【アカデミー賞歴代】20世紀を語るならこれ!過去受賞作品一挙勢揃い
2017年3月10日 更新

【アカデミー賞歴代】20世紀を語るならこれ!過去受賞作品一挙勢揃い

今年87回を数えるアカデミー賞。こちらがが受賞されるわけでもないのに妙にドキドキ緊張したりします。歴代の作品賞を網羅。振り返ります。

4,595 view

アカデミー賞(Academy Awards)

アカデミー賞(アカデミーしょう、Academy Awards)は、アメリカ映画の健全な発展を目的に、キャスト、スタッフを表彰し、その労と成果を讃えるための映画賞。授与されるオスカー像から、単にオスカー(Oscars)とも呼ばれる。
「Who's going home with Oscar?」

「Who's going home with Oscar?」

オスカー像

第1回~アカデミー賞(20年代~60年代)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f7/Bundesarchiv_Bild_102-07770,_Berlin,_R%C3%BCckkehr_Emil_Jannings_aus_Amerika.jpg/123px-Bundesarchiv_Bild_102-07770,_Berlin,_R%C3%BCckkehr_Emil_Jannings_aus_Amerika.jpg (628427)

初代アカデミー賞受賞作品は『つばさ (1927/1928)』

『ブロードウェイ・メロディー (1928/1929)』
『西部戦線異状なし (1929/1930)』
『シマロン (1930/1931)』
『グランド・ホテル (1931/1932)』
『カヴァルケード(大帝国行進曲) (1932/1933)』
https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTGzzI8nW-KyriclG78mA6erHxHHsAQzzp82sf3c9nxGkBo1F66 (628428)

アカデミー作品賞は、その年のアメリカで上映された最も優れた映画5本を候補に選び、その中の1本にこの名誉が与えられる。アカデミー賞の候補投票は会員がそれぞれ属する分野のみの投票であるが、作品賞だけは全会員が5本候補を選んで投票する。
『或る夜の出来事』1934

『或る夜の出来事』1934

『戦艦バウンティ号の叛乱』1935
『巨星ジーグフェルド』1936
『ゾラの生涯』1937
『我が家の楽園』1938
11th Spencer Tracy,Bette Davis

11th Spencer Tracy,Bette Davis

『風と共に去りぬ』1939

『風と共に去りぬ』1939

子供の頃観ても良さがちっとも分らなかった風と共に去りぬ。でも大人になったら分かりました。アメリカ人が愛する理由もよく分かりました。
『レベッカ』1940

『レベッカ』1940

『わが谷は緑なりき』1941
『ミニヴァー夫人』1942
『カサブランカ』1943
『我が道を往く』1944
『失われた週末』1945
https://genchan.net/wp/wp-content/uploads/kasaburanka.jpg (628434)

カサブランカより
http://boss.wonder-mix.com/photo/gentleman.jpg (628435)

『我等の生涯の最良の年』1946
『紳士協定』1947
『ハムレット』1948
『オール・ザ・キングスメン』1949
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-97-ce/sonogono_pony/folder/1194844/17/31470017/img_2?1265969102 (628436)

ハムレットより
『イヴの総て 』1950

『イヴの総て 』1950

『巴里のアメリカ人』1951
『地上最大のショウ』1952
『地上より永遠に』1953
『波止場』1954
『マーティ』1955
『八十日間世界一周 』1956

『八十日間世界一周 』1956

『戦場にかける橋』1957
『恋の手ほどき』 1958
『ベン・ハー 』1959
『アパートの鍵貸します』1960
https://genchan.net/wp/wp-content/uploads/ben-hur.jpg (628440)

ベン・ハーより

ベン・ハーはアカデミー賞最多11部門受賞作品。
この記録はまだ破られていない。

*タイタニックやロード・オブ・ザ・リングがタイ記録。
しかしベン・ハーはこの2つの映画が取れなかった演技部門を2つ受賞している。

Ben-Hur (1959) HD trailer - YouTube

『ウエスト・サイド物語』1961

『ウエスト・サイド物語』1961

『アラビアのロレンス』1962
『トム・ジョーンズの華麗な冒険』1963
『マイ・フェア・レディ』1964

『マイ・フェア・レディ』1964

『サウンド・オブ・ミュージック』1965
『わが命つきるとも』1966
『夜の大捜査線』1967
『オリバー!』1968
『真夜中のカーボーイ』1969
47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

鬼才・近田春夫のカルトムービー「星くず兄弟の伝説」がワールドプレミア上映決定!パッケージ版もリリース!!

鬼才・近田春夫のカルトムービー「星くず兄弟の伝説」がワールドプレミア上映決定!パッケージ版もリリース!!

1980年代サブカルチャーを代表する伝説のカルト・ムービー「星くず兄弟の伝説」が、2018年10月5日よりスペインにて開催される第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭で正式上映されることが決定しました。
隣人速報 | 436 view
映画『愛しのアイリーン』が大ヒット公開中!原作者・新井英樹からの描き下ろしイラストが到着!

映画『愛しのアイリーン』が大ヒット公開中!原作者・新井英樹からの描き下ろしイラストが到着!

幸せを買った男と、シアワセを夢見たフィリピーナ。二人で歩む、地獄のバージン・ロード――。9月14日より全国公開中の映画『愛しのアイリーン』の原作者・新井英樹から、映画『愛しのアイリーン』描き下ろしイラストが到着しました。
隣人速報 | 490 view
【訃報】俳優の菅井きんさん92歳で死去。「必殺仕置人」の姑役、「家なき子」のババア役、「太陽にほえろ!」「砂の器」「功名が辻」など。

【訃報】俳優の菅井きんさん92歳で死去。「必殺仕置人」の姑役、「家なき子」のババア役、「太陽にほえろ!」「砂の器」「功名が辻」など。

俳優、名脇役で知られる菅井きんさんが8月10日に亡くなっていたことが公表された。心不全だった。
ブルーハーツの名曲を豪華キャストで映画化!『ブルーハーツが聴こえる』全国公開中

ブルーハーツの名曲を豪華キャストで映画化!『ブルーハーツが聴こえる』全国公開中

1995年に解散した伝説のパンクバンド「THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)」の名曲を6人の監督が映像化したオムニバス映画「ブルーハーツが聴こえる」が4月8日から全国公開。各映画には永瀬正敏、豊川悦司らが出演している。
昭和のドラマの役柄イメージあるある!

昭和のドラマの役柄イメージあるある!

昭和時代はドラマの役柄も個々イメージがありました。今ではこんな人が?とか意外性ウケたりする時代に当時は、まんまベタなイメージでした。その辺のあるあるをまとめてみました。
ギャング | 20,459 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト