少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件の日記がヤバイ!両親が有名人の真相と犯人の現在は?
2021年11月18日 更新

少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件の日記がヤバイ!両親が有名人の真相と犯人の現在は?

少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件と聞いて言葉の通りを想像するとどんなに惨い事件かと思う方も多いでしょう。猟奇的なこの事件で注目点は身の毛もよだつ日記の存在と犯人家族と被害者家族の両方が有名人だったということです。少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件の犯人の異常性と双方の家族について、そして犯人の現在をまとめていきます。

3,708 view

少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件とは

 (2314542)

『少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件』は1957年に起きた事件で12歳の少年が誘拐され、殺害されてしまいます。そして犯人はこともあろうことか、遺体をバラバラにしてホルマリンに漬けていたという猟奇的な殺人事件です。

被害者は当時12歳の中学1年生の少年で、夜近所の銭湯に行きますが帰ってこない!行方不明ということから始まります。

1957年(昭和32年)のころはまだまだ銭湯通いしている家庭も多い時代です。そして子供もそれまで親と一緒に行っていた銭湯も中学生になったのをきっかけに一人や友達同士で行く様になる子も少なくないのではないでしょうか。

まさに被害に遭った少年が誘拐されたのは4月2日。
中学生になったばかりでしかもまだ中学生として登校していない時期だったと思われます。

少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件の経緯

『少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件』の被害者・巣山和利君(12歳)は1957年4月2日に一人で近所の銭湯「若松湯」に行きます。何時になっても帰ってこないわが子を心配していた母親でしたが、すぐには警察に届けませんでした。

あとで詳しく説明しますが、父親が有名人だったために大騒動になることを避けるためだったようです。
そして2日が経ちます。
事件の経緯

●巣山和利君が行方不明
●巣山和利君宅に身代金要求の手紙・誘拐事件
●精神病院から通報
●病院の患者宅で遺体発見
●容疑者逮捕

被害者少年宅に身代金要求

和利君が行方不明になってから2日後に身代金を要求する手紙が届きます。
「子どもを戻してもらいたかったら、午後4時までに東上線鶴ヶ島駅へ15万持って来い」
当時の大卒銀行員初任給が12700 円、国家公務員初任給が 9200 円と言われている時代です。
身代金要求がきたことで息子が誘拐されたとはっきり分かった母親。この時点で警察に通報します。

警察は誘拐事件として捜査を開始し、母親は警察の指示で身代金を持って指定された場所に行きます。周りでは警察が見張っていましたが....犯人らしき人物は出てきませんでした。

巣山和利君の同級生の証言で和利君が25歳前後の男と一緒に銭湯「若松湯」から出てきたという目撃情報がありますが、事件の進展はないまま1週間が経った頃、警察に一本の電話がはいります。


犯人逮捕

 (2314788)

都立桜ヶ丘保養院(現 桜ヶ丘記念病院)という精神病院の精神科医から電話があり、この電話で事件が解決へと動くことになります。

精神科医の話は自身の患者が不審な言動をしていたことからその患者の自宅を訪ねたとのこと。そしてそこで目にしたもは『ホルマリン漬けになった遺体』だったということでした。

この不審な言動をしているという患者こそが、銭湯で巣山和利君を連れ去り、殺害し、遺体をホルマリン漬けにした事件の犯人になる林邦太郎(当時26歳)でした。
警察もその患者の自宅に急行します。その患者とは林邦太郎。
家宅捜査で遺体が発見され、林邦太郎は緊急逮捕されました。

犯行の詳細

 (2314803)

1957年4月2日、銭湯「若松湯」から巣山和利君と林邦太郎が出て、午後9時ごろ2人で林邦太郎が家族と暮らしている自宅へ帰宅します。

実は事件の数日前に、林邦太郎と和利君が接触していることがその後の調べて分かっているということですが、その時から林邦太郎は和利君に目を付けていたようです。

その時も銭湯で接触していた2人。この時和利君は同級生に「さっき、僕の背中を流してくれたあの人に、僕は殺されるかもしれない」と言っていたと言います。


見ず知らずの男性が12歳の少年の背中を流したその状況も不思議な光景です。林邦太郎と和利君の間に何があったのかは不明ですが、和利君はなにか察知していたのか?脅されていたのか?

そんなこともあり、2人は林邦太郎の自宅に帰ると、林邦太郎は家族に銭湯に行くように言い自宅から追い出します。
これで自宅には林邦太郎と和利君の2人っきり。

そして林邦太郎は和利君の服を脱がせ、いらずらをしようとしますが和利君に拒否られてしまいます。そのため、暴力をふるい、和利君の意識を失わせたところ絞殺したということです。

これでも十分な自分勝手な残虐な殺人ですが、林邦太郎の異常行動はここからさらにとんでもないことをしていきます。

林邦太郎は和利君の遺体をのこぎりや出刃包丁などを使い、2日間かけてバラバラにします。しかもあろうことか、バラバラにした遺体を、2つの金魚鉢に頭と両足を...2つの水槽に胴体と両腕をいれホルマリン漬けにし、密封した状態で部屋においておいたということです。

捜査員が林邦太郎の家を訪れ部屋に入り遺体の入った”それ”は部屋の畳の下から発見されています。
その後、警察の調査で、林邦太郎の部屋からホルマリン漬けで発見されたバラバラの遺体は巣山和利君であると判明したということです。

誘拐してその日のうちに絞殺し、その後2日かけてバラバラにしているその後に身代金要求の手紙を出しています。
これは本当にお金を取ろうと思ったのではなく、ただのいらずらだったということですが、部屋にホルマリン漬けの少年をそこにおいておいて家族にいたずら心で手紙を....。

普通の精神状態ではないことはここまでの状況からもわかります。

犯行動機と林邦太郎の人物像

 (2314809)

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

史上最悪!?記憶に残る昭和の凶悪事件

史上最悪!?記憶に残る昭和の凶悪事件

64年という長い昭和の時代には、社会を震撼させた恐ろしい事件も数多くありました。 当時はまだ子供だった方も、連日テレビで報道されている事件内容を耳にしていて「何となく聞き覚えがある」という事件もあるかもしれません。 今回は昭和におこった事件を紹介していきます。
やすたけ | 58,005 view
30年ぶりの新作!松本伊代がアルバム発売へ!アイドル時代の「まだ読んでないんですけど」事件とは?

30年ぶりの新作!松本伊代がアルバム発売へ!アイドル時代の「まだ読んでないんですけど」事件とは?

タレントの松本伊代(56)が1981年の歌手デビューから今年で40周年を迎えたのを記念し、新作アルバム『トレジャー・ヴォイス[40th Anniversary Song Book]Dedicated to Kyohei Tsutsumi』を発売することが明らかとなりました。
隣人速報 | 91 view
震撼!人食い殺人鬼・アルバート・フィッシュの生い立ちと被害者家族に送った手紙がヤバイ!

震撼!人食い殺人鬼・アルバート・フィッシュの生い立ちと被害者家族に送った手紙がヤバイ!

アルバート・フィッシュの言葉“I like children, they are tasty.”(子供が好きなのさ、彼らはうまかったよ)。人食い連続殺人鬼アルバート・フィッシュのヤバイ事実をまとめます。生い立ち・性癖、そして被害者家族に送った手紙の内容に驚愕します!
あおい@ | 536 view
シリアルキラー!ヘンリー・リー・ルーカスを虐待し続けた母親との関係が驚愕で最悪の真相

シリアルキラー!ヘンリー・リー・ルーカスを虐待し続けた母親との関係が驚愕で最悪の真相

アメリカを震撼させたシリアルキラーの一人のヘンリー・リー・ルーカスが犯行に及んだとされる期間は1960年~1983年。長きにわたり繰り返された殺人。この殺人鬼が生まれた背景に毒親の存在がありました。ここではシリアルキラー、ヘンリー・リー・ルーカスと母親・ヴィオラとの関係に注目しまとめていきます。
あおい@ | 469 view
衝撃!1993年ジェームズ・バルガー事件は終わっていなかった!犯行少年の再逮捕の真相とは?

衝撃!1993年ジェームズ・バルガー事件は終わっていなかった!犯行少年の再逮捕の真相とは?

1993年イギリスで起こったジェームズ・バルガー事件はまだ小学生が殺人を起こしたとしてイギリスだけではなく、日本でも報じられ大きな衝撃を受けました。あれから30年近くたって、この事件にはまだ続きがあったと思い知らされることになります。その事実とは?
あおい@ | 496 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト