南沙織 筒美京平を歌う
2020年1月18日 更新

南沙織 筒美京平を歌う

同世代の想いを初めて歌ったアイドル。それまでのアイドル像を一変させ、現代のアイドルの基礎を築いたとも言われている南沙織。その南沙織が歌っていたのが筒美京平が作った素晴らしい楽曲でした。

361 view

南沙織

南沙織のデビューは鮮烈でした。それは、「日本におけるアイドルの第1号」だとか、「元祖アイドル」などと言われていることからも伺えます。元祖アイドル、これに関して異論のある方がいらっしゃるかもしれませんが、まぁ、それほど彼女の登場が当時の音楽関係者、及びファンに与えた影響が大きかったというのは事実でしょう。
南沙織

南沙織

出生名:内間 明美
別名:シンシア(Cynthia 英語名)・ポーリー(Paule フィリピン人義父の姓)
生誕:1954年7月2日
出身地:沖縄県宜野湾市
学歴:上智大学卒業
活動期間:1971年~1978年、1991年~1997年
南沙織のキャラクターが素晴らしかったのは勿論ですが、その個性を生かした楽曲がこれまた素晴らしかった。作曲を担当したのは筒美京平。
南沙織が歌った筒美京平作品をご紹介します。

1971年

筒美京平は、小室哲哉や桑田佳祐などを抑え歴代作曲家総売上ランキングで堂々の第1位となっている日本を代表する作曲家です。南沙織に楽曲を提供する前にもいしだあゆみの「ブルー・ライト・ヨコハマ」、尾崎紀世彦「また逢う日まで」、堺正章「さらば恋人」など多くのヒット曲を既に量産していました。まさに天才。
そんな筒美京平が手掛けた南沙織のデビュー曲が「17才」です。
17歳

17歳

作詞: 有馬三恵子
作曲・編曲: 筒美京平
この曲で筒美京平は作・編曲だけでなくピアノも担当しています。で、その筒美京平が「何か歌える曲はある?」と聞いたところ、リン・アンダーソンの「ローズ・ガーデン」を南沙織は歌って見せたのだそうで、それに感銘を受けてできたのがこの曲「17歳」というわけです。

南沙織 17才

歌手と同世代のファンが感情移入できる曲を歌ったことで、元祖アイドルとか新しいタイプのアイドル誕生と言われるようです。女性アイドルの在り方の基礎を築いたといっていいでしょう。「17才」は、54万枚の大ヒットとなりました。

10月1日にはセカンド・シングルとなる「潮風のメロディ」が「17才」と同じ作詞: 有馬三恵子、作曲・編曲: 筒美京平によってリリースされています。
ちなみに、同じ日には天地真理が「水色の恋」でレコード・デビューをしています。

1972年

1972年、最初のシングルは2月1日発売の「ともだち」です。オリコンで最高位、第7位。
ともだち

ともだち

作詞:有馬三恵子
作曲・編曲:筒美京平
当時のアイドルは季節ごとにシングルを発売していました。つまり年に4枚が基本。で、スゴイなと思うのは、アルバムも負けじと年に2~3枚は発売していたんですね。
南沙織も例外ではありません。1973年に発売したシングルは3枚(冬用のシングルが1月発売のため3枚で、翌年は5枚発売しています)、アルバムも3枚。
で、4枚目のシングル「純潔」ですが、作詞、作曲者共に変わりはありません。変わったのはジャケット撮影のカメラマン。ここで初めて後に結婚することになる篠山紀信が起用されています。まぁ、運命の出会いってヤツでしょうね。
純潔

純潔

作詞:有馬三恵子
作曲・編曲:筒美京平
う~ん、さすが篠山紀信。いい写真撮ってますよねぇ。で、曲の方も素晴らしいです。

Candies & Minami Saori "Cynthia" 純潔 - 南沙織 & キャンディーズ .mp4

9月21日発売の5枚目のシングル「哀愁のページ」は、曲の良さから唯一南沙織がシングル・チャートを気にした曲と言われています。
哀愁のページ

哀愁のページ

作詞: 有馬三恵子
作曲・編曲: 筒美京平
「哀愁のページ」は、オリコン第3位とヒットしましたが、曲の良さもさることながら、驚かされるのはジャケット写真です。秋用のシングルとはいえ、すごく大人っぽくなっていますよね。と、戸惑いつつ1973年へ。
53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

70年代に日本を席捲した「アグネス・ラム」の2020年版カレンダーが発売されます!!

70年代に日本を席捲した「アグネス・ラム」の2020年版カレンダーが発売されます!!

70年代後半のアイドル界を席巻し、元祖グラビアアイドルとも称されるアグネス・ラムのカレンダーの最新版「アグネス・ラム 2020年 カレンダー」の発売が決定しました。発売予定日は10月12日。
隣人速報 | 8,787 view
昔懐かし!あなたのグラビアが居酒屋のポスター&週刊大衆の誌面に!

昔懐かし!あなたのグラビアが居酒屋のポスター&週刊大衆の誌面に!

ネットサービス「マシェバラ」は、双葉社発行「週刊大衆」とのコラボ企画「4代目 大衆居酒屋ポスター・グラビア誌面イメージガール選考オーディション」の参加者を現在募集中です。
隣人速報 | 11,461 view
ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 81,092 view
70年代に活躍したアイドル・女優の歴史(デビュー時1965年から1979年)70名

70年代に活躍したアイドル・女優の歴史(デビュー時1965年から1979年)70名

1970年代に活躍したアイドルや女優(歌手もしくは女優デビュー時1965年から1979年)70名の懐かしい70年代の世界観をどっぷり満喫できるまとめです。70年代に活躍した美女たちの思い出が蘇ります!
ガンモ | 451,831 view
こんなにいるの!?宝塚出身の女優

こんなにいるの!?宝塚出身の女優

女性なら誰もが憧れるであろう「宝塚歌劇団」。宝塚で活躍した女性の中には、退団後に芸能界へ転身し、芸能界でも活躍している人が多くいらっしゃいます。この記事では、そんな方々の中から6名をピックアップしてご紹介したいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト