【誰がなんと言おうと自分はマイキー派!!】倉木麻衣さんのウィスパーボイスの魅力
2018年4月28日 更新

【誰がなんと言おうと自分はマイキー派!!】倉木麻衣さんのウィスパーボイスの魅力

1999年にデビューした、倉木麻衣さん。宇多田ヒカルさんとデビュー時期やイメージが重なり、世間ではいろいろ言われたこともありましたが、私は誰がなんと言おうとマイキー派です!!。

500 view

向こうがヒッキーなら、こちらはマイキーと呼んで!!。

1998年の年末に発表した「Automatic」が、じわじわと評価を上げ、あの「くねっくねっ」とした不思議な(というか今までにない)振付が非常に印象的だった宇多田ヒカルさんは、「ヒッキー」というニックネームで呼ばれるようになりました。
そしてその少し後に「Love、Day After Tomorrow」でデビューした倉木麻衣さん。
同じような「くねっくねっ」とした振付のPVが印象的で、「マイキー」というニックネームで呼ばれるようになります。
同じような振付でデビュー、「ヒッキー」と「マイキー」という、シンクロニシティなニックネーム。

宇多田ヒカル - Automatic

倉木麻衣 「Love, Day After Tomorrow」

これは一大ムーブメントを巻き起こしつつある宇多田ヒカルさんの活躍に便乗して、ビーインググループがコピー商品を当てつけてきたのではないか、という評判が大きかった当時。
確かに小室哲哉さん本人が、「宇多田ヒカルさんが自分の時代を終わらせた」とも語っているように、J-POPというものの中でも特にPOPなサウンドが日本中に広まっていた世の中に、突如現れたR&B。
Automaticから始まった、宇多田ヒカルさんの怒涛のシングル発表は、日本の音楽シーンが純和風の味付けであったところに、突如バター醤油のように、「和」の要素の中に「洋楽」のセンスを織り込んだ作品を叩きつけたという点で、非常にショッキングな出来事でした。

マイキーファンからすれば、「全然違います!!」。

確かに、ビーインググループの商売作戦で、ヒッキーのコピー商品を作ってきた、
そういう面はまったくなかった、とは言い切れません。
しかも純粋なシンガーソングライターである宇多田ヒカルさんに比べて、倉木麻衣さんは、作曲に関しては「大野愛果さん」という天才メロディーメーカーによる「合作」である分、「セルフメード」がどうしてもより評価される世の中では、「パクリ」と評価されてしまうのもやむを得ないことであったと思います。

しかし、倉木麻衣派からすると、「宇多田ヒカルと倉木麻衣はまったく別!」です。

ストレートな熱唱系VSウィスパーボイス。

宇多田ヒカル - Movin'on without you

「Automatic」の次に発表されたこの「Movin' on without you」も、衝撃でした。
Automaticで披露した圧倒的な熱量のボイスにプラスして、男への「いらだち」を思い切り歌詞に入れ込み、叫ぶように歌うこの曲を聴いた人は、あきらかに「次の時代の歌」というものを感じたでしょう。
この曲の特徴は、「男へのいらだち、怒り」を表すために、短調(マイナーコードというのでしょうか)を使った点です。
これにより、激しい感情がビシバシと聴き手に伝わってくるのです。
また、ミドルエッジ世代には、冒頭の歌詞「枕もとのPHS 鳴るの待ってる」という「PHS」という言葉が懐かしさを醸し出すこともあって、より感情移入しやすいのではないでしょうか。

倉木麻衣 「Stay by my side」

これに対して、我らがマイキーが次に出した曲は、「stay by my side」。
「ずっとそばにいようね♡」という、非常に穏やかな曲。
2人のこの2曲を聴き比べていただくと明確だと思うのですが、「宇多田ヒカルと倉木麻衣は全然違う」んです。

宇多田ヒカルさんは、声量が豊富で、激しい感情をぶつけてくる「熱唱系」であるのに対し、倉木麻衣さんは、「ウィスパーボイス」という、ささやくような声が非常に特徴です。
この「ウィスパーさ」が、倉木麻衣さんの魅力のすべてといっても過言ではないでしょう。
もちろん倉木麻衣さんの曲の中でも熱唱する作品はあるのですが、パワフルに歌っても、どこかにウィスパーさが隠れているのです。

聴きこまないとなかなかわからないウィスパーボイスの魅力。

倉木麻衣さんのライブ映像が流れるというので、大いに期待してテレビの前で待っていた私ですが、はじめてCDではないライブでの歌唱を聴いて、「?」と思ったのを覚えています。
「声量がない・・・。」というのが第一の感想でした。
今まで聴いてきたCD音源は加工されているのではないか、という疑問さえわいてしまったものでした。
実はこれは、ウィスパーボイスは聴きこまないとその良さがわからない、というトリックでもあったのです。
また、デビューして間もない当時の彼女は、人前で歌うことに対してかなり緊張していたと後日談で話していましたので、そのためにさらに声が出なかったのかもしれません。
しかし、彼女はその後もライブを重ね、度胸もついたのでしょう。
その後のライブでは、はじめて聴いた時の一種の「頼りなさ」は一切なく、ノリノリになれる生歌を聴かせてくれます。

MAI KURAKI 倉木麻衣 Revive ☆10th ANNIVERSARY LIVE TOUR

10周年ライブの映像がありました。
本当にデビュー間もない時のライブ映像とはまるで違う声量。
ボイストレーニングもされたのでしょうし、数々のライブをこなして度胸もついたのだと思います。
ここから言えることは、(個人的な感想になりますが)「天才」「天賦の才能」である宇多田ヒカルさんに比べて、倉木麻衣さんは「努力の人」であるのだと思います。
こちらの記事によると、2000年に発売されたファーストアルバム「delicious way」の初動枚数は、700万枚を売った宇多田ヒカルさんの「First Love」の初動枚数を上回ったとのことです。
マイキーファンである私も、それは知りませんでした。
ただ、繰り返しになりますが、ファン目線から言えば、「宇多田と競った」というのは違うんだよなあ・・・と、言いたいところです。
宇多田ヒカルさんは宇多田ヒカルさんであり、倉木麻衣さんは倉木麻衣さんである。この2人の間には明確な線引きがあり、競ったところといえば、作品の良し悪しとは別の、単なる数字である売上枚数などである、というのが私の持論です。

出世曲「Secret of my heart」の名を冠したオール英語アルバム。

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

2018年1月12日(金)24時55分より『恋愛観察バラエティー あいのり』の最新シリーズ『あいのり:Asian Journey』が地上波で放送される。90年代後半から放送され、視聴率20%を超えたドキュメンタルバラエティー番組が復活する。
安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 9,365 view
「あいのり」が配信番組で年内に復活!ラブワゴンのメンバー募集がスタート!!

「あいのり」が配信番組で年内に復活!ラブワゴンのメンバー募集がスタート!!

フジテレビで1999年10月から2009年3月まで放送された人気番組『恋愛観察バラエティーあいのり』が、「FOD(フジテレビオンデマンド)」と「Netflix(ネットフリックス)」で、配信番組「あいのり REBOOT」(仮)として復活することがわかった。
red | 928 view
宇徳敬子がソロデビュー25周年記念セルフカバーアルバムを発表!織田哲郎ら豪華ミュージシャンが参加!

宇徳敬子がソロデビュー25周年記念セルフカバーアルバムを発表!織田哲郎ら豪華ミュージシャンが参加!

ソロデビュー25周年を迎える宇徳敬子が、新曲を含む自身初となるセルフカヴァーアルバム『スローライフと私~Organic Cafe~』を8月8日にリリースすることが決定しました。
隣人速報 | 87 view
ネットオークションで歴代最高の落札価格を記録したCD!「さそり座の『チャイム』」って?

ネットオークションで歴代最高の落札価格を記録したCD!「さそり座の『チャイム』」って?

21世紀に入り一般化したネットオークション。利用されたことのある方も多いかと思います。そんなネットオークションで、歴代最高額を記録したCDのタイトルを皆さんご存知でしょうか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト