巨大ロボットシリーズの先駆け 「マジンガーZ」と「グレート・マジンガー」を振り返る。
2016年6月2日 更新

巨大ロボットシリーズの先駆け 「マジンガーZ」と「グレート・マジンガー」を振り返る。

子供時代に胸をアツくした巨大ロボットアニメ。超合金の人気もあって私たちは夢中で応援しましたよね。そんな数あるロボットアニメの先駆けともいえる不朽の名作「マジンガーZ」「グレート・マジンガー」。デザインのよく似ている2機体を、今一度振り返ってみましょう。

19,018 view

まずは懐かしいオープニング♪

アニソン マジンガーZ OP - YouTube

グレートマジンガー OP STEREO - YouTube

マジンガーZ & グレート・マジンガー

マジンガーZとグレート・マジンガー、どちらも大人気でした

どっちがどっちか、憶えていますか?

どっちがどっちか、憶えていますか?

グレート・マジンガーの方が尖がっていますね

グレート・マジンガーの方が尖がっていますね

左:マジンガーZ 右:グレート・マジンガー

左:マジンガーZ 右:グレート・マジンガー

左:マジンガーZ 右:グレート・マジンガー

左:マジンガーZ 右:グレート・マジンガー

出典 i.gzn.jp

テレビアニメ版のストーリー

マジンガーZ

マジンガーZ

先史時代の人種・ミケーネ人の古代遺跡の調査チームの一員だったDr.ヘルは、偶然に巨大ロボット群を発見。これを使った世界征服を企み、ロボットの発掘後他の調査員達を殺害するが、兜十蔵博士には逃げられてしまう。
十蔵はDr.ヘルの野望を阻止するため、光子力で動く超合金Z製のロボット「マジンガーZ」を秘密裏に建造するが、あしゅら男爵達の襲撃を受けて十蔵は死亡。
今際の際にDr.ヘルの野望を伝えマジンガーZを孫の甲児に託した。甲児は亡き祖父の遺志を継ぎ、マジンガーZの力でDr.ヘルの野望を打ち砕くために戦い始める。
Dr.ヘルの部下は、ミケーネの貴族夫婦のミイラを一体化したあしゅら男爵、ナチの鬼将軍のサイボーグであるブロッケン伯爵、マサイ族の頭部にピグミー族の上半身を合成したピグマン子爵。兵器はミケーネ人の遺産である巨大ロボットを改造した機械獣。
虎の腰から人間の上半身が生えたミケーネ帝国の使者・ゴーゴン大公とも手を組み、ミケーネの技術で製造された強力な「妖機械獣」を貸与される。
激闘の末、Dr.ヘルの野望を打ち砕いた甲児。しかし、地球制圧を目論むミケーネ帝国が一行の隙を突き、本格的に地上侵攻を開始。その先兵として突如姿を現した戦闘獣たちの前に、ヘルとの激闘で深い傷を負っていたマジンガーZは太刀打ちできず敗北を喫する。
あわやこれまでと思われた時、グレートマジンガーと名乗る超巨大ロボットが姿を現し、甲児とマジンガーZの危機を救う。グレートマジンガーの正体とは、甲児の父、兜剣造がミケーネ帝国の侵攻に備えて密かに開発していた、マジンガーZを超える超ロボットであった。
その操縦者・剣鉄也に戦いの使命を譲り、科学者である父と祖父の血を引く者として科学の研鑽を積むべく甲児がさやかと共にアメリカ留学へ旅立つところで物語は幕を閉じる。

マジンガーZ 最終回 - YouTube

マジンガーZの最終回にグレート・マジンガーが登場!!
グレート・マジンガー

グレート・マジンガー

天才科学者・兜剣造博士は、実験中の事故で瀕死の重傷を負ったが、父・十蔵博士の手により、サイボーグとして蘇った。その後、きたるべきミケーネ帝国との戦いにそなえ、父十蔵の設計したマジンガーZをパワーアップさせたグレートマジンガーを製作。孤児の剣鉄也と炎ジュンを引き取り、パイロットとして育成しながら戦いの日に備えていた。
息子・甲児がマジンガーZでドクター・ヘルと戦っている間、兜剣造はその戦いを見守るのみであった。だがドクター・ヘルの敗北後、地底に潜んでいたミケーネ帝国が地上侵略へと乗り出す。
彼らの兵器「戦闘獣」の前にマジンガーZはたちまち追いつめられてしまう。この時、ついに兜剣造はグレートマジンガーを出撃させた。剣鉄也のグレートマジンガーは初出撃で戦闘獣を一蹴してその力を示した。以後、マジンガーZに代わってグレートマジンガーが地上を防衛する任に就き、ミケーネとの新たな戦いが始まったのである。

巨大ロボットシリーズの先駆け

国内だけでなくヨーロッパでも大人気

国内だけでなくヨーロッパでも大人気

巨大な人型ロボットに主人公が乗り込み操縦するという、「巨大ロボットアニメ」と呼ばれる分野に分類される初めての作品。
TV放映は2年近い長期放映となり、続編の『グレートマジンガー』『UFOロボ グレンダイザー』と合わせると4年を越える長期シリーズとなった。
永井は本来はシリーズとしては2部、もしくは3部作として構想されており、完結編にはゴッドマジンガーを冠させる予定であったと、文庫版マジンガーZのインタビューなどで語っている。
アニメの方は日本で視聴率が最高30%を超える大ヒットを果たした後、日本以外でも放映され、視聴率80%を稼いだスペインやイタリアなどヨーロッパを初めとして世界各国で人気を博している。スペインにはマジンガーZの像がある。
以降のロボット作品に多大な影響を与えました

以降のロボット作品に多大な影響を与えました

ロボットに数々の超兵器を内装装備させること、パートナーとなる女性型ロボットアフロダイA・ダイアナンAの登場、三枚目のお笑い担当ロボットボスボロットの登場、飛行用パーツ・ジェットスクランダーの登場、新兵器の追加や弱点の克服といったパワーアップ描写、主役機体の交替(最終回におけるグレートマジンガーの登場)など、後続のロボットアニメで多用される要素を数多く生み出した。
現在では当たり前となった補給やメンテナンスなどの後方支援が本格的に描かれたのも本作の光子力研究所が最初である。
デザイン面においても後続作品に大きな影響を残し、三白眼をはじめとする本作のロボットのデザインラインが後続の巨大ロボットの多くに色濃く影響を残している。
また、「上腕と腹と大腿部が白」の配色は、マジンガーシリーズとは直接関係の無いコン・バトラーV、ボトムズ、実写特撮のダイデンジンにまで踏襲され、以降、1970年代を通じて巨大ロボットの基本配色となった。現在でも、この配色の影響下にあるロボットデザインは多い。

両機体のデザイン上の違い

原作者・永井による初期の『Z』のデザインは『グレート』と同じ

原作者・永井による初期の『Z』のデザインは『グレート』と同じ

原作者・永井による初期の『Z』のデザインは『グレート』と同じであり、その後永井が描いたマジンガーシリーズの漫画では、『グレート』のデザインを使った作品も見受けられる。
なお、対外的な『グレート』のデザインの公表は、頭部(顔)の部分だけが、1974年春にテレビマガジンを事務局とする「マジンガーズクラブ」の会員証(ライセンス)カードに用いられたのが初出とされている。
当初、「『Z』の顔デザインのアレンジか?」と思わされるなど、多くの子供たちは新キャラクターのそれとは気づかなかったという。

頭部

35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 流れ星☆ミ 2017/12/19 19:55

    2018.01.13より、劇場版マジンガーZ/INFINITYが公開されますが、鉄(くろがね)のムビチケは限定1000枚版も2000枚版も1週間と経たずに完売状態。
    2018.02発売予定の『劇場版マジンガーZ/INFINITY』版マジンガーZ「METAL BUILD」シリーズ(柳瀬敬之氏アレンジ、価格は21,600円(税込))も、劇場公開を待たずして既に予約受付を終了してしまいました。
    この熱狂ぶりは一体何なのか?と驚く程に、アイテム入手は困難を極めています。チェックした処、価格も過去商品が逆に値上がりして、1万、2万は当たり前。5万、20万、50万と続き、更には過去商品ではありませんが、新劇場版に合わせて、プラチナ製の1400万、純金製の1900万円もの模型品が売り出されている有り様で、バブルの再来を彷彿とさせます。
    映画の観客など関心を持った人達が、比較的手頃な価格帯で購入出来る新製品があれば良いのですが…。
    人気声優を起用するなど機転を利かせたせいか、尋常ならざるものを感じます。
    ファン道は厳しくも激しい。というよりも、激し過ぎます。。。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
【クイズ】懐かしい名作テレビアニメ(1970年代編)

【クイズ】懐かしい名作テレビアニメ(1970年代編)

あの名作アニメの登場人物や名シーン、主題歌など…。 1970年代の懐かしいテレビアニメに関する10問クイズです。
【クイズ】集え、キン肉マン博士ども!この難問にアナタはいくつ答えられますか?

【クイズ】集え、キン肉マン博士ども!この難問にアナタはいくつ答えられますか?

みんな大好き「キン肉マン」。ストーリーは憶えている方が多いことでしょうが、そんなキン肉マン(王位争奪編まで)から、ちょっとマニアック?な出題を10問作成してみました。我こそは!と思う方、ぜひ挑戦して下さいませ!
『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

1970年代から人気を集めている少女マンガ『ベルサイユのばら』の最新13巻が1月25日に発売することを記念して、22日まで大相撲一月場所にオスカルの懸賞幕が毎日登場する。
red | 986 view
【ベルばら】オスカルとアンドレの“幻の結婚生活”を表現したティーカップセット

【ベルばら】オスカルとアンドレの“幻の結婚生活”を表現したティーカップセット

男装の麗人・オスカルと幼馴染にして彼女の従卒であるアンドレの“叶わなかった結婚生活”を表現したティーカップ&ソーサーセットが登場。2017年に45周年を迎える漫画『ベルサイユのばら』と高級陶磁器メーカー『ノリタケ』のコラボで実現した。
ribbon | 1,738 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト