過酷な試練をクリアして大ヒットした「ポケットビスケッツ」はモー娘。やAKBにも通じるものがありました。
2018年8月26日 更新

過酷な試練をクリアして大ヒットした「ポケットビスケッツ」はモー娘。やAKBにも通じるものがありました。

90年代、「ポケビ」の愛称で人気を博したポケットビスケッツ。バラエティの企画にしてはあまりにも過酷な条件下で戦っていた彼らが、ここまで支持を得たのはある意味当然だった気がします。そんなポケビの軌跡を振り返ります。

20,130 view
2018年8月の24時間テレビ41では、まさかのポケビ復活でした!

ポケットビスケッツとは

『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』から誕生

『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』から誕生

ポケットビスケッツ(POCKET BISCUITS)は、日本テレビ系の当時の看板バラエティ番組、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』から誕生した音楽ユニット。通称ポケビ。
ウッチャンナンチャンの内村光良(TERU)、タレントの千秋(CHIAKI)、キャイ〜ンのウド鈴木(UDO)の3人組から成り、1995年から2000年まで活動。
主な発表曲に、それぞれ100万枚以上の売上を記録した『YELLOW YELLOW HAPPY』、『Red Angel』、オリコン週間チャートで1位を獲得した『POWER』など。
同番組から後発されたブラックビスケッツと共に、番組が生んだ2大ユニット、2大スターなどと呼ばれた。

Amazon.co.jp: ポケットビスケッツ, 松任谷由実, 内村光良, ウド鈴木, パッパラー河合, 和田薫, UDO, CHIAKI : THANKS - ミュージック

¥7,150
[THANKS] ポケットビスケッツ, 松任谷由実, 内村光良, ウド鈴木, パッパラー河合, 和田薫, UDO, CHIAKI - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。

ポケtットビスケッツ結成まで~当初はおまけ扱い

あくまでも結果として登場したユニットだったんですよね、ポケビは。
「Mckee」

「Mckee」

当初の売り出し予定は「Mckee」の3人。

-高山理衣
-国生さゆり
-室井滋
1995年10月20日、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!』(以下、ウリナリ)の前身番組『 ウッチャンウリウリ!ナンチャンナリナリ!!』 で始まった「スーパースター誕生」という企画に活動の端を発する。

当初は「ポケットビスケッツ」という存在は企画の予定に入っておらず、高山理衣をアジアへ売り出すことが主なテーマであり、テル(内村)と千秋は、南原清隆扮する音楽プロデューサー・南々見一也が利用する居酒屋の店長と看板娘という設定の脇役だった。

その後企画が進み、オクトアーツEMIから「3人組の女性ユニット」という条件でデビューの話がもたらされた。高山以外の2名について、千秋も含む番組企画参加者3名を対象にオーディションが行われたが、南々見の事務所社長・白石恵(国生さゆり)と高山の事務所社長・滋花実(室井滋)が指名され、千秋は選に漏れた。

私的にも歌手になることを目標としていた千秋はこの結果に泣き出し、これを庇ったテルが咄嗟に「第2のマモーミモー作ってやるダニ」と叫んだことから、もうひとつの音楽ユニットを作ることが決まった。

テルの台詞は全くのアドリブであり、番組の企画総合演出を担当した土屋敏男は「あのやりとりがなかったら、ポケビは存在しなかった」と語っている。

12月1日の放送回で女性3人組ユニットの名前を決めることになり、こちらは高山が提案した「McKee(マッキー)」に決まった。内村・千秋のユニットには、高山のマネージャー・独活野大木として企画に参加していたウド鈴木が提案した「ポケットビスケッツ」が宛がわれた。

直後にテルが独活野をポケットビスケッツに引き抜き、テル、千秋、ウドの3人で活動を開始した。この時点ではポケットビスケッツはまだMcKeeの添え物扱いであった。

勝負に勝って「ポケットビスケッツ」デビュー

ポケットビスケッツ Rapturous Blue フィリピンデビュー - YouTube

デビューライブはフィリピンで
McKeeは後藤次利、ポケットビスケッツはパッパラー河合プロデュースによるデビューが決まり、CD発売に先立ちフィリピンでライブが行われた。

両者のデビュー曲は共に1996年4月17日の発売と決まり、「オリコン週間チャートでより上位を獲得した曲を番組のエンディングテーマとする」という対決企画へ進んだ。

順位発表は5月10日の番組内で行われ、McKeeのデビュー曲「Can't Stop My Heart」が28位、ポケットビスケッツのデビュー曲「Rapturous Blue」はこれを上回る25位となり、ポケットビスケッツが勝利した。

以後企画はポケットビスケッツを中心に展開し、McKeeは1作のみで自然消滅した。

その後「Rapturous Blue」チャート20位まで上昇し、10週連続で100位以内に留まり、累計50万枚以上を売り上げた。作曲を担当したパッパラー河合は、「始め、曲を作った時は、これは売れそうだなとか、ヒットさせてやろうなんていうことは考えてなかったし、のちのちこれほど売れるだろうとは予想してなかったですね」と語っている。また、作詞を担当した千秋は「番組の企画モノ」という雰囲気の中で、どこまで真面目に作ればよいのか悩みながらの作詞であったという。

7月12日には番組内で第2弾シングル「YELLOW YELLOW HAPPY」の製作を発表、CD発売に際しては「普通の番組では考えられない予算」(番組ディレクター・塩谷祥隆)を投じて、前回作られなかったプロモーションビデオが製作された。

発売後、テルが「Rapturous Blueの最高20位に届かなかったら解散」という条件を出したが、初登場で8位に入り、活動継続となった。同作の最高位は4位、累計約150万枚を売り上げている。

千秋 - Yellow Yellow Happy

作詞:ポケットビスケッツ 作曲:パッパラー河合

対決路線での展開~「負ければ即解散」の連続

このガチなハードルと根性。
後のモーニング娘。やAKBグループにも通じると思うのです。
10月25日の放送では、南々見一也が台湾出身のタレントビビアン・スーを連れて現れ、「祝・ヒットチャートベスト10入り企画」と銘打って15種類の利き酒を行うことを要求。

「成功したら初ライブ・失敗したら即解散」という条件で対決が行われた。ポケットビスケッツはこれに勝利し、初めてのライブ開催が決定した。

当初は原宿で行われる予定だったが、予想を上回る聴衆が集まったため中止となり、後日新宿アルタ前で改めて開催された。

開演前には南々見から再度「利き寿司」対決を持ち掛けられたが勝利を収め、直後に約5000人の聴衆を前に初ライブを行い、「YELLOW YELLOW HAPPY」を披露した。この頃から事あるごとに様々な対決を持ち掛けられ、「できなかったら即解散」という条件が付く対決路線が始まった。

その後、3作目の発売までに至る一連の対戦にもことごとく勝利し、翌1997年1月24日に第3弾シングル『Red Angel』が発売、初登場2位を記録した。発売直前の1月10日には、南々見一也の双子の兄という設定の南々見狂也と、ビビアン(ビビアン・スー)、天山ひろゆき(キャイ〜ン・天野ひろゆき)で結成されたブラックビスケッツが初登場、以後両ユニットの対決が展開されていった。

4月には「Red Angel」の売上げが100万枚を突破、同じくミリオンを達成していた「Yellow Yellow Happy」と共に、東芝EMIからゴールドディスクが贈られた。パッパラー河合はこの2曲のヒットについて、「チアキのボーカルとか作詞の力も大きかった」と述べている。

「ポケビ効果」により、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!』自体も視聴率20%を超える人気番組となった。

ポケビ「Red Angel」 PV .flv - YouTube

【快進撃】アルバム発表~日本武道館ライブ

5月2日の放送において、ファーストアルバムを製作することがテルから発表された。

発売に先立ちアルバムから1曲をシングルカットすることになり、4曲の候補の中からウドがメインボーカルを務める「Green Man」が選ばれた。この決定には当初ウド自身も反対していたが、7月4日に発表されたオリコンチャートで初登場3位を記録し、番組中で感泣した。

パッパラー河合は「ウドのボーカル曲はそのうち注文が来るだろうなとは思ってたけど、まさかシングルカットとは思っていなかった」と語っている。なお、河合が4作目に考えていたのは、アルバムの1曲目に収録された千秋ボーカルの「Pink Princess」であった。

7月14日にファーストアルバム『Colorfull』が発売され、初登場3位を記録した。この2カ月後、企画上「ポケットビスケッツの邪魔者」という扱いに過ぎなかったブラックビスケッツの台湾デビューが決定。以後しばしブラックビスケッツが前面に押し出され、ポケットビスケッツは一時的に活動休止状態となった。

この最中にブラックビスケッツは9月に台湾において第1弾シングル『闘志』を発表し、2週連続の1位を獲得、『STAMINA』と改題して12月に発売された日本では初登場2位を記録した。12月12日の放送でポケットビスケッツとブラックビスケッツが台湾で合同ライブを行ったのち、年末の日本武道館ライブの権利を賭けて「ガソリンすごろく対決」を行い、ポケットビスケッツが勝利。12月28日(放送は翌1998年1月9日)に初めての本格的ライブとして日本武道館で単独公演を行った(ブラックビスケッツも後から出演)。このステージでは、千秋が歌の最中に感極まり、声を詰まらせる場面もあった。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 10,903 view
ミスチルの音楽で育ったミドルエッジ世代必見!10月5日の「アメトーーク!」はMr.Children芸人特集!!

ミスチルの音楽で育ったミドルエッジ世代必見!10月5日の「アメトーーク!」はMr.Children芸人特集!!

テレビ朝日系で放送中の人気バラエティ「アメトーーク!」の3時間SPにて、“Mr.Children芸人”が特集されることが番組公式Twitterにて明らかとなりました。放送日程は10月5日19:00から。
隣人速報 | 1,123 view
清水アキラ、ビジーフォー、栗田貫一、コロッケ…あの「ものまね四天王」が26年ぶりにテレビ番組で共演!!

清水アキラ、ビジーフォー、栗田貫一、コロッケ…あの「ものまね四天王」が26年ぶりにテレビ番組で共演!!

かつてフジテレビの「ものまね王座決定戦」で一世を風靡したタレント、清水アキラ、ビジーフォー(グッチ裕三・モト冬樹)、栗田貫一、コロッケが、6月20日放送のフジテレビ系バラエティ「梅沢富美男のズバッと聞きます!」に出演することが明らかとなりました。
隣人速報 | 5,835 view
20歳差は当たり前!若い嫁さん(婿さん)を貰った芸能人ランキング!!

20歳差は当たり前!若い嫁さん(婿さん)を貰った芸能人ランキング!!

最近よく見かけるようになった(?)10歳どころか20歳以上の年の差カップル。この記事では年の差婚をしている芸能人の中で、主に20世紀から活躍している人に焦点を当ててご紹介したいと思います。
となりきんじょ | 28,421 view
ポケットビスケッツ、デビュー20周年記念のシングルコレクションを発売!!「ポケビのこと、忘れないでね」

ポケットビスケッツ、デビュー20周年記念のシングルコレクションを発売!!「ポケビのこと、忘れないでね」

タレントの千秋、ウッチャンナンチャンの内村光良とキャイ~ンのウド鈴木によるユニット・ポケットビスケッツが、デビュー20周年を記念したシングルコレクション「THANKS 20th Edition ~Pocket Biscuits Single Collection+」を発売した。これは、ベストアルバム「THANKS」を20周年記念エディションとしてリイシューしたものだ。
red | 1,387 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト