「霊長類ヒト科最強の男」マーク・ケアーの栄枯盛衰
2017年7月26日 更新

「霊長類ヒト科最強の男」マーク・ケアーの栄枯盛衰

かつて「霊長類ヒト科最強の男」と呼ばれた男がいた。その名はマーク・ケアー。UFCとアブダビコンバットを連覇しPRIDEでも破竹の勢いで連勝した男の活躍と転落を動画中心に紹介する。

58,271 view

「霊長類ヒト科最強の男」マーク・ケアー

マーク・ケアー(Mark Kerr)

マーク・ケアー(Mark Kerr)

1968年12月21日生まれ
4歳からレスリングを始め、ハイスクール時代にオハイオ州の王者になる。1992年、NCAA優勝。1993年から1994年にレスリング全米選手権連覇。

アマレス時代のマーク・ケアー

1994年、レスリングWorld Cup:100kg級

1997年、総合格闘技へ転身。

総合転身後、いきなりUFC14およびUFC15でヘビー級トーナメントを2連覇。
なかでも当時柔術全盛だった総合格闘技において、ブラジルでは五指に入る柔術家ファービオ・グージェウを総合初挑戦のUFC14にて下したことで、大きな注目を浴びることとなった。

タックルで倒して抑えつけ、パウンドと膝で攻撃するのが基本スタイル。
派手さの無いシンプルな戦い方だが、怪力のケアーにとっては最も効果的な方法であった。

マークケアー vs ファビオ・グージェウ - YouTube

World Vale Tudo Championship 3【決勝】
30分1R 終了 判定3-0でマークケアーの勝利。

マーク・ケアー VS グレッグ・ストット

1997年10月17日、UFC15一回戦。
膝蹴り一発で秒殺!
出典 rutube.ru

1998年、PRIDE参戦

1998年3月15日、PRIDE.2におけるブランコ・シカティック戦でPRIDEデビュー。

マーク・ケアー VS ブランコ・シカティック

ホイス・グレイシーの欠場により、「石の拳」と言われ驚異のKO率を誇ったK-1戦士シカティックとの対戦。
ケアーのタックルに倒されないようにシカティックはロープ掴みを連発し、反則負け。

マーク・ケアー VS ウゴ・デュアルチ

1998年10月11日、PRIDE.4でのウゴ・デュアルチ戦。
ケアーの強烈なタックルとパウンドにデュアルチは戦意喪失。
ブランコ・シカティック、ペドロ・オタービオ、ウゴ・デュアルチ、高田延彦とPRIDEにおいても連勝を重ね、人並外れた筋肉から繰り出される怪力で「霊長類ヒト科最強」と恐れられた。

1999年、2000年 アブダビコンバットを連覇

ADCCサブミッション・ファイティング世界選手権
(通称:アブダビコンバット)
打撃技は禁止され、関節技、絞め技のサブミッションホールドが許可された試合を行う。「寝技世界一決定戦」として知られている。

1999年2月、第2回 ADCC 99kg以上級 優勝。
2000年3月、第3回 ADCC 99kg以上級 優勝。
同大会、無差別級 優勝。

マーク・ケアー VS ジョシュ・バーネット

2000年3月、ADCC一回戦でジョシュ・バーネットと対戦。アームロックで勝利。

転落を感じさせたイゴール・ボブチャンチン戦

1999年9月12日のPRIDE.7でイゴール・ボブチャンチンにグラウンド状態での膝蹴りで失神KO負け。
試合後、反則である4点ポジションでの膝蹴りとの判断でノーコンテストと変更されたが、この頃から精彩を欠き始めた。

マーク・ケアー VS ボブチャンチン

PRIDE.7
1999年11月21日のPRIDE.8でエンセン井上と対戦予定であったが欠場、公式には内臓疾患としか発表されなかったが後のドキュメンタリーで薬物中毒だったことが明らかになっている。

2000年1月30日『PRIDE GRANDPRIX 2000 開幕戦』でエンセン井上と対戦。
からくも判定で勝利する。

転落を決定づけた藤田和之戦。

44 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【プロレスクイズ・覆面レスラー編】集え、往年の覆面レスラーファン!この難問が解けますか?

【プロレスクイズ・覆面レスラー編】集え、往年の覆面レスラーファン!この難問が解けますか?

プププ・プロレスクイズ~!ってなノリでお届けしたい「プロレスクイズ」、今回は覆面レスラー編からの出題。往年の覆面レスラーファンにぜひ遊んでいただきたい、そんな10問をご用意してみました。それではどうぞ!
孤高の求道者は今なおボクシングの夢を追う、西島洋介山!

孤高の求道者は今なおボクシングの夢を追う、西島洋介山!

日本クルーザー級のパイオニアとしてその名を轟かせた西島洋介山を知らない人はいないだろう。手裏剣パンチを武器に闘った地下足袋ファイターは、そのボクサー人生の多くをアメリカで過ごした。またボクサーとして現役を退いた後には、日本国内で総合格闘技やキックボクシングにも出陣することに。様々なバックボーンを持ったファイター達とリング上で相見えてきた西島洋介山、孤高のボクサーはその拳にどんな想いを乗せて闘っていたのだろうか。
2002年、PRIDE.23で引退した高田延彦の「出てこいや!」は決してギャグでなく、90年代Uインターを知る者の涙を誘う名シーンだった!

2002年、PRIDE.23で引退した高田延彦の「出てこいや!」は決してギャグでなく、90年代Uインターを知る者の涙を誘う名シーンだった!

2002年11月24日、PRIDE.23のリングで引退した高田延彦。このとき引退試合の相手を務めた田村潔司への試合後のマイク「お前、男だ!」、そして大会ラストの「Uインター、上がってこいや!」はどちらも流行語となり、以降の高田は「出てこいや!」を持ちネタにすることとなります。しかし90年代Uインターを観ていた者にとって、この時の「上がってこいや!」はギャグなどでなく胸が熱くなる、そして涙を誘う名シーンであったことを忘れてはなりません。
青春の握り拳 | 16,205 view
元K-1ファイター西島洋介をダイエットサービスのトレーナーに起用!

元K-1ファイター西島洋介をダイエットサービスのトレーナーに起用!

元K-1ファイターであり、ボクシングの元クルーザー級世界王座の西島洋介が、ダイエットサービス『BB7』のパーソナルトレーナーに起用されました。本稿では西島洋介山と名乗っていた90年代の活躍もご紹介します。
聴くだけでテンションアップ!PRIDE初期の選手入場曲

聴くだけでテンションアップ!PRIDE初期の選手入場曲

1997年高田延彦 vs. ヒクソン・グレイシーと言う歴史的一線から幕を開けたPRIDE。その後、2000年に入ると全盛期となり、大晦日の風物詩にすらなっていました。そんなPRIDEと言えば、壮絶な殴り合いや巧みな関節技の妙技はもちろんの事、いわゆる「煽り」と言われる入場シーンも見せ場の一つだった。曲を聴くだけでテンションアップ間違いなしのPRIDE初期の選手入場曲を紹介します。今、聴いてもテンション上がりまくりですよ!
yt-united | 32,569 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト