ボキャブラ天国で活躍していた人気芸人の今!
2018年3月12日 更新

ボキャブラ天国で活躍していた人気芸人の今!

若手お笑い芸人の登竜門的番組「ボキャブラ天国」 爆笑問題やネプチューンなどこの番組からブレイクした芸人が多いのですが、最近めっきり見なくなった芸人のその後を追いかけました!

21,055 view

ばかぱく!しぶち!意味不明なワードが飛び交った「ボキャブラ天国」

『ボキャブラ天国』(ボキャブラてんごく、英称:VOCABULA)シリーズとは、フジテレビ系列で1992年10月14日から2008年9月28日まで断続的に放送されていた日本のお笑いバラエティ番組。通称は『ボキャブラ』もしくは『ボキャ天』、『ボキャブラ天国』。共同制作はハウフルス。

放送開始時は司会を務めるタモリの冠番組であった。また、当番組で人気が出たお笑い芸人が多数存在する。ステレオ放送、文字多重放送、ハイビジョン制作(大復活祭のみ)が実施されている。
若手お笑い芸人(番組では“キャブラー”と呼称。この時期は番組が若手お笑い芸人の登竜門的な存在でもあったために、この時期に登場したお笑い芸人を番組名を冠して「ボキャブラ世代」もしくは「ボキャ天世代」と呼ぶ場合がある)によるコントとボキャブラを組み合わせた作品をランキング形式で評価する。

MANZAI-C

MANZAI-C(まんざいしー)は、かつて存在していた日本のお笑いコンビ(漫才コンビ)。1991年結成。「彷徨のヒットマン」のコピーでタモリのボキャブラ天国(ボキャ天)を中心にテレビ番組に出演し、スケッチブックネタなどで人気を博した。

MANZAI-C_漫才 - YouTube

■西野 健一
十日市市でペット商品販売店を開業し現在に至る。
■森 光司
後に放送作家に転身。担当番組は「竹山先生?」「2時っチャオ!」などで現在オフィス・トゥー・ワン所属。

BOOMER

BOOMER(ブーマー)は日本のお笑いコンビである。三木プロダクション(元サワズカムパニー)所属。
オーソドックスなコントが売りで、紙芝居を使ったコントなどを持ちネタとする。ブレイクのきっかけとなった『タモリのボキャブラ天国』では、爆笑問題と肩を並べるほどの実力で、彼らに続いて「2代目名人」まで上り詰めた。当時コントによってお互いボケとツッコミを入れ替えしていた。伊勢がセリフをよく噛むため、ボキャブラのオチはすべて河田が言っていた。ボキャブラでのキャッチフレーズは「遅れてきたルーキー」。

BOOMER ボキャブラ天国 NG集 - YouTube

■河田 貴一
BOOMERとして活躍中。
■伊勢 浩二
BOOMERとして活躍中。

ノンキーズ

ノンキーズ(のんきーず)は太田プロダクションに所属していた日本のお笑いコンビ及び歌手である。1992年8月結成、2002年8月解散。
1980年代末、進学や就職のため相次ぎ上京・同じカラオケパブでのアルバイト従業員同士として知り合ったことからコンビを結成、1992年8月に正式に芸能活動開始。当初のグループ名は「ノンキース」であったが当時の所属事務所「ビッグストーン」の倒産などあり太田プロ所属となった。

かつてはボキャブラブームの中、ブレーンが秋元康であったことから「ポストとんねるず」として期待されていた。

ボキャ天 ノンキーズ - YouTube

■白川 安彦
解散後は事務所を退社し、構成作家に転進し現在に至る。
■山崎 晋
ピン芸人「ヤマザキモータース」として活躍中。

パイレーツ

パイレーツは、1997年4月に浅田好未と西本はるかのコンビで結成された、グラビアアイドルとお笑い芸人の折衷型のタレント。2004年に西本の脱退に伴う浅田の事務所移籍に伴い、新たに宇恵さやかともコンビを組んだ。

『ボキャブラ天国』でブレイクした。「だっちゅーの」は1998年は、同年度の新語・流行語大賞を受賞し、さらに1999年にはゴールデン・アロー賞の話題賞を受賞する。

2001年9月、西本が女優を目指すという理由で脱退したために解散する。その後、浅田は事務所を移籍し、宇恵さやかと新生パイレーツを結成したが、ギャグを封印。バラエティ番組への出演を控え純粋にグラビアアイドルとして活動するが、2004年に再解散する。

パイレーツ ボキャブラ天国 - YouTube

■浅田好未
Affectionというアクセサリーブランドのプロデュースをしている。
■西本はるか
2012年8月、MUTEKIにて、アダルトイメージビデオ「Don't you know?」をリリース。

プリンプリン

プリンプリンとは、日本のお笑いコンビ。コンビ名は、田中と出会った当時の加藤の髪型が、プリンのシロップが掛かったようなものだったことに由来する。田辺エージェンシーに所属していたが、フリーの活動を経て現在は三木プロダクションに所属している。

プリンプリン ボキャブラ天国 - YouTube

■田中章
現在は俳優としても活動している。
■うな加藤
現在はショーパブに週6日勤務している(「芸人報道拡大1時間SPあの芸人は今」より)。

ピコ太郎こと古坂大魔王も!

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

9月より、観光バスツアーのVIP Tourより「あご勇」が添乗員を務める観光バスツアー「アゴーハツアー」が催行されます。往年のお笑い芸人のトークを生で体感したい方は要チェック!
隣人速報 | 1,126 view
「底ぬけAIR-LINE」懐かしのボキャ天!メンバーの古坂和仁は古坂大魔王に、そして2016年「PPAP」(ピコ太郎)で世界を席巻!!

「底ぬけAIR-LINE」懐かしのボキャ天!メンバーの古坂和仁は古坂大魔王に、そして2016年「PPAP」(ピコ太郎)で世界を席巻!!

いまや知らない人はいないであろうピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」。実に現代風のネタで爆発したものの、私たち世代はピコ太郎が古坂大魔王であり、元・底抜けAIR-LINEで活躍していた古坂和仁であることを知っています。懐かしのボキャ天やお笑いオンエアバトルなどの動画とともに振り返りましょう。
青春の握り拳 | 14,946 view
突然番組終了した「ダウンタウンのごっつええ感じ」。1990年代お笑い番組の金字塔だった同番組の、番組終了の舞台裏。

突然番組終了した「ダウンタウンのごっつええ感じ」。1990年代お笑い番組の金字塔だった同番組の、番組終了の舞台裏。

1990年代に大人気だった「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ)。松本人志、浜田雅功のダウンタウン、今田耕司、東野幸治はじめいまや吉本の大物芸人たちやYOU、篠原涼子といったこれまた大物タレントがコントに飛び回り、「ガキ使」と並ぶダウンタウンの代表作だった同作品、人気絶頂期に突然打ち切りになった真相とは。
青春の握り拳 | 72,820 view
80年代初め、独特な芸風で人気だった!?『九十九一(つくもはじめ)』今、何してる?

80年代初め、独特な芸風で人気だった!?『九十九一(つくもはじめ)』今、何してる?

80年代初めバラエティー番組で特異な芸風シュールな笑いで世間をにぎわせた九十九一(つくもはじめ)さんいつの日にかサッパリ姿を見かけなくなりました。気になり追ってみました。
ギャング | 4,753 view
消えそうで消えない!?でも見かけない?『にしおかすみこ』どーなった?

消えそうで消えない!?でも見かけない?『にしおかすみこ』どーなった?

かってSMの女王様キャラクターでエンタの神様や27時間テレビなどで活躍し『にしおかぁ~すみこだよぉ~』というフレーズは誰しもが耳にした事はあるのではないでしょうか?最近メディア見かけなくなり気になり勝手に調べてみました。
ギャング | 22,966 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト