カラオケで熱唱してた尾崎豊の世界
2015年9月15日 更新

カラオケで熱唱してた尾崎豊の世界

80年代、若者のカリスマと言えばやはり「尾崎豊」。カラオケボックスでは、まるで自分が尾崎かのように酔いしれている熱唱がこだましていた。今、聴いても胸アツになるカラオケで熱唱してた尾崎豊の世界をプレイバックしています。

8,856 view

カラオケで熱唱してた尾崎豊の世界

尾崎豊。80年代、若者たちは彼の歌詞に、魂に憧れ、カリスマとして崇めていた。カラオケボックスでは、まるで自分が尾崎になったかのように酔いしれている熱唱がこだましていた。
今、改めて聴いても、歌っても胸アツになるカラオケで熱唱していた尾崎豊の世界をプレイバックしてみましょう。
http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/d0efdcd19dc80847004af0548254adfe6009b84a.73.2.9.2.jpeg (1329070)

http://image.news.livedoor.com/newsimage/5/1/5155b16328c49e2f7d49c22d0afbef87.jpg (1329071)

尾崎 豊(おざき ゆたか、1965年11月29日 - 1992年4月25日)は日本のミュージシャン、シンガーソングライター。青山学院高等部中退。血液型はB型。
1983年12月、シングル「15の夜」とアルバム『十七歳の地図』でデビュー。

破滅的で体当たりなパフォーマンスや自己の内面を抉り出すような赤裸々な歌詞の中で、真実の愛や夢、生きることの意味を追い求め、学校や社会の不条理に立ち向かう心の叫びのようなその音楽の世界が1980年代から1990年代初頭にかけての若者を中心に 多くの人から共感を呼び、カリスマ的存在となる。その作品と活動と精神性は、日本の音楽シーンに多大なる影響を与え、作品に迸るメッセージは、亡くなってから20年以上経過した現在でも多くのファンやミュージシャンからリスペクトされている。

1992年、あまりにも若すぎる26歳での突然の死は、当時、社会的にも大きな衝撃を与えた。死後20年を過ぎてもなお、尾崎を慕うものは絶えず、新たなファンを生んでおり、彼が遺した曲の数々は多くのアーティストにカバーされ続けている。

ジャクソン・ブラウン、ブルース・スプリングスティーン、ビリー・ジョエル、浜田省吾、佐野元春、井上陽水、アナーキー、甲斐バンドらに強い影響を受けている。

卒業 - GRADUATION

その名の通り、卒業シーズンの定番ソング。
カラオケの締めでみんなで合唱したり、今、思うとあの歌っている瞬間こそ青春だったように思えてきます。
「夜の校舎窓ガラス壊してまわった」とか、昭和の不良の象徴的な歌詞が泣ける。

(歌詞付き)尾崎豊 / 卒業 - YouTube

出典 youtu.be
歌詞の一部が過激とされ、「不良」のイメージを植え付けられる一方で、若者に支持されることとなる。実際、当時の全国の中学校・高校で影響を受けた学生が歌詞の通り「夜の校舎 窓ガラス 壊してまわった」という。尾崎自身はこの曲によってマスメディアから『反抗する若者のカリスマ』、『十代の教祖』と呼ばれるのを嫌い、また影響を受けて窓ガラスを割った若者に対して「そういう風(窓ガラスを割ること)でしか、自分の思いを表現できない人たちに対して、責任も感じている。」と語っている 。繁美夫人は尾崎の死後に、尾崎自身は「あの曲を書いていた時は、(窓ガラスを)割らなかった」と語っている。

I LOVE YOU

尾崎ファンでなくとも知っている尾崎豊の代表的ソング。
まさに自分に酔いしれるNo,1曲で、なかにはギターを持ち込んで弾き語りする強者もいたりして。
イケメンや歌ウマだと女子からも評判が良いが…

尾崎 豊 - I Love You(Live) - YouTube

出典 youtu.be
この曲が創作された経緯は、尾崎のデビュー・アルバムである『十七歳の地図』の制作も終盤に差し掛かった際に、プロデューサーである須藤晃の提案で、「曲が足りないからバラードを書いてきて」と言われ、尾崎はその場で「あ、良い曲あります。『I LOVE YOU〜♪』って感じの曲なんですけど」と返答し、須藤も「うん、いいじゃない。そういう感じで書いてきてくれる」とのやり取りで創作された。

しかし、須藤の見解では「僕はその場で即興で口ずさんだ可能性が高い気がする。もともとあった曲なら、それ以前にテープで渡しているはずだし。曲作りをしていたときに、大学ノートの歌詞を見ながら、その場で僕に歌って聞かせたのと似た感じだったんじゃないだろうか」と述べている。

また、「歌詞になるべく英語を使わないと言っていたわりには、やっぱり急場しのぎでつけたようなタイトルだもの、今にして思うと。でも急場しのぎって、すごくいいものができる。つまり、結局そこに実力が出ちゃうからなんだ。前々から用意したものっていうのは、その人の音楽的なイヤらしいクセとかも出ちゃうのね」とも述べている。

また、同曲のイントロ部はアレンジャーの西本明が作曲した。

生前のライブでもほぼ欠かさず演奏されており、彼の死後も様々なメディアに使用され、また多くのミュージシャンによってカバーされている。

尾崎本人としてはそれほどの楽曲とは認識しておらず、さらなる完成度の高い楽曲の制作を目指していた。

十七歳の地図

熱唱系の歌が多い中、カラオケでもみんなで盛り上がるアップテンポな曲。
肺活量を相当必要として、終わりには酸欠状態に(笑)
カラオケボックスで汗びっしょりになり熱唱していたものです。

尾崎豊『十七歳の地図-SEVENTEEN'S MAP-』 - YouTube

出典 youtu.be
当時、青山学院高等部の生徒だった尾崎が、学校帰りに夕日を見に訪れていた渋谷駅前の東邦生命ビルの屋上テラスで街並みを眺めていたときに着想した曲である。そのため、屋上テラスにはこの曲の一部の歌詞が刻まれた記念碑が設置されている。サビの部分の歌詞は「珍しく会社から早く引き揚げた日、家に帰る途中の歩道橋の上で、ぼんやりと夕陽を見ていたら、涙が出てきてしまってね。忙しい仕事、妻と小さな子供二人。青春には、もう永遠に戻れないほど年齢を取ってしまった気がしたんだ」というプロデューサーの須藤の話にヒントを得たとも言われている。この話に対して、尾崎は「歩道橋に立って夕陽を見ていると、強く生きていかなければと思う。やっていかなければと思う」と答えたという。

1996年に発売された未発表音源アルバム『無題』に収録されている『Street Blues』は本作の原曲。タイトルは中上健次の小説『十九歳の地図』から引用された。すべてのライブツアーで演奏されている曲のひとつでもある。

デビューアルバム『十七歳の地図』からのシングルカットであり、シングル化に当たって再レコーディングされ別バージョンとなっている。このシングルバージョンは長らくCD化されておらず、CD-BOXである『TEENBEAT BOX』(1995年)に収録された『RARE TRACKS』にて初CD化された。

COOKIE

クッキーを何に例えているのか、当時も熱く語っていたりして。
今、歌詞を改めて見てみると、今の社会情勢を言い当てている気がするのは私だけでしょうか…

(歌詞付き)尾崎豊 / COOKIE - YouTube

出典 youtu.be
47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

カラオケの第一興商が「昭和の歌」リクエストランキングを発表!尾崎豊「I LOVE YOU」が1位を獲得!

カラオケの第一興商が「昭和の歌」リクエストランキングを発表!尾崎豊「I LOVE YOU」が1位を獲得!

4月29日の“昭和の日”を前に、株式会社第一興商が、昭和時代に発売された楽曲のDAMカラオケリクエストランキング調査の結果を発表。1983年に発売された尾崎豊の「I LOVE YOU」が1位だった。
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 105,280 view
カラオケの定番曲『小さな恋のうた』が映画化!ロケの最新情報をまとめました!

カラオケの定番曲『小さな恋のうた』が映画化!ロケの最新情報をまとめました!

沖縄が生んだ人気ロックバンド・MONGOL800(モンパチ)。デビュー20周年に際して、カラオケの定番でもある名曲『小さな恋のうた』が実写映画化されます。2018年10月からは撮影が地元沖縄で始まっています。最新情報をお伝えします。
【「尾崎豊」といえばこの曲!】といって1曲あげるならどれ?

【「尾崎豊」といえばこの曲!】といって1曲あげるならどれ?

今なお絶大な影響力を誇る伝説的シンガーソングライター「尾崎豊」。当時の若者のうつうつとした心をまっすぐに射抜き、一気にカリスマ的存在となった「尾崎豊」の名曲について語ろう!
井上あずみとJOYSOUNDがコラボキャンペーンを開催!おなじみの曲を歌ってコンサートチケットをあてよう!

井上あずみとJOYSOUNDがコラボキャンペーンを開催!おなじみの曲を歌ってコンサートチケットをあてよう!

歌手デビュー35周年を迎えるにあたり「井上あずみ 35周年コンサート~My very best」を開催する井上あずみさん。コンサートにあわせ、JOYSOUNDは同コンサートのチケットが当たる「井上あずみ×JOYSOUNDコラボキャンペーン」を7月15日より開始しました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト