ツタンカーメンの「スーパークローン」の展示会を開催する企画が始動!かつての「ツタンカーメン展」の入場者数って?
2021年5月17日 更新

ツタンカーメンの「スーパークローン」の展示会を開催する企画が始動!かつての「ツタンカーメン展」の入場者数って?

文化事業と環境ビジネスを推進する株式会社CMEモルゲンランドと、株式会社グローバルアース価値創造研究所が、ツタンカーメンの「スーパークローン芸術®」作品を用いた展示会を実現するためのクラウドファンディングを開始しました。

231 view

ツタンカーメンの「スーパークローン」の展示会を開催するためのクラウドファンティングが始動!

文化事業と環境ビジネスを推進する株式会社CMEモルゲンランドと、株式会社グローバルアース価値創造研究所が、ツタンカーメンの「スーパークローン芸術®」作品を用いた展示会を実現するためのクラウドファンディングを開始しました。
 (2278996)

CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始!

CMEモルゲンランドが所有するツタンカーメン王の「スーパークローン芸術®」作品による展覧会は、新型コロナ禍により延期となっていましたが、製作者であるエジプトのミニア大学純粋芸術学部のムスタファ教授の「日本やアジアの子どもたちの教育芸術文化に役立ててほしい」という願いに応えるため、また、イギリスの考古学者ハワード・カーター博士がツタンカーメン王の墓を発見して100周年となる2022年こそ展覧会を実現するため、このたび「JAPAN ツタンカーメン プロジェクト」としてクラウドファンディングを実施し、資金の一部に支援を募ることとなりました。なお目標金額は500万円とし、上回った場合にはより完全な形での展示会が実施できるよう、1,000万円を最終目標にするとのことです。
 (2279000)

まちづくりを応援するため、展示品の貸し出しも実施!

このたびのクラウドファンディングでは、CMEモルゲンランドが「スーパークローン芸術®」作品を実際に所有している強みを活かし、ツタンカーメン王の黄金のマスクを始めとする貴重な芸術作品を、まちづくりなど、お客さんが少なくなっていて困っている商店や宿泊施設に貸し出すリターンを用意しています。

リターン例①黄金のマスクと玄室の門番2体の貸し出し(200万円)

 (2279003)

リターン例②宝飾品の貸し出し(30万円)

 (2279005)

使用目的や展示保管態勢などの審査は行うものの、古代エジプトの文化を伝える秘宝を実際に間近でみてもらいながら、集客の目玉として活用して欲しいとのことです。

個人の支援者向けに、倉庫への見学会も実施!

また、展示品の借り受けは難しい個人でも、一足早く「スーパークローン芸術®」作品を閲覧できるよう、保管されている倉庫への見学会がリターンとして設定されています。

リターン例③倉庫への見学会(30,000円)

 (2279010)

この見学会は、「JAPAN ツタンカーメン プロジェクト」メンバーによる解説を交えながらの見学会となります。華やかな展示会とはまた違う趣の舞台裏を見学できる、めったにない機会となります。ツタンカーメン王と古代エジプトの魅力を理解されている方々にとっても、貴重な体験となりそうです。

クラウドファンディング概要

■支援期間は7月26日まで
クラウドファンディングは、2021年07月26日23時59分までです。皆様のご支援をお願い申し上げます。

■「スーパークローン芸術®」作品とは
エジプトのミニア大学純粋芸術学部のムスタファ教授が率いるエジプトの彫刻家、彫金師などの専門家たちがツタンカーメン王の陵墓から発見された「黄金のマスク」や「戦車」、「玉座」など3,300年前の至宝を本物と同じサイズで精巧に再現しました。CMEモルゲンランドは「日本やアジアの子どもたちの教育芸術文化に役立ててほしい」というムスタファ教授の願いに応え、126点の作品を所有しています。

■「JAPAN ツタンカーメン プロジェクト」とは
「JAPAN ツタンカーメンプロジェクト」は、今後、アジア全地域(中近東およびオセアニア・大洋州を含む)でのリアルとバーチャルの展覧会開催を計画しています。さらに、映像、ゲーム、マンガ、音楽から教材出版、グッズ製作まで多岐に渡るオリジナルコンテンツ開発します。「JAPAN ツタンカーメン プロジェクト」は、「Re Art & Craft®」「スーパークローン芸術®」の名のもとに全世界に向けて情報発信することを計画しています。

写真 : 村尾昌美 + 竹脇献 / © ANKH
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

学校を休まず毎日通い続けることで貰える「皆勤賞」。皆勤賞を目指して毎日頑張る子供たちも多くいるかと思いますが、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「皆勤賞って本当に必要か?」という疑問の声が各所から上がっています。
隣人速報 | 5,456 view
昭和の未解決事件にスポットを当てた『昭和の黒い霧 証言・松本清張が追った未解決事件簿』が好評発売中!

昭和の未解決事件にスポットを当てた『昭和の黒い霧 証言・松本清張が追った未解決事件簿』が好評発売中!

宝島社より、昭和の文豪・松本清張がノンフィクション作品で取り上げた未解決事件について特集した『昭和の黒い霧 証言・松本清張が追った未解決事件簿』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 1,679 view
表現規制、市民団体の抗議、漫画家自身の不祥事…日本の漫画にまつわる事件を特集した『日本マンガ事件史』が発売決定!!

表現規制、市民団体の抗議、漫画家自身の不祥事…日本の漫画にまつわる事件を特集した『日本マンガ事件史』が発売決定!!

鉄人社より、日本の漫画界において発生した様々な「事件」について特集した書籍『日本マンガ事件史』の発売が決定しました。
隣人速報 | 13,754 view
市原悦子戦慄!?事件現場にありそうな「鈍器のようなもの」がカプセルトイになって登場!!

市原悦子戦慄!?事件現場にありそうな「鈍器のようなもの」がカプセルトイになって登場!!

株式会社ブシロードクリエイティブが展開するオリジナルカプセルトイブランド『 TAMA‐KYU(たまきゅう)』より、「鈍器のようなもの」が発売されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,603 view
キツネ目の男はいなかった!?事件関係者の証言を集めた『昭和10大ミステリー新証言録』が発売決定!!

キツネ目の男はいなかった!?事件関係者の証言を集めた『昭和10大ミステリー新証言録』が発売決定!!

宝島社より、グリコ・森永事件をはじめとした昭和を代表する重大事件を特集した書籍『キツネ目の男はいなかった 昭和10大ミステリー新証言録』の発売が決定しました。
隣人速報 | 5,626 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト