日曜の晩御飯時は「びっくり日本新記録」でしたね!大人になったら挑戦したいと思っていました。
2018年5月2日 更新

日曜の晩御飯時は「びっくり日本新記録」でしたね!大人になったら挑戦したいと思っていました。

日曜の晩御飯時といったら「びっくり日本新記録(19:00~19:30)」が定番でした。「次の記録を作るのは、あなたかも知れない。」の言葉に、いつか自分も挑戦したいと思ってました。

27,713 view

「びっくり日本新記録」懐かしくも斬新な企画でお茶の間は盛り上がりましたね!

パパパッ パパパッ パパパッ パパパッ パ~パパ~ッ♪

って、これでは伝わらないですよね。
びっくり日本新記録、大好きな番組でした。

びっくり日本新記録番宣+ - YouTube

びっくり日本新記録とは

『びっくり日本新記録』(びっくりにほんしんきろく)は、日本テレビ系列局ほかで放送された読売テレビ製作の視聴者参加型スポーツアトラクションバラエティ番組。

製作局の読売テレビでは1975年10月5日から1985年10月6日まで(途中休止していた時期あり)、毎週日曜 19:00 - 19:30 (JST) に放送。
ラジコンや背走など、実にユニークな企画が盛りだくさんだ...

ラジコンや背走など、実にユニークな企画が盛りだくさんだった「びっくり日本新記録」

毎回参加者たちが風変わりな競技で記録を競いあっていた番組である。

前期(1975年10月5日 - 1978年3月26日)ではIVSテレビ制作が制作(なお、テリー伊藤こと伊藤輝夫が、初めてADとしてついた番組)。前期はスタジオ放送であり、後に屋外ロケの収録となった。

またこの時期のみ、司会の橋本てつや(現・橋本テツヤ)による「ナポレオンもビックリ!不可能を可能に変える30分!」という前口上が有った。

中期・後期(1978年10月1日 - 1979年3月25日、1979年8月5日 - 最終回)にはオフィス・トゥー・ワンが制作。
テリー伊藤のADデビュー作だったのですね~。
「おめでとう!日本一~!!」でお馴染みでした。

「おめでとう!日本一~!!」でお馴染みでした。

挑戦者が志生野温夫の実況(アフレコ)のもと、競技するのが番組のメインであった(初代司会者橋本テツヤは、ロケ現場にも出かけ、実況も行っていた)。

優勝者には番組が公認した日本記録公認証と豪華賞品が贈られ、表彰式ではアシスタント役の女優が、花のレイとキスをプレゼントし、最後に男性司会者が「おめでとう!!日本一(荒川強啓のみ「やったぜ日本一、おめでとう!!」)」と叫び、その競技のハイライトシーンとナレーションで締めくくる形であった。

なお志生野は、時々収録に参加し、顔を出して自己紹介もしていた。
「記録…それはいつも儚い。一つの記録は一瞬ののちに破ら...

「記録…それはいつも儚い。一つの記録は一瞬ののちに破られる運命を自ら持っている。それでも人々は記録に挑む。限りない可能性とロマンをいつも追い続ける。それが人間なのである。次の記録を作るのは、あなたかも知れない」

中期以降のエンディングは毎回、エンディングテーマが流れると同時に、「記録…それはいつも儚い。一つの記録は一瞬ののちに破られる運命を自ら持っている。それでも人々は記録に挑む。限りない可能性とロマンをいつも追い続ける。それが人間なのである。次の記録を作るのは、あなたかも知れない」のナレーションで締めくくられ、その間は挑戦者達が記録ならずといったシーンがスローモーションで流れていた。

最後に、認定された日本記録のテロップが「日本新記録」と表示される(ただし、次週引き続き競技が放送される場合には「本日の最高記録」と表示された。また、以前にも登場した競技で前回とタイ記録だった場合に「日本タイ記録」と表示されたこともある)。

なお、大野しげひさが司会を務めていた頃のオープニングでは、「日本一、なんとすばらしいことだろう。しかし、あなたにもそのチャンスはある。さあ、人間のロマンと可能性に挑戦しよう!」というナレーションをバックに後述のテーマ曲が流れていた。

初期は記憶力など知的能力を争う内容も多かったが、中期以降は肉体能力を争う方向に特化していった。
「鳥人間コンテスト」はこの「びっくり日本新記録」から独...

「鳥人間コンテスト」はこの「びっくり日本新記録」から独立した番組でした。

ハンググライダーで高い所から飛んで、その飛んだ距離を競う企画『鳥人間コンテスト』は、本番組終了後は特番として独立し、毎年制作される長寿番組となった。

なお、大会の回数は本番組の企画として放送された回から通算してカウントされており、2006年には30回を数えるに至っている。
「鳥人間コンテスト」もこの番組から生まれた企画だったんです。

「レギュラー挑戦者」としてこの人も

チャレンジボーイとして、轟二郎が本名の「三浦康一」で参加!

チャレンジボーイとして、轟二郎が本名の「三浦康一」で参加!

チャレンジボーイとして、轟二郎が本名の「三浦康一」を名乗り参加していた。

ただし、「スターが挑戦!」の時には「轟二郎」として参加した。1984年にチャレンジボーイを引退した。

「逆立ち相撲」で日本一に輝いたこともある。

日本一!なんと素晴らしいことであろう!!

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

元祖グラビアアイドル!アグネス・ラムの「未公開ビキニ」が45年ぶりに発掘!デジタル写真集になって発売決定!!

元祖グラビアアイドル!アグネス・ラムの「未公開ビキニ」が45年ぶりに発掘!デジタル写真集になって発売決定!!

元祖グラビアアイドルとして数々の雑誌を彩ったアグネス・ラムの未公表写真が45年ぶりに発掘!それらを1冊にまとめたデジタル写真集「アグネス・ラム 砂浜の恋人」が、小学館より現在好評発売中です。
隣人速報 | 3,592 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 467 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 193 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 171 view
昔懐かし!あなたのグラビアが居酒屋のポスター&週刊大衆の誌面に!

昔懐かし!あなたのグラビアが居酒屋のポスター&週刊大衆の誌面に!

ネットサービス「マシェバラ」は、双葉社発行「週刊大衆」とのコラボ企画「4代目 大衆居酒屋ポスター・グラビア誌面イメージガール選考オーディション」の参加者を現在募集中です。
隣人速報 | 6,369 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト