「NO FEAR」で一世風靡!ワイルドを標榜する大森隆男があまりにも紳士すぎる件。
2016年11月25日 更新

「NO FEAR」で一世風靡!ワイルドを標榜する大森隆男があまりにも紳士すぎる件。

「NO FEAR」とヒールで暴れながらも、その下にジェントルマンが滲み出てしまっていた大森隆男。全日本プロレス~プロレスリング・ノア~WJ~ZERO1-MAX~フリー~全日本プロレスとプロレス界の荒波をワイルドとジェントルの両方で乗り越えてきた大森隆男選手を知ってもらいたい!!

18,529 view

ビジュアルと体格は超一流!でもハートが優しすぎる大森隆男

まずは個人的な大森隆男ベストバウトをご覧頂きたい。
2004年7月18日 両国国技館 三冠ヘビー級選手権試合 川田利明vs大森隆男である。
前年にWJに移籍を表明していたが、WJ自体の運営がうまくいかず、半ばフリーとして活動していた2004年。
ノアと袂を分かった古巣である全日本プロレスに乗り込んでの三冠ヘビー級のタイトルマッチ。
川田との死闘はまさに全日本プロレスを体現した試合であった。試合後半の川田のエグイ攻めを耐え抜く大森隆男。是非、このベストバウトを見てワイルドを体感して頂きたい。

KAWADA TOSHIAKI vs OMORI TAKAO 2004 7 18 - YouTube

アメフト選手からプロレスラーへ

城西大学時代はアメリカンフットボールの選手として活躍。アニマル浜口ジムで身体を鍛えた後、全日本プロレスに入団する。端正な顔立ちで、かつ恵まれた体格をしていたが、入門後はなかなか芽が出ず、人の良すぎる性格もあり伸び悩み、苦しい日々が続いた。
城西大学アメリカンフットボール部

城西大学アメリカンフットボール部

日本では珍しいがアメリカではアメフトからプロレスラーになる選手も多い。
有名なところだとボブ・サップやレスナー、そしてスタン・ハンセン、ファンク兄弟もアメフト経験者である。
城西大学でアメフトに勤しんだ大森隆男は、アニマル浜口ジムへと入門し、プロレスラーの道を歩み始める。
アニマル浜口トレーニングジム

アニマル浜口トレーニングジム

プロレスラーの登竜門とも言えるアニマル浜口ジム。
単にプロレスラーを育成するだけではなく、人間形成をする道場としてのアニマル浜口ジムでもある。あのテレビに映っているアニマル浜口が全てではないのだ。
アニマル浜口ジムから念願の全日本プロレスに入団。練習生からのスタートだったが、一方永遠のライバルとも言える秋山は、後楽園ホールで小橋健太とのデビュー戦だった。

ライバル秋山との闘い~「NO FEAR」結成

華々しくデビューした秋山とは異なり、練習生からのスタートとなった大森隆男。
同期である2人はタッグを組み、アジアタッグ王座を獲得する。初めてのタイトルである。この頃からタッグマッチの素質が芽生え、後のタッグ王座獲得にも繋がっていく。
タッグマッチでは、結果を出していたのだが、この頃の全日本プロレスは「四天王プロレス」の最盛期とも言える時代。その厚い壁に跳ね返され続けていた頃、ライバルである秋山が5人目として認知されていくのである。
秋山とのアジアタッグ王座獲得

秋山とのアジアタッグ王座獲得

1996年に会社の指名によりWWEに派遣されてロイヤルランブルに出場するなど、会社の期待を受けるまでに成長していたが、いまだブレイクできていない状態だった。
そこで産み出したフィニッシュが代名詞ともなったアックスボンバーである。
アックスボンバー

アックスボンバー

1999年、UWFインターナショナル、キングダムから高山善廣が全日本プロレスへと移籍してくる。
共に長身であった2人がタッグを結成したとき、全日本プロレスらしくない化学反応が起こる。それが「ノーフィアー」現象であった。
長身でイケメンだったがブレイクしきれなかった大森と長身でU系のバックボーンでも全日のプロレスに馴染めていなかった2人が組んだことでそれぞれ殻を破ることになるのであった。
NO FEAR

NO FEAR

1999年5月、東京ドームで行われたジャイアント馬場引退記念興行で大森、高山、オブライトのトリオで参戦し、同時にチーム名「NO FEAR」を発表。この頃から威勢のいい言動が目立つ様になり、様々な展開を作り出すスタイルの新日本プロレスならまだしも、ファイト重視の全日本のリングにおいてテレビカメラに向かって傲岸不遜な態度で自らをアピールし異彩を放った。

プロレスリング・ノアへの移籍、そして退団。

プロレスリング・ノア旗揚げ時

プロレスリング・ノア旗揚げ時

2000年8月に三沢光晴らによって設立されたプロレスリング・ノアへ移籍。
全日本プロレス在籍レスラーのほとんどが移籍する異例の事態であったが、旗揚げ時の写真撮影のポジションを見ると2列目にいることで会社からの期待がわかる。
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

全日本プロレスの大森隆男選手と東京03の豊本さんのネット番組「ライブ選書」に潜入取材レポート!

全日本プロレスの大森隆男選手と東京03の豊本さんのネット番組「ライブ選書」に潜入取材レポート!

ミドルエッジではお馴染み、もうレギュラーと言っても過言ではない全日本プロレスの大森選手がなんと東京03の豊本さんと本について熱く語るネット番組「ライブ選書」に出演されるということで潜入取材をしてきました。無類の読書好きとして有名な大森選手とプロレスフリークとして有名な豊本さんとのトークは必見です!
【秋山準】策士の役を買って出た秋山準、プロレスリング・ノアが一気にメジャー団体に駆け上がった影の立役者はこの人か。

【秋山準】策士の役を買って出た秋山準、プロレスリング・ノアが一気にメジャー団体に駆け上がった影の立役者はこの人か。

全日本五強⇒プロレスリング・ノアのエース⇒全日本プロレス社長へ。波乱万丈のマット界で常に自ら仕掛け行動し続ける賢者、そして「鉄人」バーニング小橋建太の永遠の盟友でもあった秋山準を追う。
青春の握り拳 | 7,721 view
【秋山準&大森隆男 独占インタビュー①(秋山準編)】デビュー25周年!全日本プロレス秋山社長が語る、これまでとこれからの全日本プロレス!

【秋山準&大森隆男 独占インタビュー①(秋山準編)】デビュー25周年!全日本プロレス秋山社長が語る、これまでとこれからの全日本プロレス!

10月21日にデビュー25周年記念大会を横浜文化体育館で行う秋山準・全日本プロレス社長。全日本プロレスの象徴である馬場さんにスカウトされての入団から25年。今は全日本プロレスの社長を務めている秋山選手に、25周年記念大会を迎えるにあたって、これまでとこれからの全日本プロレスをミドルエッジ読者に対して語って頂きました。
時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第9話

時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第9話

とある町の1台しか在庫を持たない中古車屋”ガレージ MIDDLE EDGE”。店主は性別不明の「マツ・ド・デラックス」。そしてその2階には謎の探偵「松田K介」と助手の「富田葵」が事務所を構える。そこには店舗に飾られた「名車」に係る「依頼人」が訪れ、様々な人間模様が・・・・。第1話は「日産レパード」を中心に親子の絆を再確認させるため時空探偵「マツ・de・DX」が時を超えて奔走する!!ベテラン実力派漫画家「なかがわひろき」×昭和の生き証人「山本圭亮」がお送りするSF昭和ファンタジー!ミドルエッジだけで読めるスペシャル連載が満を持して登場!!
大森隆男のWILD懺悔室 ~後悔する奴にはアックスボンバー!~第9回

大森隆男のWILD懺悔室 ~後悔する奴にはアックスボンバー!~第9回

人生には誰でも後悔していることや昔のトラウマを引きづっていることが1つや2つあるはず。しかし、そんな後ろ向きな考えてでは残りの人生を損をしてしまう。後悔している事を大森選手にアックスボンバーをしてもらい人生の荒波を超えていく企画である!!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト