【プロ野球】アンチ巨人注目!あの無敵の巨人に強かった!昭和の巨人キラー投手たち
2023年1月20日 更新

【プロ野球】アンチ巨人注目!あの無敵の巨人に強かった!昭和の巨人キラー投手たち

昭和の時代は、無敵の最強チームだった読売ジャイアンツ(巨人)。特に昭和40年代はV9を達成し、巨人の黄金期でした。その巨人を倒すべく、多くのエースが巨人に勝負を挑みますが、そのほとんどが負け越し。そんな中、アンチ巨人をスカッとさせてくれた名投手がいました。今回は、昭和に活躍した6人の "巨人キラー" をご紹介します。

833 view

安田猛(ヤクルト)

通算成績 93勝80敗 勝率 .538
巨人戦 16勝20敗 勝率 .444
安田猛は、アトムズ時代から10年間活躍したヤクルトのエースです。巨人戦に強かったというよりは、全盛期の王貞治との対戦で好成績を残しており、126打数32安打10本塁打、打率.254に抑えています。しかし、ヤクルトは打線が弱く、特に1973年は最優秀防御率のタイトルを獲得するも、巨人戦には一度も勝てずじまい。安田のシーズン成績も10勝12敗で負け越しています。

因みに1977年、王が756号本塁打の世界新記録を達成した翌日、757号を放ったのは安田からです。1978年には開幕投手に起用され、15勝をあげるなどチームの初優勝に貢献しました。
安田猛(ヤクルト)

安田猛(ヤクルト)

平成では・・・

平成に入ると、新たな巨人キラーが登場。横浜大洋ホエールズの野村弘樹が25勝17敗。ヤクルトスワローズの川崎憲次郎が29勝24敗。中日ドラゴンズの今中慎二が25勝20敗と活躍しました。また異色なところでは、広島東洋カープの山内泰幸が入団一年目の1995年から1997年にかけて、巨人戦10連勝の快挙を果たしています。

最後に、巨人戦30勝以上で5割以上の成績を残した4投手の残る一人は、今も現役、ヤクルトスワローズ石川雅規です。2022年シーズン終了時点で、奇しくも川口と同じ33勝31敗。今後も目が離せません。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • NPB ⚾ 🧤 2023/4/11 14:13

    やく先生の四コマで昭和末期から1990年代初期巨人のナインをからかい
    おもしろがりました

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1985.阪神タイガース優勝劇 阪神が優勝すれば日本は変わる!バックスクリーン3連発、道頓堀ダイブ、カーネル・サンダースの呪い

1985.阪神タイガース優勝劇 阪神が優勝すれば日本は変わる!バックスクリーン3連発、道頓堀ダイブ、カーネル・サンダースの呪い

1985年、虎が長い眠りから覚めると、日本は熱狂のジャングルと化し、その優勝劇は、まさに「Tigers The Movie」、まるで映画のようでした。
RAOH | 1,921 view
最強の“打てる投手”とは!?投手のホームラン10傑を調べてみた!

最強の“打てる投手”とは!?投手のホームラン10傑を調べてみた!

去就が注目される日ハムの大谷翔平。投手としては通算42勝15敗、防御率2.52。打者としては打率.286、166打点、48本塁打と規格外の成績を残していますが、では、彼を除いて、投手の中で歴代もっともホームランを打っているのは誰なのかを調べてみました。
こじへい | 175,943 view
あなたが選ぶ巨人ベストゲーム第17弾!王貞治が世界新記録となる756号ホームランを放った1977年ヤクルト戦が放送決定!

あなたが選ぶ巨人ベストゲーム第17弾!王貞治が世界新記録となる756号ホームランを放った1977年ヤクルト戦が放送決定!

CS放送 日テレジータスにて「あなたが選ぶ巨人ベストゲーム第17弾」と題し、王貞治が世界新記録となる756号ホームランを放った伝説の試合として知られる、1977年9月3日のヤクルト戦が放送されます。
隣人速報 | 53 view
あなたが選ぶ巨人ベストゲーム第12弾!原辰徳が小倉球場でサヨナラホームランを放った1981年4月22日の大洋戦が放送!!

あなたが選ぶ巨人ベストゲーム第12弾!原辰徳が小倉球場でサヨナラホームランを放った1981年4月22日の大洋戦が放送!!

CS放送 日テレジータスにて「あなたが選ぶ巨人ベストゲーム第12弾」と題し、ゴールデンルーキー・原辰徳が小倉球場でサヨナラホームランを放った1981年4月22日の大洋戦が放送されます。
隣人速報 | 83 view
【清原和博】縦縞を横縞に!でも阪神ではなく巨人を選んだFA裏話

【清原和博】縦縞を横縞に!でも阪神ではなく巨人を選んだFA裏話

1996年のオフシーズン、当時、西武ライオンズの選手だった清原和博がFAを宣言して、その移籍先が話題となりました。候補は2球団で、阪神タイガースか読売ジャイアンツ。最終的には巨人を選びますが、なぜドラフト会議で切られた因縁の球団を選んだのでしょうか。当時のことを、清原和博が松村邦洋に語ります。
izaiza347 | 238 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト