35年ぶり奇跡のライブ音源が遂にリリース!ケイト・ブッシュ『ビフォア・ザ・ドーン~夜明け前』
2016年11月28日 更新

35年ぶり奇跡のライブ音源が遂にリリース!ケイト・ブッシュ『ビフォア・ザ・ドーン~夜明け前』

2014年に、35年ぶりとなる奇跡のライヴ公演『ビフォア・ザ・ドーン』をロンドンで22日間行い、話題となった英国の人気アーティスト、ケイト・ブッシュ。その音源が遂に輸入盤CD3枚組(LPは4枚組)でリリースされました!現地で実際にライヴを観た筆者の感想なども交えながら、このライヴに関する情報をまとめてみたいと思います。

2,813 view

ケイト・ブッシュについて

Kate Bush

Kate Bush

エミリ・ブロンテが書いた同名小説にインスパイアされ自作した、「嵐ヶ丘(Wuthering Heights)」で1978年にデビュー。いきなり全英チャート1位となったこの曲は、日本では後に明石家さんまが司会をつとめた人気番組、『恋のから騒ぎ』のオープニングで使われたことでも知られています。デビュー当時の特徴であった高音ヴォーカルは、徐々に大人っぽい落ち着いたヴォーカルへと変化していきますが、その表現力にはますます磨きがかかっていき、難解な歌詞と幻想的かつ緻密なサウンドによって創り出されるケイト独自の世界観は、誰にも真似することの出来ないアートとして高い評価を得ております。ビョークやクリッシー・ハインド、アニー・レノックスといった大物女性アーティストからも賞賛されるなど、ミュージシャンからも尊敬される唯一無二の存在と言えます。
出典 gaffa.org

Kate Bush - Wuthering Heights - Official Music Video - Version 1

デビュー曲「嵐ヶ丘」

Kate Bush - Live At Hammersmith Odeon 1979

「ビフォー・ザ・ドーン」までは、ケイト・ブッシュ唯一のコンサート・ツアーであった1979年「ツアー・オブ・ライフ」の映像。VHSやLDで発売されたことはありましたが、DVD化はされてません。パントマイムを駆使したシアトリカルなステージは、それまでのロック・コンサートの概念を超越した、スペクタクルなライヴでした。

突然のライヴ開催発表

「来る8月から9月に、ライブ公演を行う運びとなりました。
是非おいでください。会場でお会いできるのを楽しみにしています。
詳細についてはこれからこのウェブサイトで発表していきます。
とりあえず、コンサートの日付とチケット販売についての情報をお知らせします。
いつもありがとうございます。
ケイト」
Kate Bush News & Information Japan: 大ニュース! ケイトがロンドンのハマースミス・アポロでのライブ予定を公表 (1791764)

2014年3月21日、ケイトの公式ホームページに、突然ケイト本人からのコメントで、まさかのライヴ開催の告知が出たのです!これには、全世界のケイト・ファンが狂喜乱舞。ケイトのライヴを観るチャンスがあるなんて想像すら出来なかったので、その興奮は言葉では表現できないほど。この日は、英国を中心に(とはいえ、全世界的にもニュースになってましたが)テレビ、ラジオ、インターネットなど、あらゆるメディアがこのニュースを報じ、BBCが「インターネットがメルトダウンした」と表現するほどの熱狂ぶりでした。公演は8月26日にスタートし、最終的には10月1日まで、全22回(22日)公演の開催が発表されました(当初発表された15日公演+追加公演の7日)。

会場はロンドンのイヴェンティム・アポロ

Eventim Apollo

Eventim Apollo

会場は、聖地というべき、イヴェンティム・アポロ。前述の、それまでケイト唯一のツアーであった79年「ツアー・オブ・ライフ」最終公演を行った場所であり、ファンであればVHSやLDで繰り返し何度も鑑賞してきたであろう伝説のライヴ会場、旧ハマースミス・オデオン!わずか3,600席ほどしかない会場なので、単純計算でも22日間で合計約8万枚しか販売されない、まさにプレミアムなチケットとなりました。

チケット大争奪戦

飛行機嫌いで有名なケイトだけに、イギリス以外での公演はそもそも期待してませんでしたが、そうなると、こちらからイギリスまで行かないと、ケイトのライヴを観ることは出来ないわけです。つまり、世界中のファンがこのプレミアムなチケットを取り合う大争奪戦となってしまいました。

ファンに与えられた、先行販売のチャンス!

どうやったらチケットを確保できるか、そわそわしていると、ファンに朗報が届きました!ケイト・ブッシュのオフィシャル・サイトにメール・アドレスを登録していたファンに、先行販売の案内が来たのです!そのメールには、アルファベットと数字を組み合わせた10文字のアクセス・コードが記載してあり、それを入力すると先行販売サイトにログインできるというものでした。これにより、筆者は幸運にも一般販売より48時間早い、3月26日に無事チケットを購入することが出来たのです。但し、この先行販売分も即ソールド・アウトとなったので、本当にラッキーでした・・・。
Before The Dawn チケット

Before The Dawn チケット

チケット購入の際、2種類の座席を選択できました。Stallsが1階席、Circleが2階席。StallのL列は、前から7列目くらいの位置でした。チケットには購入者の名前がしっかりと印字されており、当日入場の際、パスポートなどの写真付き身分証明書の提示を求められました。本人確認を行うことで、転売やダフ屋を禁止するという、徹底ぶり。ちなみに、一人あたり最大4枚までしか購入出来ないという規制もありました。

一般販売も即完売

3月28日の一般販売も、即ソールド・アウトとなる熱狂ぶりでした。筆者の知り合いの中にも、一般販売の開始時刻と同時にアクセスしたのに間に合わなかった、という人が多数いらっしゃいました。一方、前述の先行販売では自分の知るかぎり、ほとんどの人が買えたようなので、アーティストのオフィシャル・サイトに登録しておくのは無駄じゃないんだな、と思い知らされましたね~。

参加ミュージシャンたち

Drums: Omar Hakim

Percussion: Mino Cinelu

Bass: John Giblin

Guitars: David Rhodes

Guitars, Bouzouki, Charango: Frissi Karlsson

Keyboards, Guitars,Programming, Vocals: Jon Carin

Keyboards, Uilleann Pipes,Accordion: Kevin McAlea

Piano (The Ninth Wave[Pre-Recorded], Prologue,Among Angels),
Pre-Recorded Synths: Kate Bush

CHORUS: Jacqui DuBois
Sandra Marvin
Bob Harms
Jo Servi
Albert McIntosh
ウェザー・リポートなどで知られるオマー・ハキムがドラム、ピーター・ガブリエル・バンドのデヴィッド・ローズがギター、ケイトの過去のレコーディングにも多数参加しているジョン・ギブリンがベース、という豪華な布陣。さらに特筆すべきは、ケイトの息子であるバーティー君(アルバート・マッキントッシュ)もコーラスで参加している点。このとき、まだ16歳だった彼ですが、ケイト曰く「優れたシンガー、優れた役者である」とのことで(親バカぶりが微笑ましいですね!)、当ライヴにおいても、寸劇を演じたり、ソロでも1曲歌ったり、と大活躍!
ケイトの息子、バーティー(アルバート・マッキントッシュ)

ケイトの息子、バーティー(アルバート・マッキントッシュ)

35年ぶりのライヴを開催したのも、このバーティーくんの存在があったからこそ。ケイトが「ライヴでもしようかしら」と言ったときに、バーティーくんが「絶対やるべきだよ!」「なぜお母さん(ケイト)が、みんなから愛されているのか、知りたい」と強くプッシュしてくれたのだとか。バーティーくんがお願いすれば、またケイトもライヴをやってくれるかもしれませんね(笑)!

ライヴの構成

58 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

さんま「恋のから騒ぎ」だけじゃない!ケイト・ブッシュ魅惑の10曲!

さんま「恋のから騒ぎ」だけじゃない!ケイト・ブッシュ魅惑の10曲!

英国では絶大な人気を誇るケイト・ブッシュですが、現在の日本では知名度がそれほど高いとは言えません。しかしながら、さんま「恋のから騒ぎ」のオープニングでかかっていた曲と言えば、その歌声に聞き覚えのある方は多いのではないでしょうか?そんなケイト・ブッシュの数多いシングルの中から、魅惑の10曲をご紹介します。
Gaffa | 7,383 view
ガイリッチーの出世作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』イギリスでは年間興行成績1位を記録!

ガイリッチーの出世作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』イギリスでは年間興行成績1位を記録!

1998年8月に公開されたイギリス映画『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』。監督で脚本も務めたガイ・リッチーの出世作と知られ、親友で製作を担当したマシュー・ボーンと組んで映画化を実現させました。
ひで語録 | 202 view
ダイアナ妃ブームなどヒストリーを顧みる

ダイアナ妃ブームなどヒストリーを顧みる

今も、その気品ある美貌が記憶の中に鮮明に残っている人も多いのではないでしょうか?ダイアナ妃こと英国元王妃です。男性の心を掴んだだけではなく、女性にとっても憧れの存在だったダイアナ妃。彼女の波乱万丈ともいえるヒストリーを顧みてみましょう。
yt-united | 769 view
写真家デニス・モリスによる写真展!オアシス「リアム・ギャラガー」の94年東京公演のライブ写真が公開!!

写真家デニス・モリスによる写真展!オアシス「リアム・ギャラガー」の94年東京公演のライブ写真が公開!!

ニューヨーク発ファッションブランド「マーク ジェイコブス」が手掛けるブックストアBOOKMARC(ブックマーク)にて、写真家デニス・モリスによる、初公開となるオアシス「リアム・ギャラガー」のライブ写真展が開催されます。期間は4月21日(土)から4月30日(月・祝)まで。
隣人速報 | 218 view
1990年代にスマッシュヒットを飛ばしたイギリスのロックバンド『EMF』を聴きなおす

1990年代にスマッシュヒットを飛ばしたイギリスのロックバンド『EMF』を聴きなおす

この記事では、1990年代に全米1位を記録するスマッシュヒットを飛ばした『EMF』について書きたいと思います。 ジーザス・ジョーンズが好きな方にはお馴染みかもしれませんね(^^)/
つきねこ | 461 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト