夕方で最高視聴率16%!ダウンタウン伝説の番組『4時ですよーだ』
2017年8月29日 更新

夕方で最高視聴率16%!ダウンタウン伝説の番組『4時ですよーだ』

ダウンタウンが、大阪での人気を不動のものにした夕方4時の帯番組『4時ですよーだ』。今田耕司や東野幸治、130Rなど、後の「ごっつメンバー」も多数出演し、最終回には、浜田・松本共に号泣するというアツ過ぎるこの伝説的番組について振り返っていきます。

7,726 view

ダウンタウンの名を一躍世に知らしめた『4時ですよーだ』

ダウンタウンがブレイクするきっかけとなった番組…。こう書くと、あなたは何をイメージするでしょうか?『ごっつええ感じ』?『夢で逢えたら』?『ガキの使いやあらへんで』?…さまざまな意見が挙がることでしょう。

しかし、80年代後半に多感な青春時代を関西で過ごした方であれば、十中八九『4時ですよーだ』を推すに違いありません。

大阪・毎日放送の『4時ですよーだ』が放送開始されたのは、1987年4月6日。今から30年ほど前のことです。ダウンタウンの2人は当時23歳。若い女の子からアイドル的人気を誇った彼らが受け持った最初の冠番組であり、おそらく、最初で最後の帯番組でした。
「4時ですよ~だ」グッズ

「4時ですよ~だ」グッズ

台本型メモ帳&筆箱
当時のことを振り返り浜田は「夕方の4時からの放送なんて誰が見るねんと思った」と語り、松本に至っては放送開始1週間前から、下痢が止まらなかったといいます。
若手時代から舞台上で人を食ったような態度を取っていたダウンタウンも、さすがに、自身初の看板番組を持つにあたり、相当緊張していたようです。
今や大御所の2人にも、そんな時期があったのです。

今や大御所の2人にも、そんな時期があったのです。

ハイヒール、今田、東野など…番組を彩った出演芸人たち

同番組には、ダウンタウン以外にも、数多くの人気芸人を輩出したことでも知られています。以下が主だった出演タレントたちです。
ハイヒール(リンゴ・モモコ)

ハイヒール(リンゴ・モモコ)

ダウンタウンと同じ大阪NSC1期生。ダウンタウンと対等に接することができる唯一の女芸人。
おかけんた・ゆうた

おかけんた・ゆうた

岡八郎を師匠に持つダウンタウン・ハイヒールと同期の芸人。今もなお劇場を中心に活躍する実力派。
まるむし商店(磯部公彦・東村雅夫)

まるむし商店(磯部公彦・東村雅夫)

「NHK上方漫才コンテスト 優秀賞」「上方漫才大賞 新人奨励賞」など受賞歴多数の実力派コンビ。ダウンタウンの一年後輩にあたる。
出典 ynn.jp
非常階段(シルク・ミヤコ)

非常階段(シルク・ミヤコ)

大阪外国語大学(現在の大阪大学外国語学部)卒の高学歴な女性コンビ。今田耕司、リットン調査団、130Rと同期にあたる。
ピンクダック(ミチ・レイコ)

ピンクダック(ミチ・レイコ)

ファンクラブまで結成されていた美人お笑いコンビ。1993年にレイコの結婚を機に解散してしまう。
今田耕司・東野幸治

今田耕司・東野幸治

今田は、言わずと知れたダウンタウンの盟友的存在。『4時ですよーだ』スタート当時はデビュー2年目のペーペーだった。

東野も番組開始時はまだ19歳。ちょっと前まで浜田と『ごぶごぶ』に出ていたり、松本とは『ワイドナショー』で今も共演していたりと、いまだに信頼厚い後輩の一人。
石田靖

石田靖

1988年10月より加入。1989年4月から6月までの司会を、今田、東野とともに務めました。
130R(板尾創路・ほんこん)

130R(板尾創路・ほんこん)

今田・東野とともに、後に『ごっつええ感じ!』で旋風を巻き起こす板尾とほんこんも1988年10月から『4時ですよーだ』に出演していました。
ボブキャッツ(ヒロ・雄大)

ボブキャッツ(ヒロ・雄大)

コンビ仲が悪いことで知られ、結成から5年余りで解散してしまったコンビ。ヒロは吉田ヒロと芸名を改め、現在も芸能活動を続けています。
オールディーズ(木村祐一・栩野進)

オールディーズ(木村祐一・栩野進)

後に松本から「俺のために生まれてきたような男」と評されるキム兄も、『4時ですよーだ』出身。
亀山房代(左)

亀山房代(左)

ザ・ぼんちを解散したばかりの里見まさととコンビを組んだ女漫才師。2009年に劇症型心筋炎発症し、42歳の若さでこの世を去りました。
メンバメイコボルスミ11(ビク・トリア、ココ・シャネル)

メンバメイコボルスミ11(ビク・トリア、ココ・シャネル)

活動期間は、1985年から1988年までのわずか3年足らず。早々に解散した理由は、「不思議ちゃん」キャラが先輩から不興を買ったためなのだとか。
西川のりお・上方よしお

西川のりお・上方よしお

先輩芸人として「のりお・よしお」も番組に華を添えました。
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ごっつええ感じ】ごっつええ感じのマネして笑い崩れる事ウケアイなリズムネタ

【ごっつええ感じ】ごっつええ感じのマネして笑い崩れる事ウケアイなリズムネタ

「ごっつええ感じ」の数あるネタの中で、特に音楽やリズムに特化したコントをピックアップしてみました。見てニヤつき、小声で口ずさめば昇天まちがいなし!
やるまし | 11,279 view
突然番組終了した「ダウンタウンのごっつええ感じ」。1990年代お笑い番組の金字塔だった同番組の、番組終了の舞台裏。

突然番組終了した「ダウンタウンのごっつええ感じ」。1990年代お笑い番組の金字塔だった同番組の、番組終了の舞台裏。

1990年代に大人気だった「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ)。松本人志、浜田雅功のダウンタウン、今田耕司、東野幸治はじめいまや吉本の大物芸人たちやYOU、篠原涼子といったこれまた大物タレントがコントに飛び回り、「ガキ使」と並ぶダウンタウンの代表作だった同作品、人気絶頂期に突然打ち切りになった真相とは。
青春の握り拳 | 74,154 view
バラエティー番組「今田耕司のシブヤ系うらりんご」山口もえなどがいた『うらりんギャル』の扱いがひどかった!!

バラエティー番組「今田耕司のシブヤ系うらりんご」山口もえなどがいた『うらりんギャル』の扱いがひどかった!!

バラエティー番組「今田耕司のシブヤ系うらりんご」は、1995年3月27日から放送された今田耕司の初の冠番組でした。 番組のアシスタントには『うらりんギャル』がいて、その中に山口もえもいました。
星ゾラ | 7,984 view
【芸者ガールズ】1994年に登場した謎のラップユニット「GEISHA GIRLS」の正体はダウンタウン!?

【芸者ガールズ】1994年に登場した謎のラップユニット「GEISHA GIRLS」の正体はダウンタウン!?

「え、そんなんで歌って出せるの?」と視聴者はみな思ったくらいノリで決まったと思われた「芸者ガールズ」企画。ダウンタウンに次いで今田耕司もリリースしてましたね。
青春の握り拳 | 17,203 view
「DA.YO.NE」(EAST END×YURI)の全国方言版は10種類!あなたは全部言えますか?

「DA.YO.NE」(EAST END×YURI)の全国方言版は10種類!あなたは全部言えますか?

「DA.YO.NE」、90年代中頃に流行しましたね。ヒップホップでは初のミリオンセラーでした。いまのAKB48に地方版があるように「DA.YO.NE」は全国の方言版が多数登場しました。「SO.YA.NA」にはあの今田耕司、東野幸治も参加!
青春の握り拳 | 33,495 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト