲気を月単位で解説した書籍が話題に!!

株式会社KADOKAWAは、ロックアルバムの解説本『ROCK DECADE TIME MACHINE 1967-1976 ロック黄金時代のアルバム・ガイド』を発刊しました。その内容が、今までにない画期的なロック・ディスクガイドだと話題になっています。
隣人速報 | 984 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト