仕事に行きたくない朝に!ZARD『Listen to Me』大黒摩季もコーラス参加した隠れた名曲
2017年3月6日 更新

仕事に行きたくない朝に!ZARD『Listen to Me』大黒摩季もコーラス参加した隠れた名曲

軽やかなアップテンポの曲調、前向きな歌詞。やる気が出ないなぁという日に聴きたくなるZARDの『Listen to Me』(リッスン・トゥー・ミー)。 大黒摩季・川島だりあ・栗林誠一郎、そして近藤房之助。 坂井泉水と豪華なコーラス陣による楽しそうなハーモニーで聴けば必ず元気になれる隠れた名曲です。

3,711 view

やる気が出ない時に聴こう!ZARD『Listen to Me』

ZARDといえば、『揺れる想い』、『Good-bye My Loneliness』、『君がいない』など切ない恋愛を歌った曲が多く、元気が欲しい時に聴く応援歌として有名なのは『負けないで』。

もちろん、『負けないで』も好きな曲なのですが「今日は絶対頑張るぞ!」という勝負曲的な感じで、「今日はやる気が出ないなぁ…」なんて時に聴くにはちょっと重たいかも。

「やる気が出ない」、「仕事に行きたくない」などネガティブな感情が湧き出てきた時に聴いて欲しいのが、今回ご紹介する『Listen to Me』(リッスン・トゥー・ミー)!

シングルカットされておらず、ベストアルバムにも含まれていないが、ZARD楽曲の中で異色を放つ特徴で根強い人気を誇る隠れた名曲である。

ZARD『Listen to Me』 Wide 字幕無しVer.

楽しそうに歌う姿が印象的な本人歌唱映像

ZARD『Listen to Me』

作詞:坂井泉水
作曲:川島だりあ
編曲:明石昌夫

【ポイント①】大黒摩季・川島だりあ・栗林誠一郎・近藤房之助。超豪華なコーラス陣

ビーイング系は互いの歌にコーラス参加するケースが多いことで有名だが、中でもこの『Listen to Me』は凄い。
ありがちな「ちょっとコーラスで仲間が参加してます」的なレベルでは全くない。

まず、大黒摩季&川島だりあの二人が主役・坂井泉水を喰わんとばかりにパワフルな声をかぶせてくる。
サビではハイ・パートが大黒摩季、ロー・パートが川島だりあ。
特に川島だりあ姐さんは、笑えるぐらいのド迫力コーラス!

そして、「イエ~イ」のたった一言で存在感を発揮できる、B.B.クィーンズのインチキおじさんでお馴染みの近藤房之助。

濃い面々の中で唯一、爽やかな声で「Woo~」と全体を覆う栗林誠一郎(ZYYG)。

儚げな声の坂井泉水がいつもより頑張って声を出している感じに、思わず『負けないで』と応援してしまう。

それぞれが個性のぶつかり合いを楽しんでいる雰囲気が目に浮かぶ歌に仕上がっている。
大黒摩季・川島だりあ・近藤房之助・栗林誠一郎

大黒摩季・川島だりあ・近藤房之助・栗林誠一郎

生前、(坂井泉水と)大黒摩季とは仲が良く、本当に一緒にステージに立たせたかったけど、ちょうどタイミングを逃してしまった。
これは一つの夢でもあったのですが。
不仲説も噂された大黒摩季と坂井泉水だが、ビーイングの長戸大幸は二人の仲は良く、共演も考えていたことを明かしている。

ステージで『Listen to Me』を共演して欲しかった…。

【ポイント②】日常を舞台にした等身大の歌詞

作詞はもちろん、坂井泉水。
『Listen to Me』は都会に住むOLが嫌なことがあってもめげずに前向きに頑張っていくという歌詞。
軽いブレックファースト 流し込んで
地下鉄まで hurry up

乙女心の 髪も靴もダイナシよ
夢も恋も遠いなんて
淋しいじゃない

人の噂 うんざりする
かしましい tea time
出典 ZARD『Listen to Me』
キュートで親しみやすい等身大の表現が特徴的。
We'll be all right ありふれた日常の
キャパシティー越えなくちゃネ

We'll be all right never give it up!
毎朝が 新しいページの始まり
出典 ZARD『Listen to Me』
せわしない日常生活にうんざりしながらも、前向きに頑張っていこうという健気な歌詞が心を潤してくれる。
坂井泉水の『前向きさ』を感じる歌詞

坂井泉水の『前向きさ』を感じる歌詞

OLを主人公とした内容だが、仕事や職場にちょっと嫌気がさしているサラリーマンの方々にもおススメ♪
坂井泉水の男性ファンは、「こんなOLが身近にいたらなぁ」とニヤニヤ妄想するのが鉄板である。

【ポイント③】川島だりあ作曲の小気味良いメロディ。

この『Listen to Me』は、軽やかなモータウン・サウンドのリズムパターンになっており、ドラムのハネたビートが特徴的。

コーラスでも参加している川島だりあが作曲している。
(編曲は明石昌夫。)

川島だりあは『FEEL SO BAD』のボーカルとしても知られているが、T-BOLANやMANISH、愛内里菜などビーイング系のメンバーを中心に数多くの楽曲を提供しているメロディメーカーの顔も持っている。
ZARDのベストアルバム『ZARD Request Best 〜beautiful memory〜』で投票数1位となった『あの微笑みを忘れないで』も川島だりあ作曲である。

ポップな曲から切なげなバラードまで幅広いジャンルで綺麗なメロディを作曲しているが、自身がボーカルを務めたFEEL SO BADで歌う曲は『バリバリ最強No.1』など、ハードでアバンギャルドな曲も発表している。

FEEL SO BAD - バリバリ最強No.1

アニメ「地獄先生ぬ〜べ〜」のオープニングテーマ曲になった『バリバリ最強No.1』

4thアルバム『揺れる想い』に収録されていた『Listen to Me』

シングル「負けないで」が大ヒット、「揺れる想い」がミリオンセラーを記録するなどといったヒットを続ける余韻の中で1993年7月10日に発売されたZARD4枚目のアルバム『揺れる想い』。

売り上げは200万枚を突破。
1993年度のオリコン年間アルバムチャートで1位を記録したZARDオリジナルアルバムで最大のヒット作。

ZARD : 揺れる想い

2,148
「揺れる想い」、「君がいない」、「負けないで」よりも、隠れた名曲が特に印象的。
どの曲もシングルカットできるほどの完成度の高さ。
今聴いても全く古さを感じさせない不朽の大傑作 。
この『Listen to Me』をスマホや携帯プレーヤーに入れておけば、憂鬱な気分の朝を迎えたって安心♪
聴きながらの通勤で、ご機嫌な気分に切り替えちゃいましょう~
21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

長嶋茂雄とZARD・WANDS・ZYYG・REVが歌う「果てしない夢を」が超豪華!

長嶋茂雄とZARD・WANDS・ZYYG・REVが歌う「果てしない夢を」が超豪華!

「名曲」とも「迷曲」とも受け取れた1993年発売のプロ野球中継テーマソング「果てしない夢を」。ZARD、WANDS、ZYYG、REVの豪華メンバーに加え、“ミスター”こと長嶋茂雄が歌っているのが最大のウリ!…ながら、ココが評価の分かれるポイントでした。さて、アナタの評価は!?
Mr.Lonely | 7,319 view
ZARDのトリビュート作品に不仲説もあった大黒摩季が参加。奇跡のコラボが実現

ZARDのトリビュート作品に不仲説もあった大黒摩季が参加。奇跡のコラボが実現

今年25周年を迎えたZARDと“d-project”がコラボレートしたトリビュートアルバムの発売が決定。スペシャル企画として、ZARDと共に90年代の音楽シーンを牽引してきた大黒摩季がゲストボーカルとして参加することになった。
もう一度見てみたい!スペシャルコラボユニットの8センチシングル10選

もう一度見てみたい!スペシャルコラボユニットの8センチシングル10選

桑田佳祐&Mr.Children 、中山美穂&WANDS、小沢健二&スチャダラパー他、スペシャルコラボで発売された8センチシングル10曲をジャケや歌詞、曲にまつわるエピソードをピックアップしながら紹介!
大黒摩季 92年~96年発売の8センチシングル作品が名曲すぎる

大黒摩季 92年~96年発売の8センチシングル作品が名曲すぎる

『あなただけ見つめてる』『ら・ら・ら』『別れましょう私から消えましょうあなたから』他、大ヒットした名曲を8センチシングルジャケや歌詞、曲にまつわるエピソードをピックアップしながら紹介!
FIELD OF VIEW『突然』1995年のポカリスエットCMソングに起用された大ヒット夏ソング

FIELD OF VIEW『突然』1995年のポカリスエットCMソングに起用された大ヒット夏ソング

1995年にリリース、中山エミリ出演のポカリスエットCMソングに起用されミリオンセラーを達成したFIELD OF VIEWの2ndシングル『突然』。 爽やかな夏を感じさせるFIELD OF VIEWの代表曲について、懐かしいCM動画やPV映像などと共に振り返る。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト