どれくらい読んだ?読書のきっかけをくれたのは赤川次郎
2015年11月10日 更新

どれくらい読んだ?読書のきっかけをくれたのは赤川次郎

作品を量産する赤川次郎。 本屋に行けばいつも新刊コーナーに山積みされていました。

2,337 view

赤川次郎

赤川 次郎(あかがわ じろう、1948年2月29日 - )は、日本の小説家。福岡県福岡市博多区出身。血液型はA型。中野区立桃園第三小学校卒、桐朋高等学校卒業。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映社員の赤川孝一。「赤川次郎」は本名である。
客員教授をされているとは知りませんでしたf(^^;
学生時代本屋に行くといつも目についたのは赤川次郎の新刊。

読んでも読んでも
どんどんどんどん
新しい本が出てくる。

そう、もう追いかけっこでした。

よくこんなに次々と話が書けるなぁ~と思いながら
気がつけばまた手に取っているのでした…
新刊がどんどん出る

新刊がどんどん出る

いったい月に何本書いていたのだろう…
幽霊列車

幽霊列車

1976年 第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞した作品。

その後シリーズ作品として本編だけで24作品。
番外編もあります。
しかし、この時にはまだ作家に専念されてはいませんでした。

三毛猫ホームズの推理

三毛猫ホームズの推理

1978年に発表したこの作品がベストセラー☆

三毛猫ホームズもシリーズ化。
長編だけでも35作品!!

その他短篇集やアンソロジーなども多数出ています。
ここから作家業に専念。
怒涛の執筆がスタートするわけですね。
毎年20冊前後の作品をコンスタントに発表。30年以上の作家生活で500を超える作品を世に送り出し、発行部数も3億部に達しています。
ちょっともう何がなんだか…

スゴすぎます。

シリーズもの

たくさんのシリーズものを抱える赤川次郎。

どのシリーズを読んだことがありますか?
お気に入りのシリーズはありましたか^^?

三毛猫ホームズシリーズ

三毛猫ホームズシリーズ

とにかくたくさん出ています^^;

ドラマ化で色んな人が演じているのも面白いですよね♪
どの人のドラマが好き??
三姉妹探偵団シリーズ

三姉妹探偵団シリーズ

ポッキーの四姉妹可愛かったなぁ~

本とCMの合体?的な映画もありましたね。
吸血鬼シリーズ

吸血鬼シリーズ

わたしはこの吸血鬼シリーズをよく読んだ憶えがあります。
わたしもこの頃"お年ごろ"だったものでf(^^;
「鼠」シリーズ

「鼠」シリーズ

タッキーこと滝沢秀明くん主演でドラマ化されましたね。

そう、あれ。
NHKのあれですわよっ。
著者にとって初となる時代小説。『小説野性時代』(角川書店)にて2003年12月号から断続的に掲載されている。
時代小説も書いてしまう赤川次郎。

映画化

これだけ面白い昨今を書き続けている赤川次郎。
映画化された作品もたくさんあります。
#セーラー服と機関銃(1981年)#

セーラー服と機関銃(1981)- 薬師丸ひろ子 - YouTube

か・い・か・ん
薬師丸ひろ子の可愛さったらっっっ
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

《ピアス》90年代の女子中高生が大人に内緒でやっちゃったこと。。。

《ピアス》90年代の女子中高生が大人に内緒でやっちゃったこと。。。

当時の中高生は、親からもらった体に傷をつけるなんて。。。と言われた人も多いんではないでしょうか?ピアスもその一つで親に話して納得してもらえる子なんてほぼいない時代、ましてや校則違反になるピアス。そんな中当時の女子中高生はどうやってバレずにピアスを開けていたのかを振り返って見ましょう。
【80年代サンリオキャラシリーズ】俳句が得意なたぬきのぽこぽん!『ぽこぽん日記』

【80年代サンリオキャラシリーズ】俳句が得意なたぬきのぽこぽん!『ぽこぽん日記』

80年代を代表するサンリオキャラクターといえば、たぬきのぽこぽんがかわいい『ぽこぽん日記』です!懐かしのキャラクターを振り返ってみましょう!
ロングアゴー | 2,377 view
「ゆめかわいい」雑貨の宝庫!女子中高生に愛されてきた「SWIMMER(スイマー)」が待望の復活!!

「ゆめかわいい」雑貨の宝庫!女子中高生に愛されてきた「SWIMMER(スイマー)」が待望の復活!!

1987年の登場以来、女子中高生を中心に永らく愛されてきた雑貨ブランド「SWIMMER(スイマー)」が、福島の雑貨チェーン「PATTY’S(パティズ)」より待望の復活を遂げることが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,621 view
【耳をすませば】原作は少女漫画だった!聖司くんに兄?夢は画家?映画版との違いを調べてみた

【耳をすませば】原作は少女漫画だった!聖司くんに兄?夢は画家?映画版との違いを調べてみた

「耳をすませば」といえばジブリの人気作品ですが、実はオリジナル作品ではなく少女漫画が原作なんです。しかも原作と映画版ではかなり設定が違うらしく、初めて原作を読む人は驚いてしまうのだとか。どんな違いがあるのか気になりますよね?さらに、変更された設定の中には宮崎駿監督がこだわった部分も!「耳をすませば」の原作と映画版の違いを徹底的に調べてみました。
ミチ | 3,499 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

親が作家の有名人【女性5選】

親が作家の有名人【女性5選】

山村紅葉、阿川佐和子、高見恭子など、親が作家として活躍した5名の女性有名人についてスポットを当ててみたいと思います。
昭和の未解決事件にスポットを当てた『昭和の黒い霧 証言・松本清張が追った未解決事件簿』が好評発売中!

昭和の未解決事件にスポットを当てた『昭和の黒い霧 証言・松本清張が追った未解決事件簿』が好評発売中!

宝島社より、昭和の文豪・松本清張がノンフィクション作品で取り上げた未解決事件について特集した『昭和の黒い霧 証言・松本清張が追った未解決事件簿』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 1,826 view
黄昏の文学 人情と無垢の直木賞作家、浅田次郎の名作品

黄昏の文学 人情と無垢の直木賞作家、浅田次郎の名作品

昭和半ばから平成にかけて、文化と文学の黄昏とも呼べる時代があった。同じ時代を指して黄金期であったという声もある。あの時代には誰がいたのか。何が書かれていたのか。今回は今なお人気を誇る直木賞作家、浅田次郎の作品を取りあげる。
冬子の群青 | 480 view
栗本薫、幻の未発表原稿が配信!「栗本薫・中島梓 傑作電子全集」には《ぼくらシリーズ》の第2作目が!

栗本薫、幻の未発表原稿が配信!「栗本薫・中島梓 傑作電子全集」には《ぼくらシリーズ》の第2作目が!

「グイン・サーガ」に代表される天才的作家、栗本薫の未発表作品の原稿が見つかりました。見つかった原稿は《ぼくらシリーズ》の続編。
『文芸カドカワ』最新号が配信中。赤川次郎、法月綸太郎、夢枕獏、吉本ばなな等々

『文芸カドカワ』最新号が配信中。赤川次郎、法月綸太郎、夢枕獏、吉本ばなな等々

KADOKAWAのエンタメ小説誌『文芸カドカワ』(電子書籍雑誌)2017年9月号(No.33)が8月10日より配信されています。新連載小路幸也、読み切り法月綸太郎、赤川次郎の連載最終回、吉本ばななの対談等。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト