【プロ野球】アンチ巨人注目!あの無敵の巨人に強かった!昭和の巨人キラー投手たち
2023年1月20日 更新

【プロ野球】アンチ巨人注目!あの無敵の巨人に強かった!昭和の巨人キラー投手たち

昭和の時代は、無敵の最強チームだった読売ジャイアンツ(巨人)。特に昭和40年代はV9を達成し、巨人の黄金期でした。その巨人を倒すべく、多くのエースが巨人に勝負を挑みますが、そのほとんどが負け越し。そんな中、アンチ巨人をスカッとさせてくれた名投手がいました。今回は、昭和に活躍した6人の "巨人キラー" をご紹介します。

810 view

平松政次(大洋)

通算成績 201勝196敗 勝率 .506
巨人戦 51勝47敗 勝率 .520
平松政次は、"カミソリシュート"の異名を取った大洋ホエールズのエース。現役時代の大半がBクラスでしたが、平松個人は200勝以上を挙げ、勝敗においても勝ち星が上回っています。

通算201勝のうち、巨人戦は51勝。実に、勝ち星の4分の1を巨人から記録しました。勝利数でも、金田正一に次ぐ歴代2位。また、巨人戦30勝以上で5割以上の成績を残した投手史上4人だけで、その筆頭が平松です。巨人のV9時代ながら、1970年には25勝、1971年には17勝を挙げ、2年連続最多勝を記録しました。巨人の中では、ミスタージャイアンツこと長嶋茂雄と相性が良く、通算の対戦成績は、181打数35安打8本塁打26打点、打率.193と、長嶋を圧倒しています。

後述する星野仙一は、岡山県の同郷で一学年上の先輩です。高校時代はともに戦い、その後奇しくもともに巨人キラーとして活躍しました。
平松政次(大洋)

平松政次(大洋)

星野仙一(中日)

通算成績 146勝121敗 勝率 .547
巨人戦 35勝31敗 勝率 .530
星野仙一は、現役時代は中日ドラゴンズのエースとして、監督時代は中日・阪神・楽天で采配を振った名将として活躍した野球人です。特に、巨人のV10がかかった1974年は、先発、抑えとフル回転で活躍し、巨人のV10阻止チームのリーグ優勝に貢献しました。個人成績も15勝9敗10セーブで、沢村賞を受賞し、初代最多セーブのタイトルを獲得しています。

"燃える男"と呼ばれ、特にONとの対決では、闘志むき出しで攻撃的なピッチングをしました。王貞治との対戦は、195打数62安打24本塁打、打率.318。長嶋茂雄とは、一年目こそ4本塁打を浴びたものの、その後は3本塁打に抑え、通算では、111打数26安打7本塁打、打率.234に抑えています。

平松同様、巨人戦30勝以上で5割以上の成績を残した4投手の一人です。
星野仙一(中日)

星野仙一(中日)

川口和久(広島)

通算成績 139勝135敗 勝率 .507
巨人戦 33勝31敗 勝率 .516
川口和久は、1980年代から1990年代前半にかけて、広島東洋カープの黄金時代を支えたエースです。当時広島はAクラスの常連で、1984年、1986年、1991年にリーグ優勝を果たしています。川口は制球難はあったものの奪三振が多く、最多奪三振を3度も記録。セ・リーグで初めてタイトルが制定された1991年には、初代タイトルを獲得しています。

中でも、当時最大のライバルだった巨人に強く、通算8完封は他の巨人キラーも成し得なかった記録です。(金田正一、村山実、江夏豊の完封数の方が多いが、3者とも勝敗は負け越し。)巨人を抑えて3度も優勝できたのは、巨人キラー・川口に依るところが大きいでしょう。平松、星野同様、巨人戦30勝以上で5割以上の成績を残した4投手の一人です。

1994年オフに、広島で初めてFA権を行使。奇しくも長嶋茂雄監督からのラブコールを受け、ライバルの巨人に移籍しました。そのまま現役を終え、後年、巨人で投手コーチを務めています。
川口和久(広島)

川口和久(広島)

江本孟紀(阪神)

通算成績 113勝126敗 勝率 .473
巨人戦 15勝14敗 勝率 .517
江本孟紀は、元々は南海ホークスの主力投手でしたが、江夏豊との大型トレードで阪神タイガースに移籍。1976年より、阪神のエースとして活躍するようになります。移籍一年目で、リーグ最多の36試合に先発登板し、成績は15勝9敗。チームの勝率6割超え(順位は2位)に貢献します。

巨人では王貞治と相性が良く、67打数9安打3本塁打、打率.134と王を圧倒しました。王は1980年で引退。江本も、翌1981年にベンチでの発言の責任を取って、シーズン途中で引退しました。セ・リーグでの通算成績は負け越し、途中からリリーフ主体で勝ち星も少なめでしたが、巨人戦は15勝14敗と勝ち越しています

彼特有の球種 "エモ・ボール" は当時魔球と呼ばれ、打者を翻弄しました。後年、江本は「フォークボールのすっぽ抜けで妙な落ち方をしたボールだった」と話しています。
江本孟紀(阪神)

江本孟紀(阪神)

小林繁(阪神)

通算成績 139勝95敗 勝率 .594
巨人戦 13勝15敗 勝率 .464
小林繁は、元々は巨人の選手で、1977年には沢村賞を受賞し、最優秀投手のタイトルを獲得するなど、巨人のエースとして活躍していました。しかし1978年オフ、江川事件 "空白の一日" で、阪神タイガースに電撃移籍します。

移籍一年目の1979年は、巨人に対して闘志をむき出しにし、なんと8勝0敗巨人を圧倒しました。最終的には22勝9敗で、二度目の沢村賞と最優秀投手に加え、最多勝利のタイトルまで獲得しています。

しかし、翌年以降は、巨人に対する闘志がなくなり、5勝15敗と大敗。若手が台頭し、別チームのように感じられたからだと、のちに小林は述懐しています。毎年二桁勝利を挙げ阪神のエースとして活躍しますが、1983年オフ、31歳の若さで引退しました。
小林繁(阪神)

小林繁(阪神)

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • NPB ⚾ 🧤 2023/4/11 14:13

    やく先生の四コマで昭和末期から1990年代初期巨人のナインをからかい
    おもしろがりました

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1985.阪神タイガース優勝劇 阪神が優勝すれば日本は変わる!バックスクリーン3連発、道頓堀ダイブ、カーネル・サンダースの呪い

1985.阪神タイガース優勝劇 阪神が優勝すれば日本は変わる!バックスクリーン3連発、道頓堀ダイブ、カーネル・サンダースの呪い

1985年、虎が長い眠りから覚めると、日本は熱狂のジャングルと化し、その優勝劇は、まさに「Tigers The Movie」、まるで映画のようでした。
RAOH | 1,903 view
最強の“打てる投手”とは!?投手のホームラン10傑を調べてみた!

最強の“打てる投手”とは!?投手のホームラン10傑を調べてみた!

去就が注目される日ハムの大谷翔平。投手としては通算42勝15敗、防御率2.52。打者としては打率.286、166打点、48本塁打と規格外の成績を残していますが、では、彼を除いて、投手の中で歴代もっともホームランを打っているのは誰なのかを調べてみました。
こじへい | 172,074 view
あなたが選ぶ巨人ベストゲーム第12弾!原辰徳が小倉球場でサヨナラホームランを放った1981年4月22日の大洋戦が放送!!

あなたが選ぶ巨人ベストゲーム第12弾!原辰徳が小倉球場でサヨナラホームランを放った1981年4月22日の大洋戦が放送!!

CS放送 日テレジータスにて「あなたが選ぶ巨人ベストゲーム第12弾」と題し、ゴールデンルーキー・原辰徳が小倉球場でサヨナラホームランを放った1981年4月22日の大洋戦が放送されます。
隣人速報 | 47 view
【清原和博】縦縞を横縞に!でも阪神ではなく巨人を選んだFA裏話

【清原和博】縦縞を横縞に!でも阪神ではなく巨人を選んだFA裏話

1996年のオフシーズン、当時、西武ライオンズの選手だった清原和博がFAを宣言して、その移籍先が話題となりました。候補は2球団で、阪神タイガースか読売ジャイアンツ。最終的には巨人を選びますが、なぜドラフト会議で切られた因縁の球団を選んだのでしょうか。当時のことを、清原和博が松村邦洋に語ります。
izaiza347 | 222 view
【中村武志 x 松村邦洋】星野監督降臨!? 中日レジェンドをモノマネとともに振り返る!

【中村武志 x 松村邦洋】星野監督降臨!? 中日レジェンドをモノマネとともに振り返る!

松村邦洋のプロ野球ネタのYouTube動画は、完成度の高いモノマネと様々な秘話があり、野球ファンもお笑い好きも楽しめる内容になっています。中でも、特におもしろいのが中村武志とのコラボ。中日レジェンドの初耳の話が多く、モノマネとともに楽しめます。最後には、まさかのあの人も登場します。
izaiza347 | 142 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト