マサカリ投法で相手を倒す! 男の中の男だった村田兆治のプロ野球物語に熱くなれ
2016年11月25日 更新

マサカリ投法で相手を倒す! 男の中の男だった村田兆治のプロ野球物語に熱くなれ

ロッテ一筋22年、村田兆治について まとめました。60代になった現在でも130kmを超えるストレート、フォークも投げています。まさに伝説の男ですね。

5,429 view

ロッテ一筋! 村田兆治とは

http://stat.ameba.jp/user_images/20141112/22/tgmlv-shtlv/6e/d2/j/o0293045213127341724.jpg (795796)

村田 兆治(むらた ちょうじ、本名:村田 長次(読み同じ)、1949年11月27日 - )は広島県出身の元プロ野球選手(投手)・野球指導者・野球解説者。

プロ野球選手を志したのは小学5年のとき、父に連れられて広島市民球場へナイターを観戦しに行ったことがきっかけだった。
初めて生で見るプロの試合に鳥肌が立つほど興奮し、それ以来、プロ野球選手以外の将来は考えられなくなったという。

速くて球質が重い、いわゆる剛のつく速球は天賦の才と言ってよく、進学した福山電波工業高校(現:近畿大学附属広島高等学校福山校)時代から、スピードガンがあればその球速は既に152、153km/hをマークしていただろうと言われ[1]、県内でも屈指のピッチャーとして
有名だった

出典:ウィキペディア村田兆治

男村田のプロ入り~マサカリ投法誕生!

http://mainichi.jp/graph/sports/200victory/image/017.jpg (795798)

プロ入りは1968年。
まだ東京オリオンズというチーム名でした。
1年目は大した活躍もできず過ごしていましたが
2年目には6勝(5完封)という活躍をしたのです。

ちなみにプロ入りしてからもこの頃までは村田兆治の
投球フォームはオーソドックスなオーバースローでした。

ここからフォームの改造に取り組むのですが、その
きっかけになったのが2年目のシーズンだったそうです。

あの年はね、のちの村田兆治を作るためのターニングポイントだったんです。たしかに5完封はしました。でも6勝。じゃあ、ほかの先発の試合、オレは何をやっていたんだろう(この年、先発は20試合)。こういうことではダメだ。そこから、自分を鍛え直していったのです。

 あのころは、のちのように大きく振りかぶらず腕の上げ方は小さかった。左足の上げ方も小さかった。これを力感のあるフォームに変えたかった。両腕を高く、高く上げて、仁王立ちのようにして、左足も高く上げる。そこからグ~ッと沈み込んでタメを作り、また持ち上げて投げ下ろす。のちにマサカリ投法と名付けていただいた、あのフォームを作り始めるワケです。

マサカリ投法の誕生~全盛期へと

http://blog-imgs-37.fc2.com/p/h/o/photohappy/Kawa012.jpg (795801)

写真は村田vs門田

当時のパ・リーグの強打者はフルスイングが基本。
後に清原との対決ではフルスイングに対してストレートで
勝負したいという気持ちになったと語っています。
野球というスポーツを超越した勝負があったのでしょう。
1976年にはフォークボールを習得する。人並み外れた長い指が生み出す
切れ味鋭い変化は、ことごとく打者のバットに空を切らせた。
同年シーズンは257回を投げて21勝を挙げると同時に、防御率1.82で
最優秀防御率のタイトルを獲得。202奪三振もリーグ最多であった。
捕手に頼らず「ノーサイン」で自分で投球を組み立てていたため、
同年から1979年まで4年連続で2桁暴投を記録した。
1979年は32試合に先発して自己最多の21完投・230奪三振を残す。
1981年には開幕11連勝を飾り、19勝で最多勝のタイトルも獲得し、
鈴木啓示、山田久志、東尾修らと共に1970年代から1980年代の
パ・リーグを代表する投手となった。

1981.11 村田兆治 日米野球 - YouTube

フォークボール習得についての裏話

http://www.famitsu.com/images/000/018/965/l_5017a05c36f73.jpg (795805)

今でもフォークボールを投げるトレーニングは欠かさないそうです
当時のフォークの名手・村山実に教えを請うたところ、「24時間ボールを握る」というアドバイスをされ、実践した[10]。指にボールを挟んだまま縄でくくりつけて眠ることで、フォークの握りを体に覚えさせようとしたのである。しかし、あまりの激痛に就寝どころではなくなり、結局一度試しただけで二度とやらなかったという。
こんなエピソードも……
フォークボールの握りを深くしようとするあまり、人差し指と中指の間にナイフで切り込みを入れたこともある。習得後も、右手の中指と人差し指の間に牛乳瓶や特注の鉄の球を挟んだり、ドアを開けるときもノブを中指と人差し指で挟んで開けるなど、日々のトレーニングを欠かさなかった。夫人によれば、村田が中指と人差し指でビール瓶をはさむと、夫人が引っ張っても抜けないという。
こうして生まれたフォークボールと威力バツグンのストレートで
全盛期を築き上げたんですね。
元南海ホークスの野村克也は「村田のフォークボールの癖はすぐ分かったけど(野村によれば、村田がフォークボールを投げるときはモーションに入る前にグラブの中をちらと覗いていたという)、分かっていても打てなかった」
65歳でも落差のあるフォークを投げています。

村田兆治氏、御年65歳、マー君の握りでSFF投げる - YouTube

肘の故障で選手生命の危機~カムバック後の活躍

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/22/0000986822/12/imgf0c10a1fzikdzj.png (795814)

順調に活躍していましたが、82年に肘の故障。
83年になっても改善が無く、当時としては異例の
トミージョン手術に踏み切ります。

当時は肘にメスを入れることはタブーと考えられて
いましたから、相当な覚悟が必要だったと思います。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

クイズ【ファミコン版・ファミスタ】懐かしい当時の選手やチームに関する問題です。

クイズ【ファミコン版・ファミスタ】懐かしい当時の選手やチームに関する問題です。

ファミコン世代の野球ゲームと言えばナムコの「ファミリースタジアム(ファミスタ)」ですよね。そんな懐かしいファミスタに関するクイズです。ファミコン世代なら簡単かも?!
あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』にて連載された野球漫画の名作、あだち充の『タッチ』。『月刊少年サンデー』の人気コーナー「カメントツの漫画ならず道」にあだち充が登場し、タイトルの意味をサラリと告白し、ファンを驚かせている。
マサカリ投法・村田兆治 「昭和生まれの明治男」と呼ばれ、フォークを武器にロッテ一筋で完投にこだわった野球人生でした

マサカリ投法・村田兆治 「昭和生まれの明治男」と呼ばれ、フォークを武器にロッテ一筋で完投にこだわった野球人生でした

ロッテの大投手、マサカリ投法の村田兆治。「サンデー兆治」や「昭和生まれの明治男」と呼ばれました。途中、フォークボールを習得後、更に成績を伸ばしました。最後までロッテで過ごし、完投にこだわりを持った大投手でした。
ひで語録 | 12,606 view
清原和博 オリックス時代 想い続けた「あと1本、ホームランが打ちたい」そして引退!!

清原和博 オリックス時代 想い続けた「あと1本、ホームランが打ちたい」そして引退!!

清原和博の最後の戦い。大手術後、パワーを失ってしまった肉体。でも想い続けた「あと1本、ホームランが打ちたい」引退試合で、王貞治から贈られた花束と言葉!
RAOH | 738 view
清原和博  愛と笑いと涙の巨人時代

清原和博 愛と笑いと涙の巨人時代

ドラフト会議で裏切られたと感じた巨人への移籍。 合理的でクールな関東の最強球団を関西系の番長が盛り上げた。
RAOH | 1,410 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト