2017年1月8日 更新

懐かしい漫画の衝撃的な設定vol.1(色々な意味で衝撃的かつトンデモない漫画、あり得ない設定やミス)

懐かしい人気漫画の衝撃的なトンデモない設定を振り返ってみましょう。いつのまにか主人公のキャラ設定が変わっているなど予想外のキャラクターの設定変更や物語の路線変更、ありえないミスやトラブルなど。「懐かしい漫画の衝撃的な設定」はシリーズとして今後続けていきます。昭和の漫画を中心に色々な意味で衝撃的かつトンデモない漫画をご紹介していきます。

34,363 view

『ファミコンロッキー』は実際のゲームには存在しない「ウソ技」(架空の裏技・架空の現象)が登場し虚偽の裏技を信じる読者が続出した。

「スパルタンX」(アイレム・任天堂)の真のラスボスは「...

「スパルタンX」(アイレム・任天堂)の真のラスボスは「囚われのヒロインのシルビア」というウソ技。

24周(5階で1周)クリアすると、囚われのヒロインのはずのシルビアが「真のミスターX」として主人公に襲いかかってくる。

当時『月刊コロコロコミック』(小学館)にて連載されていたマンガ「ファミコンロッキー」(著:あさいもとゆき)にアルファベットの「X」の順番である24周目の5階のボスを倒すと恋人であるはずのシルビアが敵として襲い掛かってくるという実際には起こらない話が描かれた。
「F1レース」(任天堂)のウソ技「オーバーマッハ」 真...

「F1レース」(任天堂)のウソ技「オーバーマッハ」 真似をして指を痛める子供が続出した。

ファミコンロッキーの第一話に登場した虚偽の裏技(架空の裏技・架空の現象)。

「F1レース」(任天堂)でアクセルボタンを1秒間に50回以上叩くことでマッハを超えるスピードを出すことができる。
「ゼビウス」(ナムコ)の架空の現象「幻の閃光」

「ゼビウス」(ナムコ)の架空の現象「幻の閃光」

「ゼビウス」は1000万点を超えると画面が強力な閃光(フラッシュ)を放つ。
「ゼビウス」(ナムコ)の架空の現象「魔の二千機攻撃」

「ゼビウス」(ナムコ)の架空の現象「魔の二千機攻撃」

「幻の閃光・魔の二千機攻撃」(ゼビウス)
1000万点を超えると画面が強力な閃光(フラッシュ)を放つ。フラッシュが収まった後の画面で、敵軍が1ドットの隙間も与えずに画面を埋め尽くす形で総攻撃を仕掛けてくる。
画面を埋め尽くすゼビウスの「魔の二千機攻撃」・・・どう...

画面を埋め尽くすゼビウスの「魔の二千機攻撃」・・・どう見てもクリアは不可能だ。

「ゼビウス」(ナムコ)の虚偽の裏技「ブラスター・ザッパ...

「ゼビウス」(ナムコ)の虚偽の裏技「ブラスター・ザッパー・バリア」(魔の二千機攻撃をクリアする唯一の方法)

ブラスター・ザッパー・バリア(ゼビウス)
自機・ソルバルウの兵装であるブラスターとザッパーを同時連続掃射する事で機体周囲にバリアが張られ、無敵モードに突入する。上記魔の二千機攻撃をクリアする唯一の方法。
「忍者ハットリくん」(ハドソン)のウソ技「巨大ハットリくん」

「忍者ハットリくん」(ハドソン)のウソ技「巨大ハットリくん」

巨大ハットリくん(忍者ハットリくん)
100グレード(100週目)のエリア16で、点在する黒い穴に向けて手裏剣を連射すると、その横の柱が壊れてハットリくんが吸い込まれ、別の穴から巨大化して登場。来襲する敵の大群を倒すと100万点以上の大ボーナスが入る。

『スーパーくいしん坊』 主人公の鍋島香介の物忘れが激しい・・・「え!! 同じ値段でステーキを!?」

主人公の鍋島香介(なべしま こうすけ)は「同じ値段でも...

主人公の鍋島香介(なべしま こうすけ)は「同じ値段でもっとうまいステーキを作れる」と公言する。

『スーパーくいしん坊』(スーパーくいしんぼう)は、原作:牛次郎(のちに原案)、漫画:ビッグ錠による日本の漫画作品。

1982年から1987年にかけて『月刊少年マガジン』(講談社)に連載された。単行本は全9巻、ワイド版全3巻、復刻版全6巻、文庫版全2巻。

主人公の鍋島香介(なべしま こうすけ)は、やや喧嘩っ早い性格であり、特に料理のことになると人が変わったようになり、作中の料理人と売り言葉に買い言葉で喧嘩になり料理勝負にもつれ込むことが多い。勉強も運動も人並み以下だが、料理のことに関してはプロ顔負けの才能を持つ。

口癖は「この程度の○○くらい、俺(誰)だってつくれらー!!」
次のページの主人公は「え!! 同じ値段でステーキを!?...

次のページの主人公は「え!! 同じ値段でステーキを!?」と驚きの表情を浮かべる。前のページで自分が言ったことを忘れている・・・なんて物忘れが激しいんだ!

こういう上司よくいますよね。

国内トップの大企業の幹部「・・・は「A」だからね」

次の会議での幹部「誰だよ・・・は「A」とか言ったやつは!」

みな「(心の中で)お前だよ!ボケ老人か!」

思いつきの発言が多い人は、よく起こる。

非常に珍しいミスだと思いますが、この主人公は、熟考なしに短気にカッとなって出来ないことも出来る!と先に言ってしまうタイプ。なので「同じ値段のステーキ」問題は起こりえる話でしょう。ミスでもないかもしれない。

『エデンの檻』の第46話 少年誌の倫理基準から逸脱した性的な用語「ク◯ニしろオラァァァ!」が伏字なしで使用された。

主人公「アキラ」にふられた「河名コトミ」が豹変しぶちぎ...

主人公「アキラ」にふられた「河名コトミ」が豹変しぶちぎれて「クンニしろオラァァァ」と叫んだ。 放送禁止用語を伏字なしで掲載してしまった。

週刊少年マガジン2009年51号に掲載された『エデンの檻』の第46話「明日に架ける橋」より

「クンニしろオラァァァ」と少年誌の倫理基準から逸脱した性的な用語が伏字なしで使用された。

もともとお色気シーンが多いことで有名な作品であったが、この事件で、もっと有名になった(が打ち切りになる)。

少年誌にあるまじき台詞だったため編集部に苦情が殺到した。

主人公の少年「アキラ」に対してお嬢さまキャラの「河名コトミ」が全裸になって迫るシーンで発言された台詞。

コトミ「ねぇアキラくん 私としよ」

河名コトミは全裸になって迫っているにもかかわらず、自分を拒否する主人公アキラに対してコトミが豹変しぶちぎれて吐いた台詞が問題の台詞。女王様キャラのコトミからすればアキラの拒否は屈辱でしょう。

「童貞のくせにバカにしやがってよぉぉぉ!!
何がクニ(国)だよ クンニしろオラァァァ
こんなガキにまでシカトされるなんて!どーせ爪はボロボロ髪もボサボサで・・体はキズだらけ
女としての魅力がなくなったから・・・・だから私の言うこと聞かねーんだろ!?」

コミック掲載時には、「ク◯ニしろオラァァァ!」と伏字に修正されています。

ク◯ニ、マ◯コ、チ◯コ・・・この手の放送禁止用語は伏字のほうが余計に卑猥、エロく感じてしまうと思うのですが。どうなんでしょう。
作者の過去作品『EX 少年漂流』同様、猟奇殺人や強姦、女性の裸体を含むお色気描写など、際どい描写が頻出している。また、一部の登場人物の容姿や名前は、作者の後の作品『DEATHTOPIA』へ受け継がれている。

『週刊少年マガジン』2009年51号に掲載された第46話では、少年誌の倫理基準から逸脱した性的な用語が伏字なしで使用されたため、インターネット上で話題となった。

その後、単行本化の際には伏字ありに修正されている。

『課長島耕作』 連載初期の島耕作は小心者で自己保身ばかりを考えている平凡な男として描かれていた。

連載初期の島耕作は小心者で自己保身ばかりを考えている平...

連載初期の島耕作は小心者で自己保身ばかりを考えている平凡な男として描かれていた。

一巻までは保身的な平凡なサラリーマンな男。「仕事とセックスが一体化したソリューション」となる遊び人キャラ化するのは2巻以降。
本作品の主人公・島耕作は団塊の世代に属し、大手電器メーカー「初芝電器産業」に勤務するサラリーマンである。

作品が連載開始された当初(1983年頃)の島は、小心で保身を考える平凡なサラリーマン像に描かれており、作品内容もオフィスラブなどの個人的な身辺事が主たるものであった。

セックスに関しても「並み」以下のように描かれていた箇所もあった。
セクハラ面接をする島耕作。かなり下衆な立ち回りをする。...

セクハラ面接をする島耕作。かなり下衆な立ち回りをする。まだ全然人格者ではない。

志望者は前夜に2万円で買ってセックスした売春婦だと気づき、セクハラ面接のうえ、他の面接官は全員採用判定する優秀な人材にもかかわらず、100%私情で不採用判定をした。

かなり下衆な話ですが、設定としては面白い話です。現実に起こったとすれば、保身でこうなるのではないでしょうか。
作者の弘兼憲史さんの、あるインタビューによると、島耕作誕生のきっかけは、「何か読み切りを」と編集者に言われたことだそう。

SFホラーを書こうとしたものの、うまくいかず、作者自身もサラリーマン経験があるため、オフィスラブを書こうとして『カラーに口紅』という読み切りを書いたのが、印刷されたら『係長 島耕作』というタイトルになっていたと語られていたことがある。
初期の島耕作の衝撃的な名言「趣味はお琴にテニスだと?オ...

初期の島耕作の衝撃的な名言「趣味はお琴にテニスだと?オトコにペニスの間違いじゃないのか」

まさに普通に中年のおっさんやないか・・・。

志願者の履歴書が模範解答ばかりで「ブリッコのオンパレード」。ブリッコ・・・これもアイドル黄金期の1983年の香りが漂う名言です。

『花の慶次』 長渕剛をモデルにしていると思われる「真田幸村」が再登場時には別人に変わっている。

初登場時の「真田幸村」は長渕剛をモデルにしていると思わ...

初登場時の「真田幸村」は長渕剛をモデルにしていると思われる「真田幸村」ですね。

『花の慶次 -雲のかなたに-』(はなのけいじ くものかなたに)は、原哲夫による日本の漫画。隆慶一郎作の歴史小説「一夢庵風流記」を原作としている。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)1989年50号に読切版が掲載され、翌1990年13号から1993年33号に渡って連載された。
当初の風貌のモデルは長渕剛であるが、ヒゲを剃り正装してからは普通の美男顔になっており、眉毛の生え方などは全く変わっている。
再登場時の「真田幸村」は普通の美男顔になっている。ヒゲ...

再登場時の「真田幸村」は普通の美男顔になっている。ヒゲを剃り正装してからは前田慶次同様にイケメンになった。

再登場時の「真田幸村」は普通にイケメンになっている。レ...

再登場時の「真田幸村」は普通にイケメンになっている。レコード会社からクレームが入ったという説もありますが詳細は不明。

前田慶次は北条家討伐を終え、直江兼続、奥村助衛門、伊達政宗、真田幸村らと温泉につかり酒宴をひらいている。

『とどろけ!一番』 「受験マンガ」から唐突に「ボクシング漫画」に路線変更し読者からの抗議が増え打ち切り。

『ゲームセンターあらし』的な演出。作者の「のむらしんぼ...

『ゲームセンターあらし』的な演出。作者の「のむらしんぼ」も、執筆当初は必死に『あらし』を真似たと語っている。

『とどろけ!一番』(とどろけ いちばん)は、のむらしんぼによる日本の漫画。『月刊コロコロコミック』(小学館)において1980年2月号から1983年5月号まで連載された。単行本は全7巻で、後にトラウママンガブックス(英知出版)より上下巻で復刊されている。
連載初期から中盤にかけては中学受験を舞台に学力テストで...

連載初期から中盤にかけては中学受験を舞台に学力テストでの対決を格闘技風に描く漫画であった。

「学力テストでの対決を格闘技風に描く」時点で、かなり無茶な設定ですね。1980年ならでは。
連載初期から中盤にかけては中学受験を舞台に学力テストでの対決を格闘技風に描く漫画であった。テストの答案を書くという、本来アクションでないものをアクション漫画として描くことができた背景には、当時『コロコロ』でのヒット作であった『ゲームセンターあらし』が、ゲームの操作をアクション漫画として描くことで漫画の表現方法を広げたことを通じ、同誌の編集者たちが「漫画にできないものはない」と考えたという背景があり、後にはのむらも、執筆当初は必死に『あらし』を真似たと語っている。
後半になって突然「これまでの受験勉強の技は全てボクシン...

後半になって突然「これまでの受験勉強の技は全てボクシングのためのものだった」という強引な設定で、ボクシング漫画に方針を転換させて読者を驚かせた。

ライバル誌週刊少年ジャンプ(集英社)の看板作品だった『...

ライバル誌週刊少年ジャンプ(集英社)の看板作品だった『リングにかけろ』(車田正美)の演出とストーリー展開を引用した作風も批判されたようだ。

また、当初の予定では受験シーズンにあわせて1月から3月までの3回で連載が終わる予定だったが、人気が出たために連載の継続を余儀なくされ、後述のように主人公が受験において成功を収めていながらも受験を続けなければならないという、苦肉の設定が生まれることとなった。

後半になって突然「これまでの受験勉強の技は全てボクシングのためのものだった」という強引な設定で、ボクシング漫画に方針を転換させて読者を驚かせた。

この路線変更によって読者からの手紙は一気に2倍の量になったが、その大半は路線変更への抗議で、鉛筆の削りかすや消しゴムのかすが入れられた手紙までが送られて来るようになリ、加えてライバル誌週刊少年ジャンプ(集英社)の看板作品だった『リングにかけろ』(車田正美)の演出とストーリー展開を引用したことも人気の急降下に拍車をかけたため、連載終了が決定した。
「とどろけ!一番」のボクシング編に対する読者からの抗議...

「とどろけ!一番」のボクシング編に対する読者からの抗議を作者の「のむらしんぼ」が回想している。

「コロコロ創刊伝説」の一コマ。「コロコロアニキ 第5号」より

路線変更に対する読者の抗議はかなり厳しかったようです。

『最強挙士伝説 ファミコマンドー竜』 核戦争後のファミコンの腕前で身分が決まる格差社会。ゲームが下手だと生き地獄を味わう世界。

『最強挙士伝説 ファミコマンドー竜』 核戦争後のファミ...

『最強挙士伝説 ファミコマンドー竜』 核戦争後のファミコン・ゲームの腕前で身分が決まる格差社会。ゲームが下手だと生き地獄を味わう世界。

『最強挙士伝説 ファミコマンドー竜』(さいきょうけんしファミコマンドーりゅう)は、安田タツ夫による日本の漫画作品。漫画雑誌『ファミコミック』(大陸書房)にて1986年に掲載された。

ファミコマンド竜
ファミコンの素晴らしさを伝えるために旅をしている。革ジャン姿に無数のファミコンを左肩から下げ、ROMカセットをベルト代わりに巻いているという出で立ち。額にはバツの字型の傷がある。
時は199X年、人類は核戦争によって滅亡の危機に瀕していたが、人類は、唯一残された娯楽であるファミコンを楽しむことになる。しかし、ファミコン・ゲームの腕の優劣によって階級が決められてしまう厳しい身分制度が出来上がってしまった。

このような不条理な社会から、弱者を解放すべくファミコマンド竜が立ち上がった。ファミコマンド竜はファミコンそのものを鈍器として使い敵を殴打する格闘家であり、次々と敵を倒していく。そして、社会を統括する戦闘ロボットのマッドグロスを倒し、人類は解放された。
ファミコマンド竜の必殺技「爆裂ファミコン」 ファミコマ...

ファミコマンド竜の必殺技「爆裂ファミコン」 ファミコマンド竜はファミコンそのものを鈍器として使い敵を殴打する格闘家。

爆裂ファミコン(ばくれつ-)
ファミコンを敵に投げつける、更にファミコンは爆発する。
ゲームをプレイするシーンは全くなく、ファミコマンド竜は...

ゲームをプレイするシーンは全くなく、ファミコマンド竜はファミコン本体そのものを鈍器として使い敵を倒していく。

作中でプレイヤーがファミコンを操作する場面は、敵側のキャラクターがシューティングゲームの勝負をしている1シーンだけで、主人公がゲームをプレイする場面は一切ない。

漫画『キン肉マン』の「7人の悪魔超人編」 悪魔超人の正式メンバーが固定化されるまで4週間以上かかった。

最初に出てきた悪魔超人。7名。

最初に出てきた悪魔超人。7名。

初登場時にはまだメンバーのデザインが固まっていなかったのか半数は現在の正式メンバーとは異なる面子だった。

「7人の悪魔超人」は初登場からキン肉マンとの対戦までの間に次々とメンバーが入れ替わっており、活躍のないまま闇に葬り去られた超人が数多く存在する。

センターにいるプリプリマンがどんな活躍をするのか期待していた読者も多かったのでは。次週であっさり消えますが・・・。
91 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.7(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.7(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい昭和の特撮やアニメにドラマの衝撃的な傑作エピソードやトラウマな怖い傑作マンガやアニメを振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 91,533 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.5(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・封印作品)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.5(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・封印作品)

懐かしい昭和の特撮やアニメ・漫画の衝撃的な傑作エピソードや子供のころに怖くてトラウマになった作品などを振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 27,565 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.3(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・トンデモない特撮やアニメ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.3(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・トンデモない特撮やアニメ)

懐かしい昭和の特撮やアニメの衝撃的な傑作エピソードやトンデモない作品やつい笑ってしまう面白いテレビ番組を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 50,109 view
懐かしい漫画の傑作エピソードvol.4(感動エピソード・想定外の衝撃的な展開・トンデモない漫画)

懐かしい漫画の傑作エピソードvol.4(感動エピソード・想定外の衝撃的な展開・トンデモない漫画)

ドラえもんの感動エピソード、みゆき、人造人間キカイダー、ブラック・ジャック、進撃の巨人ほか懐かしい人気漫画の衝撃的なトンデモないエピソードや何度見ても感動させられるエピソードを振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない漫画、マンガ史の常識を覆す展開です。
トントン | 29,764 view
懐かしい漫画の衝撃的な設定・傑作エピソードvol.2(色々な意味で衝撃的かつトンデモない漫画、マンガ史の常識を覆す展開)

懐かしい漫画の衝撃的な設定・傑作エピソードvol.2(色々な意味で衝撃的かつトンデモない漫画、マンガ史の常識を覆す展開)

懐かしい人気漫画の衝撃的なトンデモないエピソードや設定を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない漫画、マンガ史の常識を覆す展開です。
トントン | 49,093 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト