数多くのプログラマーを育て輩出した【マイコンBASICマガジン】
2015年11月10日 更新

数多くのプログラマーを育て輩出した【マイコンBASICマガジン】

マイコンBASICマガジン、通称『ベーマガ』に育てられたというパソコン少年は非常に多かったのではないでしょうか。

14,378 view

マイコンBASICマガジン

http://s-sasaji.ddo.jp/bm/bm8810.jpg (1372187)

電波新聞社が1982~2003年に発売していたコンピュータ雑誌。通称『ベーマガ』。創刊当時はパソコンという言葉は一般的ではなく、BASICの習得がパソコンの入門だった。当時は互換性のないBASICが何十種類もあり、それらに対応するソースコードが誌面の多くを占めた。内容は主にゲームであったが、電卓やカロリー計算などの実用ソフトやゲーム音楽のプログラムのソースも掲載。プログラムやコンピュータの入門誌であり、手広くアプリケーションやゲームの情報を網羅し、現在のプログラマやSEなど、多くのエンジニアを育てた雑誌といえる。

出典:next.rikunabi.com
毎月数十機種分の投稿プログラムが載っていました

毎月数十機種分の投稿プログラムが載っていました

誌上の大部分を占めるBASIC言語のプログラムリストが最大の特徴でした。
昔のパソコンは機種同士の互換性がなかったので、この雑誌に載っている自分のパソコン向けの投稿プログラムをコツコツと入力したものです。

ゲーム情報誌としてのベーマガ

http://zigsow.jp/img.php?filename=mi_109792_1350198853_1314605357.jpg&w=480&h=480&a=a (1372190)

1983年11月号からアーケードゲーム等の情報を扱う「スーパーソフトマガジン」という別冊付録が付くようになる。ナムコの開発室から提供されたゼビウスに関する様々な設定情報などは、現在でも貴重な資料としての価値をもつ。パソコンゲームの攻略法が載っていた時期もあり、山下章、手塚一郎などが執筆していた。巻末には全国のゲームセンター100店舗に及ぶ協力店から寄せられた「ハイスコアランキング」(当時は通信機能搭載のゲーム機は無かった)が掲載され、腕自慢にわざわざ協力店に出向いてハイスコアを叩き出すゲーマーもいた程である。当時としては他に類を見ない濃い内容のコンピュータビデオゲーム情報誌の側面を持っており、むしろこちらのほうを目的として買う読者も多かった。1985年1月号より「スーパーソフトコーナー」として巻末に一体化することになる。また、アダルトゲームに関する情報を一切掲載しないのも特徴の一つである。

広告掲載や関連記事掲載、また同社が発売しているアーケードゲームよりの移植パソコン向けゲームソフトウェアの開発といった事情にも絡み、ナムコやセガ・タイトーといった大手のアーケードゲームメーカーとの間に築かれた関係も深く、精力的にメーカー内の開発者を交えて、内部開発資料から起こした高品質のゲーム紹介記事を掲載するなどしていた。しかし、次第にゲームメーカーの群雄割拠から、全てのゲームメーカーを網羅しきれなくなり、1980年代末から1990年代初頭には、他社ゲーム専門誌に読者を奪われる結果となった。
出典:wikipedia
出典 zigsow.jp

名物ライター

私に解けないAVGはない! 山下章

私に解けないAVGはない! 山下章

1983年、攻略するのに1年ほど掛かると言われていたアドベンチャーゲームを短期間で攻略し、その解法を本にしようと原稿を纏め持ち込みを行った。最初の持ち込み先には断られたものの、電波新聞社へ持ち込んだ際に連載を持ちかけられマイコンBASICマガジンにて「チャレンジ!アドベンチャーゲーム」の連載を開始、ゲームライターとしてデビューする。芸能、漫画方面を中心に多方面に精通した引き出しの広い軽妙な語り口と、群を抜いたゲームスキルで、カリスマライターとしての地位を確立する。格言「私に解けないAVGはない!」は、当時のパソコン少年に大きな感銘を与えた。
出典:wikipedia
Mr.萩の月 見城こうじ

Mr.萩の月 見城こうじ

 手塚一郎氏と作った同人誌「BGM」を編集部に送った事がきっかけでライターに。アーケード・ゲームを担当。アイデア重視のキャラクターゲームを好み、特にナムコとタイトーのゲームが好き。萩の月が好物。

出典:www.north-wind.ne.jp/~yoshino/sougou/c/kenjyou.html
「失礼なっ!」

「失礼なっ!」

 見城こうじ氏がNHKの「YOU」という番組に出演した際に、「ビデオゲームなんてやっても何の見返りもないんじゃないですか?」という一般雑誌記者に対して、叫んだとされるセリフ。見城氏の口癖。

出典:www.north-wind.ne.jp/~yoshino/sougou/c/kenjyou.html
それにしても、当時バリバリ現役の大学生だったのに、なぜこんな中年ネタが…
見城氏が中年扱いを受けたのは、当時レスアベに掲載された見城氏の顔写真が、かなり老け顔に見えたためだと思われる。

萩の月とは

仙台銘菓

仙台銘菓

販売元は株式会社菓匠三全。バラ売りで1個120円。類似品が多いことでも知られる。見城こうじ氏の好物で、読者の闘技場で何度もネタにされた。

出典:www.north-wind.ne.jp/~yoshino/sougou/c/kenjyou.html
当時、ベーマガを見ていてどれほど食べてみたかったか……

ベーマガ編集部

「マイコン」誌から誕生した人物で、以下のメンバーが漫画やOFコーナー、コラムなどで描かれていた。稀にライターやマイコンソフトのプログラマー、奥村印刷の担当者が登場する事もあった。
影さん

影さん

サングラス・マスク・トレンチコートがトレードマークのダメ編集部員。読者にとっては一番親しみやすい存在で、OFコーナーなどで度々遊ばれていた。
触れたパソコンが爆発するという特技を持つ、と描かれていた。
出典:wikipedia
つぐ美ちゃん

つぐ美ちゃん

編集部の紅一点。当初はアイドル的存在だったが、初登場時から休刊までずっと年齢が20歳のままであり、読者から度々突っ込まれるようになった。誕生日は11月11日。「パソコンレクチャー」では生徒役。
出典:wikipedia
Dr.D

Dr.D

デバッグ博士(ドクター・デバッグ)。主にCHECKER FLAGで、読者のプログラムにやや辛口の批評を付けていた。「パソコンレクチャー」では教師役。時に投稿者のバグを放置して掲載し、修正を促す厳しい側面も。
出典:wikipedia
編さん

編さん

影さんと対をなす真面目な編集部員。「マイコン」ではまじめな編1、おなじくまじめな編2、関西弁でボケ担当の編3と分かれていた。中日ドラゴンズファン、コラムス名人、エドモンド本田使い、などの特徴で知られる。
出典:wikipedia
43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 1,965 view
スーパーマルオ、ピーチワールド、ストリップファイターⅡ――知っている人なら知っている〝アヤシイゲーム〟をまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中!

スーパーマルオ、ピーチワールド、ストリップファイターⅡ――知っている人なら知っている〝アヤシイゲーム〟をまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中!

天使たちの放課後、ミスピーチワールド、ストリップファイターⅡ、ハイレグファンタジー、そしてハッカーインターナショナル! セーフなのかアウトなのかよくわからない〝非公認ゲーム〟についてをまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中。
ニュースFレン | 14,053 view
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,231 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 639 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 269 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト