最近チラチラ名前を耳にする「なべおさみ」に注目
2021年10月24日 更新

最近チラチラ名前を耳にする「なべおさみ」に注目

コメディアン、俳優、タレント、ラジオパーソナリティ、司会者、放送作家、著作家、声優で、息子はお笑い芸人のなべやかん。

521 view

シャボン玉ホリデーとなべおさみ

写真右側:なべおさみ

写真右側:なべおさみ

50年前の音楽ショー「シャボン玉ホリデー」

キントト映画

シャボン玉ホリデーの代表コントである「キントト映画」。

なべおさみ扮する架空の映画会社・キントト映画社の映画監督と安田伸扮する助監督との
掛け合いで、「ヤスダーッ!」となべおさみが怒鳴り散らすというもの。

シャボン玉ホリデーの定番ネタです。

大先輩の安田を相手に遠慮のない演技で、この空威張り演技の面白さは、なべおさみの武
器のひとつとなっていきました。

クレージーキャッツ キントト映画

映画俳優としても

1968年 市村泰一が監督したコメディ映画「温泉ゲリラ 大笑撃」(松竹映画)で主演に抜擢されます。

同年、続けて山田洋次監督のチンピラ、ヤクザ、家出娘などのいわば社会の最下層に生きる人々の愛情を描いた「吹けば飛ぶよな男だが」(松竹映画)でも主役に起用されます。

1970年には、サトウサンペイの漫画を実写映画化した「夕日くん」(東宝)シリーズの主人公で
ある平凡なサラリーマンを演じています。
温泉ゲリラ大笑劇

温泉ゲリラ大笑劇

吹けば飛ぶよな男だが

吹けば飛ぶよな男だが

漫画 夕日くん

漫画 夕日くん

女ののど自慢

1978年から日本テレビの朝のワイドショー「ルックルックこんにちは」の「女ののど自
慢」の司会を担当。

毎週水曜日の視聴者参加型の人気コーナーでした。

5~10名の女性出場者が自分の波乱万丈話のナレーションが行われた後、持ち歌を熱唱。
審査員の得点に応じて賞品が贈られるコーナーです。

歌が余り上手くなく、波乱万丈話の内容によっては一般主婦審査員の温情で合格出来ると
言うのも、従来の素人歌番組には無い特徴でした。

ルックルックこんにちは 1986 ドキュメント 女ののど自慢

アニメの声優も

なべおさみは、いろんなアニメの声優をこなしています。
じつは、スヌーピーのチャーリーブラウンの声優でもありました。

1981年から1985年まで、「スヌーピーとチャーリーブラウン」(NHK放送)で、
担当しています。

なべおさみ本人も、YouTube(なべおさみチャンネル)でその頃を語っています。
チャーリーブラウン

チャーリーブラウン


モーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンシリーズの一篇「金髪の美女」を
「ルパン対ホームズ」として、1981年に日生ファミリーファミリースペシャルで
放送されたのを覚えていますか?

このアニメのウィルソン(ワトソン)の声優もなべおさみです。
ちなみにホームズは山城新伍です。
ルパン対ホームズ

ルパン対ホームズ


チャーリーブラウンやウィルソン役の前にも
1976年に「長靴をはいた猫 80日間世界一周」(東映)のペロ(主人公)の声優が
なべおさみです。

「長靴をはいた猫」という主題歌も歌っていますよ。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80~90年代に売られていた幻のスナック菓子たち!

80~90年代に売られていた幻のスナック菓子たち!

子供の頃、夕飯前にお母さんからダメだと言われているのに、ついつい食べてしまっていたスナック菓子。大人になった今でも、愛してやまない方は多いでしょうが、ふと、コンビニやスーパーの陳列棚を見て「そういえばあのお菓子って見なくなったな…」と思うものも、いくつかあったりすることでしょう。そこで今回、80~90年代に売られていた幻のスナック菓子を、いくつか紹介していきたいと思います!
こじへい | 17,322 view
私達に多大な影響を与えたTV「バラエティ番組」あれこれ②【1960年代編】

私達に多大な影響を与えたTV「バラエティ番組」あれこれ②【1960年代編】

「私達に多大な影響を与えたTV「バラエティ番組」あれこれ①【1950年代編】」の続編です。今回は1960年代に人気があった「バラエティ」を紹介します。そのような番組を懐かしさを込めて皆様にご紹介します。
昭和の無責任男『植木等』。ゴマすり・ホラ吹き何でも来い!だまって俺について来い!

昭和の無責任男『植木等』。ゴマすり・ホラ吹き何でも来い!だまって俺について来い!

バンドにジャズ、音楽とともに歩み続け、そしてクレイジーキャッツで音楽とコメディを融合させて、一躍時の人となり、バラエティや映画で昭和の日本を笑いの渦に巻き込んだ植木等。本当に無責任男なんでしょうか?
ナベゲン | 5,469 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト