ZARDのトリビュート作品に不仲説もあった大黒摩季が参加。奇跡のコラボが実現
2016年3月31日 更新

ZARDのトリビュート作品に不仲説もあった大黒摩季が参加。奇跡のコラボが実現

今年25周年を迎えたZARDと“d-project”がコラボレートしたトリビュートアルバムの発売が決定。スペシャル企画として、ZARDと共に90年代の音楽シーンを牽引してきた大黒摩季がゲストボーカルとして参加することになった。

6,530 view

『ZARD』トリビュートアルバムの発売が決定!

GIZA studio所属作家陣や若手ミュージシャンが長戸大幸プロデューサーのもとに集結し、オリジナルの楽曲制作だけにとどまらず、過去の素晴らしい作品達にもスポットを当て、現代の若者達にもその楽曲の持つ力を伝えて行こうという始まったプロジェクトが、“d-project”。

その第1弾は、今年25周年を迎えたZARDとのコラボレート。
ZARDゆかりの作家陣と若手クリエイターたちの想いが込められたZARDトリビュートアルバムが完成した。
d-project with ZARD

d-project with ZARD

スタンダードナンバーを創り続けたボーカル坂井泉水の声を活かしながら、「永遠」の作・編曲家である徳永暁人、1999年に行われた船上ライブ以降のZARD Liveでバンドとして参加している、大賀好修・岡本仁志・麻井寛史などZARDに縁のある作家陣や数々のライブを支えてきたバンドメンバー、若手クリエイター達がダンスロックなリアレンジを施し数々の名曲に新たな息吹を吹き込んだ。
出典 giza.co.jp

大黒摩季がゲストボーカルとして参加!

大黒摩季(おおぐろ まき)

大黒摩季(おおぐろ まき)

1969年12月31日生まれ
北海道札幌市出身。1992年、シングル「STOP MOTION」でソロデビュー。以降、シングル「DA・KA・RA」「あなただけ見つめてる」など数多くのミリオンヒットを生み出す。2010年、宮疾患の治療のため無期限で活動休止することを発表。
2015年、スカイマークの応援歌を手掛け、約4年半ぶりとなる本格的なレコーディングも実施した。
ZARDの多くの楽曲にコーラス参加し、ビーインググループのメンバーとして共に90年代の音楽シーンを牽引してきた大黒摩季がゲストボーカルとして参加!

このプロジェクトを立ち上げた長戸大幸プロデューサーが、1990年代当時から考えていたが実現に至らなかった“坂井泉水と大黒摩季を並べて歌わせる”こと。
今回、その考えを実現すべく長戸自らが大黒摩季へオファーし、奇跡の共演が果たされたという。

当時の坂井泉水の歌声に、あらたにレコーディングを行った大黒摩季の歌声を組み合わせ、『静』と『動』好対照な二人のボーカルがお互いを支え合い、引き立て合う、夢のコラボ作品を創り上げた。

変わらないはずの坂井泉水の歌声が、大黒摩季とのツインボーカル、そしてリアレンジにより、オリジナルとはまた違った魅力を放っている。

不仲説もささやかれていた坂井泉水と大黒摩季

2007年5月27日に放送されたフジテレビ系バラエティー番組「ウチくる!?」で大黒摩季がゲスト出演。
デビュー当時を振り返り、所属していた事務所「ビーイング」の同じ事務所出身のミュージシャン「B'z」や「TUBE」、「WANDS」などのバックコーラスを務めたこと、事務所の意向でソロデビューが果たせず、「しばらく」「ずっと」バックコーラスでいたことなどを打ち明けた。

司会者の中山秀征が 「レコーディングの時『コイツ』下手クソだなっていうアイドルもいっぱいいたでしょ?」と質問すると、大黒摩季は「はい、ぶっちゃけ。何でアンタの気持ち悪い音程に合わせて私が歌わねばならないのだ!カワイイってことはこういうことか!やっぱ顔か~、体か~!!みたいな。何でって感じじゃないですか!」と語った。

ZARDが同じ「ビーイング」の事務所であったことや、坂井泉水がZARDとしてデビューする前にレースクイーンやモデルを務めていたことから、この大黒摩季の発言は坂井泉水に対するものと推測したZARDファンによって大黒摩季のブログが炎上する騒ぎとなった。

この件について、大黒摩季の所属事務所サニーサイドアップは「坂井さんを指して言ったものではない。現場にマネージャーやスタッフが同行していたが、放送は一部編集されており、誰か特定できる人物を挙げたものではなかった」と釈明。

大黒摩季本人も、坂井泉水の訃報を知ると、自身のブログで追悼の意をあらわした。
このブログを書きあげた後、ZARDの坂井泉水さんの訃報が飛び込んで来ました。
私は彼女を心から尊敬し、同じ時代を共に過ごした戦友でもあり、この突然の悲報に胸が詰まる思いでいっぱいです。
病気の痛み苦しみから解放され、どうか安らかにお眠り下さいますよう心からのご冥福をお祈りしています。このブログをご覧の皆さんもどうか彼女のために祈って下さい。
また、坂井泉水の音楽葬に参列した際には、終始泣き崩れながら記者陣に対して「心遣いが素敵な女性でした」とコメントしている。

二人はZARDのコーラス・レコーディングが終わった後、イタリア料理店で音楽の話をしたこともあったという。

奇跡のコラボが実現した『d-project with ZARD』詳細情報

d-project始動第一弾『d-project with ZARD』
2016年5月18日 (水)発売
GZCA-5276 ¥2,500+税

【収録曲 / Arranger】※順不同
愛は暗闇の中で / 麻井寛史 (Sensation)
負けないで / 徳永暁人 (doa)
きっと忘れない / 大賀好修 (Sensation)
君がいない / 鶴澤夢人
揺れる想い / 岡本仁志 (ex. GARNET CROW)
雨に濡れて / 山口篤・鶴澤夢人
愛が見えない / 森丘直樹
DAN DAN心魅かれてく / 徳永暁人 (doa)
こんなにそばに居るのに / GAK (Purple Stone)
もう少し あと少し… / 安部智樹 (Hachi/Hatch,)
Don’t you see! / 大楠雄蔵 (Sensation)
Get U’re Dream / 灰原大介
星のかがやきよ / 宮崎諒
かけがえのないもの / 竹田 NINJA 京右

【Musician】
ゲストボーカル:大黒摩季
ゲストMC:KEN (ex. DA PUMP)

4月7日(木)から楽曲視聴も可能に

d-project オフィシャルサイトでは、4月7日(木)から楽曲視聴も開始する。
15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

仕事に行きたくない朝に!ZARD『Listen to Me』大黒摩季もコーラス参加した隠れた名曲

仕事に行きたくない朝に!ZARD『Listen to Me』大黒摩季もコーラス参加した隠れた名曲

軽やかなアップテンポの曲調、前向きな歌詞。やる気が出ないなぁという日に聴きたくなるZARDの『Listen to Me』(リッスン・トゥー・ミー)。 大黒摩季・川島だりあ・栗林誠一郎、そして近藤房之助。 坂井泉水と豪華なコーラス陣による楽しそうなハーモニーで聴けば必ず元気になれる隠れた名曲です。
ZARD・坂井泉水の死因!!転落事故だったのか?自殺だったのか?

ZARD・坂井泉水の死因!!転落事故だったのか?自殺だったのか?

2007年5月28日に衝撃的なニュースが発表されました。当時、数々のヒット曲とともに、人気絶頂だった坂井泉水さんが事故でお亡くなりになったというニュースです。当初は事故では無く自殺では?とも言われていました。その辺を掘り下げてみました。
ギャング | 22,544 view
FIELD OF VIEW『突然』1995年のポカリスエットCMソングに起用された大ヒット夏ソング

FIELD OF VIEW『突然』1995年のポカリスエットCMソングに起用された大ヒット夏ソング

1995年にリリース、中山エミリ出演のポカリスエットCMソングに起用されミリオンセラーを達成したFIELD OF VIEWの2ndシングル『突然』。 爽やかな夏を感じさせるFIELD OF VIEWの代表曲について、懐かしいCM動画やPV映像などと共に振り返る。
坂井泉水さんの10回目の命日となる5月27日に“フィルム・ライブ”アンコール上映が決定!

坂井泉水さんの10回目の命日となる5月27日に“フィルム・ライブ”アンコール上映が決定!

坂井泉水さんの10回目の命日となる5月27日に、東京、大阪での献花台設置が発表されましたが、ファンの声に応えた形で同日に“フィルム・ライブ”アンコール上映が決定しました。
5月27日、ZARD・坂井泉水さん10回目の命日に東京と大阪で献花台が設置

5月27日、ZARD・坂井泉水さん10回目の命日に東京と大阪で献花台が設置

2007年5月27日に、ZARDのボーカル・坂井泉水さんが 亡くなってから今年で10回目の命日を迎える。5月27日の命日に、ファンの思いを届ける場として献花台が東京と大阪で設置されることが分かった。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト