懐かしい漫画の傑作エピソードvol.4(感動エピソード・想定外の衝撃的な展開・トンデモない漫画)
2017年1月19日 更新

懐かしい漫画の傑作エピソードvol.4(感動エピソード・想定外の衝撃的な展開・トンデモない漫画)

ドラえもんの感動エピソード、みゆき、人造人間キカイダー、ブラック・ジャック、進撃の巨人ほか懐かしい人気漫画の衝撃的なトンデモないエピソードや何度見ても感動させられるエピソードを振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない漫画、マンガ史の常識を覆す展開です。

55,603 view

『ドラえもん』の感動エピソード「のび太の結婚前夜」 のび太は「人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ」・・・と送り出すしずかのパパ。

ジャイアン「もし、しずちゃんを泣かせでもしたら、俺がし...

ジャイアン「もし、しずちゃんを泣かせでもしたら、俺がしょうちしねえ」 出木杉「幸せにしてあげてくれよな、のび太君」

てんとう虫コミックス『ドラえもん』25巻「のび太の結婚前夜」

のび太は本当に将来自分としずかが結婚できるのかどうか不安になる。そこでドラえもんと共に、タイムマシンでのび太の結婚式の日へ向かったが、間違えてその前日に着いてしまった。せっかくだからと、未来ののび太の結婚前日の様子を見ていくことにするが…。

大人ののび太、ジャイアン、スネ夫、出木杉が酒を酌み交わしているバチェラー・パーティーのシーン。

大人ののび太は鼻の下を伸ばして、本当にうれしそうだ。
結婚式前夜のしずかちゃんを透明マントでこっそり見ている...

結婚式前夜のしずかちゃんを透明マントでこっそり見ているドラえもんとのび太。

てんとう虫コミックス『ドラえもん』25巻「のび太の結婚前夜」

原作ではドラえもんがひみつ道具「正直電波」を発信したことにより、しずかが父に戸惑いを打ち明けることになった。
しずかちゃんの爆弾発言「パパ!あたし、およめに行くのや...

しずかちゃんの爆弾発言「パパ!あたし、およめに行くのやめる!!」

しずかは結婚と両親への愛情の間で困惑している。
(透明マントで見えなくなっている)驚くドラえもんとのび太

(透明マントで見えなくなっている)驚くドラえもんとのび太

しずかちゃんは、両親にまだ十分な親孝行が何もできていな...

しずかちゃんは、両親にまだ十分な親孝行が何もできていないと考えていた。しずかちゃんのパパは「君は僕ら(両親)に最高の贈り物を残している」と言う。

しずかちゃん「わたしが行っちゃったらパパさびしくなるでしょ。これまでずっと甘えたりわがままいったり・・・それなのに私のほうは、パパやママになんにもしてあげられなかった。」

しずかちゃんは美人で親思いのとても優しい子です。のび太には、もったいない。

しずかちゃんのパパ「とんでもない。きみはぼくらにすばらしいおくり物を残していってくれるんだよ。数えきれないほどのね。」
しおずかちゃんが生まれてきたこと自体、家族と共に歩んで...

しおずかちゃんが生まれてきたこと自体、家族と共に歩んでいった満ち足りた日々の思い出こそ、しずかちゃんが両親へ残していった最高の贈り物だと言う。

『しおずかちゃんが生まれてきたこと』が最初の贈り物だと言うパパ・・・

「病院をでたとき、かすかに東の空が白んではいたが、頭の上はまだ一面の星空だった。こんな広い宇宙の片すみに、ぼくの血をうけついだ生命がいま、うまれたんだ。そう思うとむやみに感動しちゃって。涙がとまらなかったよ」

『しずかちゃんとの思い出』が最高の贈り物だというパパ・・・

「それからの毎日、楽しかった日、みちたりた日日の思い出こそ、きみからの最高の贈り物だったんだよ。

・・・少しぐらいさびしくても、思い出があたためてくれるさ。そんなこと気にかけなくていいんだよ」

しずかちゃんのパパの名言・・・ドラえもん屈指の感動するシーンです。
しずかちゃんのパパ「のび太くんを選んだきみの判断は正し...

しずかちゃんのパパ「のび太くんを選んだきみの判断は正しかったと思うよ。」

しずかちゃんのパパ「あの青年は人のしあわせを願い、人の...

しずかちゃんのパパ「あの青年は人のしあわせを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。それがいちばん人間にとって大事なことなんだからね。」

さすが、しずかちゃんのパパ。人格者です。

しずかちゃんが、のび太くんとの結婚を選択したのは、やはり、彼の「人柄・性格」(愛と慈悲の心)を見ていたからでしょう。

パパはしずかちゃんが下した人柄重視の判断が正しいことを後押しします。
しずかちゃんのパパ「彼なら間違いなく君を幸せにしてくれ...

しずかちゃんのパパ「彼なら間違いなく君を幸せにしてくれると僕は信じているよ。」 その場に立ち会ったのび太とドラえもんも感涙し安心して帰っていった。

戸惑っていたしずかちゃんに、のび太は「人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ」、幸せになりなさい・・・と送り出すしずかちゃんパパ。

しずかちゃんは、パパの言葉で戸惑いを断ち切ることができた。

何度見ても感動するエピソードです。

『みゆき』 最後の最後で妹のみゆきを選ぶ。「妹萌え」の先駆け。主人公の若松真人とヒロインである2人の「みゆき」の三角関係を描いた名作。

『みゆき』 いわゆる『妹萌え』の先駆け。主人公の若松真...

『みゆき』 いわゆる『妹萌え』の先駆け。主人公の若松真人とヒロインである2人の「みゆき」の三角関係を描いた、青春ラブコメディ。

『みゆき』は、あだち充による日本の漫画。少年漫画雑誌『少年ビッグコミック』(小学館)に1980年から1984年にかけて連載された。

少年ビッグコミックス、全12巻(1981 - 1984年)
少年サンデーコミックス ワイド版、全5巻(1990年)
小学館文庫、全7巻(1997 - 1998年)
主人公の「若松真人」と血のつながっていない妹の「若松み...

主人公の「若松真人」と血のつながっていない妹の「若松みゆき」と同級生の「鹿島みゆき」の三角関係を描いた名作。

若松真人「俺が失うのはみゆきなんです!!ひとつ屋根の下...

若松真人「俺が失うのはみゆきなんです!!ひとつ屋根の下、兄妹として暮らしてきた・・・血のつながりのない、世界中で一番大事な女の子なんです!」

妹の若松みゆきは2人目の母親の連れ子なので、若松真人とみゆきに血縁関係はない。

若松みゆきは妹という手前、鹿島みゆきの前で真人に好意がある素振りは一切見せておらず、自分の幸せより真人の幸せを一番に望んでるため、葛藤する。

急遽帰国した幼馴染でサッカーのスター選手である沢田から求婚され、思い悩む。

結果、自身は妹として貫き通し、素敵な母親がいて自分より優れた鹿島と結ばれた方が真人は幸せになる、愛する真人と一緒(結婚)になれないのなら諦め、自分の理想を絵にした沢田優一から愛されて結ばれるのが最善の選択と言い聞かせる様にみゆきは沢田との披露宴に挑む。
若松真人「おれ、もういやだ・・・大事なものを失うの・・...

若松真人「おれ、もういやだ・・・大事なものを失うの・・・みゆきが好きだもん・・・別れたくないもん・・・」

兄妹としての生活は約4年間続き、ある日、幼馴染でサッカー日本代表のスター選手になった沢田優一が若松家を訪ねてくる。

兄のように慕っていた二人だったが、沢田はみゆきを一人の女として見てしまい、結婚を申し込む。沢田の人柄を知っている真人には反対する理由など無い。沢田はみゆきの気持ちを知りながら、次々に話を進めてしまう。

そして披露宴が開かれるとその最中、真人はみゆきに思いを告げる。

出典 みゆき (漫画) - Wikipedia

最終的に沢田とみゆきの披露宴スピーチの最中、若松真人は自分の本当の気持ちに気付き、みゆきに告白する。
そして数カ月後海外でみゆきと結婚をする。

そして数カ月後海外でみゆきと結婚をする。

テレビアニメ版「みゆき」ED H2O「想い出がいっぱい」

この曲はみゆきの世界観にとてもマッチしていると思います。
真人が妹のみゆきに告白したことで、鹿島みゆきは最終回、...

真人が妹のみゆきに告白したことで、鹿島みゆきは最終回、単身北海道に傷心旅行に出た。

鹿島みゆきは、その旅先で同じ境遇の沢田優一と運命的に出...

鹿島みゆきは、その旅先で同じ境遇の沢田優一と運命的に出会い、双方の笑顔が二人の将来を暗示させている。

「みゆき」の結末においては、結末をはっきり明確にする場合、どちらかの「みゆき」が選ばれ、片方の「みゆき」は失恋することになる。

どうしても明暗がはっきりと分かれてしまうため、失恋した「みゆき」の方は悲壮感が漂い、後味が悪くなる可能性があった。

どちらの「みゆき」も若松真人へのコミットメントはかなりのものがあり、失恋のダメージは相当に大きい。

失恋した鹿島みゆきに対して新しい恋愛の始まり(明るい希望)を示唆することで、彼女(と同じ境遇の沢田優一)の悲壮感は幾分かは相殺され、いっそう感動的な最終回になったと思います。
若松真人と若松みゆきは数カ月後、父親のいるフィリピンに...

若松真人と若松みゆきは数カ月後、父親のいるフィリピンにて3人で結婚式を挙げ、長年秘めていた愛を成就させる。

若松真人と若松みゆきは、鹿島みゆきと沢田優一に合わせる顔がないところでしたが、もし鹿島みゆきと沢田優一が付き合うことになれば、少しは救われることにもなる。そういう意味でも非常に良いハッピーエンディングだと思います。

真人が妹のみゆきを選ぶことは読者は予想できたでしょうし、鹿島みゆきと沢田優一の将来に関しては読者に委ねる形ですが、4人ともハッピーになれそうなキレイな展開にまとめた「みゆき」のお見事な結末。とても心地よい読後感です。
79 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.3(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・トンデモない特撮やアニメ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.3(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・トンデモない特撮やアニメ)

懐かしい昭和の特撮やアニメの衝撃的な傑作エピソードやトンデモない作品やつい笑ってしまう面白いテレビ番組を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 68,139 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.7(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.7(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい昭和の特撮やアニメにドラマの衝撃的な傑作エピソードやトラウマな怖い傑作マンガやアニメを振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 119,830 view
懐かしい漫画の衝撃的設定・傑作エピソードvol.3(想定外の悲しい最終回・トンデモない漫画)

懐かしい漫画の衝撃的設定・傑作エピソードvol.3(想定外の悲しい最終回・トンデモない漫画)

サイボーグ009、スケバン刑事、ジャングル大帝、仮面ライダーほか懐かしい人気漫画の衝撃的なトンデモないエピソードや設定を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない漫画、マンガ史の常識を覆す展開です。
トントン | 85,677 view
伝説的なバッドエンド。負のオーラがハンパない鬱展開。懐かしのトラウマ漫画!第2弾

伝説的なバッドエンド。負のオーラがハンパない鬱展開。懐かしのトラウマ漫画!第2弾

大人気の第一弾よりもはるかにパワーアップした伝説的なバッドエンド・鬱展開・懐かしのトラウマ漫画の第2弾です。負のオーラがハンパないまとめになっています。
ガンモ | 25,188 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト