「たかなシアター六番街」-アリス-
2019年12月17日 更新

「たかなシアター六番街」-アリス-

たかなシアター六番街、今回は不思議の国のアリスの暗い部分を全て集めた感じ!チェコの映画「アリス」を紹介します。

346 view

不気味なアリスの世界に、触れる自信はある?

アリスと聞けば思い浮かぶのが「不思議の国のアリス」!

特にディズニーのアリスは有名で、黒いリボンに水色のワンピ―ス、白エプロンを想像することでしょう。

しかしながら今回ご紹介するのは皆さんの思い浮かべている作品ではありません。
ヤン・シュヴァンクマイエルが監督を務める、チェコが生んだ「アリス」です。

ストーリー自体は不思議の国のアリスとほぼ同じ。出演しないキャラクターはあれど、だいたいのキャラは登場します。

話の流れ全体が原作に沿っているので、ストーリーに関して特筆すべきことはないのですが。笑
あの「不思議の国のアリス」まんまを思い浮かべて鑑賞すると、度肝を抜かれます。
 (2157827)

この作品を一言で表すなら、アリスの暗い部分を全て集めたと言う感じ。

とにかく映像で魅せる、魅せる。「見せる」じゃないところがポイントですよー。笑

そんなヤン・シュヴァンクマイエルのアリスの見どころをご紹介致します。
奇妙奇天烈摩訶不思議
こちらの作品はほとんどセリフがなく、ところどころ入るアリスのNAで進行します。

セリフがあまり見られないことから、画面についつい集中してしまうのも魅力的な点ですね。
アリス (2157832)

出典 アリス
物語はアリスの部屋にある、ウサギの置物が動き出すところからスタート。

何やらガラスケースの中でゴソゴソ……。アリスは目を奪われ、じっと見ていると……?
アリス (2157845)

出典 アリス
何やらお着替えを始めます。アリスに登場するウサギは、お洋服を着ていますからね!
ハートの女王の元へ向かうべく、せっせとお着替えです。

このウサギ、横から見るとフワフワしていて可愛いのですがアップだと結構気持ち悪いです。見ていて不安になる顔をしているというか。笑

ここで注目すべきなのは、ウサギの体内からオガクズが出続けている事。置物やぬいぐるみなら綿やガラス製なのでは……?と思うのですが、ザーザーとオガクズが出続けている。

それを本人は自分で縫合するのですが、縫いが甘いので次から次へと綻びが現れるのです。

綻び、流れ出て、ウサギはオガクズを食事として補給する。そんなショッキングなシーンが冒頭からあります。

これをどう捉えるかは人それぞれですが、当時のチェコの様子を皮肉っていると考える人もいるみたいですね。

1988年辺りのチェコは社会制主義で、民主主義を訴える人々のデモが問題になっていたのだとか。社会制下である人々への訴えと捉えるのもアリでしょう。

後に紅茶を飲んでも飲んでも流れ出る帽子屋、車椅子の三月兎も登場するのですが、同様の解釈ができるかと。
アリス (2157847)

出典 アリス
そしてウサギはドラえ●んのごとく、机の引き出しへ潜ると姿を消してしまいます。

負けじとアリスも引き出しの中へ……この光景がものすごくシュールなんだなぁ。笑

机の中に吸い込まれてワンダーランドへって、結構珍しいかも。
ことごとく不気味な世界
登場人物、というか登場する人間はアリスのみで、あとは人形やオモチャのオンパレード。

全体的にキャラがあんまり可愛くないのも、また一つの魅力なのでしょう。笑
アリス (2157850)

出典 アリス
正装のウサギ。目の焦点が基本的にあってないからコワイ。
アリス (2157851)

出典 アリス
「これは誰……」となりますが、アリスです。

クッキーを食べて小さくなってしまったアリスは人形で表されているのですが、全然可愛くないのでびっくりします。
   
アリスを演じるリスティーナ・コホウトヴァーちゃんは超美少女なのですが、人形になると
ものすごい……ギャップが……。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「たかなシアター六番街」-ちびまる子ちゃんのブラック回-

「たかなシアター六番街」-ちびまる子ちゃんのブラック回-

たかなシアター六番街、今回は国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」のブラック回(80年代後半~)を紹介します。
たかなし亜妖 | 3,191 view
「たかなシアター六番街」-番外編-平成生まれのギャルがカルト映画にハマったわけ

「たかなシアター六番街」-番外編-平成生まれのギャルがカルト映画にハマったわけ

たかなシアター六番街、今回は番外編。なぜ平成生まれのピチピチギャル・たかなし亜妖がカルト映画にハマったのか?をお届け。いや、もう年齢的にそこまでピチピチでもないんですけど。ピチピチギャルって言い方がもう時代遅れ感満載ですけど……。
「たかなシアター六番街」-セブン-

「たかなシアター六番街」-セブン-

たかなシアター六番街、今回お届けするのは身の毛もよだつ?超有名スリラー「セブン」です。
たかなし亜妖 | 1,182 view
「たかなシアター六番街」-ロジャー・ラビット-

「たかなシアター六番街」-ロジャー・ラビット-

たかなシアター六番街、今回お届けするのはミドルエッジ世代にもファンの多い「ロジャー・ラビット」です。
「たかなシアター六番街」-少女椿-

「たかなシアター六番街」-少女椿-

たかなシアター六番街、今回お届けするのは検索しちゃいけない和製ホラー「少女椿」です。
たかなし亜妖 | 5,859 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト