【男子テニス】才能のカタマリ・ボリス ベッカーはなぜ時代を作れなかったのか?
2016年11月25日 更新

【男子テニス】才能のカタマリ・ボリス ベッカーはなぜ時代を作れなかったのか?

爆発力のあるプレーで見るものを魅了したボリス・ベッカー。才能は素晴らしいものがありましたが、もっとブレイクしてもおかしくない選手でした。

15,251 view

ボリス・ベッカー

http://blog-imgs-52.fc2.com/l/o/n/lonelywombat/glf0912231254000p1.jpg (1436277)

ブンブンサーブと名付けられたビッグサーブが代名詞のボリスベッカー。サーブ&ボレーを主体としたプレースタイル、どちらかと言えば速攻型のプレーヤーです。
リターンゲームではストローク主体でプレーするのが普通だったので、オールラウンダー寄りとも言えます。

長い期間トップ10を維持していた息の長いプレーヤーです。
国籍:ドイツ 出身地:ライメン
1967年11月22日(47歳)
身長:190cm  体重:85kg

デビュー:1984年  引退年:1999年
ツアー通算:64勝  シングルス:49勝  ダブルス:15勝
生涯通算成績:967勝350敗  
シングルス:713勝214敗  ダブルス:254勝136敗

ウィンブルドン優勝・通算3回

http://www.shoesmaster.jp/pub/wp/wp-content/uploads/2014/10/33004238-w-600.jpg (1436280)

1985年、ウィンブルドン選手権にて、大会史上最年少の「17歳7ヶ月」で初優勝を飾る。世界ランキング38位のノーシードから勝ち上がり、決勝で南アフリカのケビン・カレンを 6-3, 6-7, 7-6, 6-4 で破った。
1986年にも同選手権決勝で決勝に進み、悲願の初優勝を目指したナンバー1のイワン・レンドルを破り、18歳で大会2連覇を達成。
http://cache2.asset-cache.net/gc/573348533-boris-becker-of-germany-during-the-mens-gettyimages.jpg?v=1&c=IWSAsset&k=2&d=9QMziWNtBI6whP66vhs4ocu4g4j8Nf2stRjzsgKXD5SWuYo7n%2By08X7V0C5HVnD02xgohG9xUocH2kQnBaBzOw%3D%3D (1436283)

1988年から1991年にかけて4年連続で同選手権の決勝に進出する。そのうち1988年から1990年前は3年連続でステファン・エドベリと決勝で対戦した。1989年はエドベリを破って優勝を果たしたが、1988年と1990年には敗れている。

Becker Lendl Wimbledon 1989 highlights - YouTube

1989年・レンドル戦
リターンが冴えていたベッカーの勝利です。
出典 youtu.be
ボルグやマッケンローといった選手よりもある意味ではウィンブルドンに愛されたプレーヤーとも言えるのではないでしょうか。
優勝は3回、決勝進出は85、86、88~91、95年の7回です。ウィンブルドンの勝利数は71勝を数えます。

4大大会優勝・通算6回

http://cache1.asset-cache.net/gc/548206249-tennisspieler-brd-in-wimbledon-1992-gettyimages.jpg?v=1&c=IWSAsset&k=2&d=X7WJLa88Cweo9HktRLaNXrIA1%2F0osiXSip0rttCnQtrPEt%2BikgAw9DHLJxn6kmthv%2FtLLDnrhRXCZhqU5Zl0aA%3D%3D (1436288)

1989年にウィンブルドンに続いて全米を制し、初めてウィンブルドン以外のグランドスラムタイトルを獲得した。 その後1991年には全豪オープンでも初優勝を果たし、キャリア終盤の1996年には2度目の全豪制覇を成し遂げている。1996年の全豪決勝では、ベッカーと同じく17歳でグランドスラム初優勝を果たしたマイケル・チャンと好勝負を繰り広げた。 ベッカーの全仏オープンの最高成績はベスト4である(1987年・1989年・1991年)。 ベッカーは全仏を筆頭にクレーコートでは1つもタイトルを獲得できなかった。
4大大会はウィンブルドンの3回以外にも全豪2回、全米1回優勝しており、通算6勝です。80年代後半から90年代前半までに5勝をあげており、ベッカーの全盛期と言える時期かもしれません。

96年の全豪優勝以降はグランドスラムの出場もほとんどなくなり、99年のウィンブルドン4回戦でラフターに負けたのが最後でした。

ツアー最終戦・優勝3回

http://baseballtennis.reestar.info/wp-content/uploads/2014/05/final.jpg (1436292)

ベッカーはATPワールドツアー最終戦のATPワールドツアー・ファイナルも優勝3回を誇ります。決勝進出の回数は8回、キャリア終盤の94~96年までは3年連続の決勝進出です。

ツアーファイナルはランキング上位8名の招待となる大会であり、その年の最終戦です。誰が勝っても不思議はないハイレベルの大会なのです。

ベッカーの8回を超えるのはレンドル(優勝5回)、フェデラー(優勝6回)の9回の2名のみです。
90年代最高のプレーヤーとも言われるサンプラスは6回の決勝進出、優勝3回です。

ライバル・エドバーグとの対戦成績

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-e0-8b/arod13nyjp/folder/1365080/29/65467429/img_2_m?1437001254 (1436295)

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

テニス全米オープン決勝で“大坂なおみ”に破れた『セリーナ・ウィリアムズ』の半端ない凄さ!!

テニス全米オープン決勝で“大坂なおみ”に破れた『セリーナ・ウィリアムズ』の半端ない凄さ!!

9月8日(日本時間9日早朝)テニス・全米オープンの女子シングルス決勝戦で大坂なおみと対戦し惜しくも敗れてしまった、あえての『セリーナ・ウィリアムズ』選手に注目してみました。色々と調べてみると物凄い選手というのが分かりました。
ギャング | 5,019 view
松岡修造!!!  反骨の御曹司、リアルエースを狙え、ラケットを握ったサムライ

松岡修造!!! 反骨の御曹司、リアルエースを狙え、ラケットを握ったサムライ

独特のキャラクターと熱血ぶりで「太陽神」と恐れ崇められる男。 その現役時代は世界の頂点に挑んだが、決して天才タイプではなく力んでしまう不器用なタイプの選手。 ボールを思い切り打って、ひたすらボールを追いかけるというスタイルは、決してスマートでなくケガも多かった。 しかしその感情を込めたパワーは圧倒的だった。
RAOH | 6,630 view
【男子テニス】1980年代のウィンブルドン決勝の組み合わせと優勝者を振り返る

【男子テニス】1980年代のウィンブルドン決勝の組み合わせと優勝者を振り返る

ウィンブルドンの決勝戦は特別です。タイトルを取った選手は最高の栄誉として認められるのです。今回は80年代の決勝を振り返り、その栄誉を手にした選手をまとめてみました。
bohemianrhapso1 | 19,569 view
テニス界の異端児アガシがグランドスラム初優勝を果たした1992年ウィンブルドン

テニス界の異端児アガシがグランドスラム初優勝を果たした1992年ウィンブルドン

1992年のウィンブルドンで優勝したアガシの活躍。そして後に結婚するグラフとのエピソードを紹介。
きちんとチキン | 16,332 view
【テニス】同じ“ベスト8”でも錦織圭と松岡修造では賞金額に5倍の開き!?≪ウィンブルドン2015≫

【テニス】同じ“ベスト8”でも錦織圭と松岡修造では賞金額に5倍の開き!?≪ウィンブルドン2015≫

1995年のウィンブルドンで松岡修造がベスト8となったのは有名な話。もし今年のウィンブルドンで錦織圭がベスト8となった場合の驚きの賞金額は…?
ヤマダゴロー | 6,828 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト