【男子テニス】1980年代のウィンブルドン決勝の組み合わせと優勝者を振り返る
2017年3月29日 更新

【男子テニス】1980年代のウィンブルドン決勝の組み合わせと優勝者を振り返る

ウィンブルドンの決勝戦は特別です。タイトルを取った選手は最高の栄誉として認められるのです。今回は80年代の決勝を振り返り、その栄誉を手にした選手をまとめてみました。

18,106 view

1980~89年・ウィンブルドン決勝戦・組み合わせ

ウィンブルドンは4大大会の中でも権威のある大会です。
1980年代はそれまでのウッド製のラケットからカーボンなどの新素材に変わり始めた時代です。サービスやストロークのスピードアップし、新しい選手も続々と現れました。今回はそんな年代のウィンブルドンの決勝戦を振り返ってみようと思います。
http://internet-homework.com/wp-content/uploads/2015/03/E382BBE383B3E382BFE383BCE382B3E383BCE38388.jpg (1312390)

1980年 ビョルン・ボルグ(5) ジョン・マッケンロー
   
1981年 ジョン・マッケンロー(1) ビョルン・ボルグ

1982年 ジミー・コナーズ(2) ジョン・マッケンロー

1983年 ジョン・マッケンロー(2) クリス・ルイス

1984年 ジョン・マッケンロー(3) ジミー・コナーズ

1985年 ボリス・ベッカー(1) ケビン・カレン

1986年 ボリス・ベッカー(2) イワン・レンドル

1987年 パット・キャッシュ(1) イワン・レンドル

1988年 ステファン・エドベリ(1) ボリス・ベッカー

1989年 ボリス・ベッカー(3) ステファン・エドベリ
一部改変

1980年 ボルグの5連覇かマッケンローの初優勝か

1980年ウィンブルドン男子シングルス決勝、第4セットのタイブレークは、20世紀のスポーツ史上でも類を見ないほど壮絶なものとなった。立役者はディフェンディング・チャンピオンであったビヨン・ボルグとアメリカのジョン・マッケンローだ。

ボルグは当時24歳で、ウィンブルドン5連覇を狙っていた。一方21歳のマッケンローは、1977年に予選を勝ち上がって初めて準決勝まで進んでいたが、今回が初の決勝進出であった。
優勝:ビョルン・ボルグ

優勝:ビョルン・ボルグ

1980年までに4連覇している名実ともにトッププレーヤーです。
ネットプレーが有利であると言われているウィンブルドンでトップスピン主体のベースライナーが4連覇というのは例を見ない偉業。
男子シングルス優勝者のビョルン・ボルグが、1976年からウィンブルドン「5連覇」の偉業を達成した。ジョン・マッケンローとの男子シングルス決勝は「3時間55分」を要した激戦となり、今なおテニス史上に残る名勝負の1つとして語り継がれている
スコア:1-6 7-5 6-3 6-7 8-6
準優勝:ジョン・マッケンロー

準優勝:ジョン・マッケンロー

個性的なフォームと天才的なネットプレーで観客を魅了する選手。
80年が初の決勝進出でした。

1981年 ボルグの6連覇かマッケンローの初優勝か

1981年のウィンブルドンでは、再び決勝で相まみえたボルグを 4-6, 7-6, 7-6, 6-4 で破り、前年の雪辱を果たして初優勝。こうして、マッケンローがボルグのウィンブルドン「6連覇」を阻止した。
優勝:ジョン・マッケンロー

優勝:ジョン・マッケンロー

80年の雪辱を果たしました。
この年はダブルスも制覇しており、単復制覇でした。
出典 hpr.co.jp
第1セットはボルグ6-4 観客はボルグを応援します。第2セットはマッケンロー7-6(7-1) マッケンローのサーブ&ボレーが冴えます。第3セットはマッケンロー7-6(不明) 5-4ボルグリードをデュースゲームの攻防で凌ぐ。第4セット マッケンロー6-4 ボルグが打つサーブに威力が落ちたようです。

マッケンロー 4-6 7-6 7-6 6-4 ボルグ

勝者マッケンローはとことんウィンブルドンから嫌われたようです。ウィンブルドン104年の歴史で最も歓迎されないチャンピオンと記載されています。
準優勝:ビョルン・ボルグ

準優勝:ビョルン・ボルグ

6連覇が阻止されたボルグはこの年以降、ウィンブルドンの決勝に進むことはありませんでした。
その後、1983年で引退となります。
マッケンローとのライバル関係は3年程度の短い期間でしたがウィンブルドンの決勝は歴史に残るものです。

1982年 マッケンローの連覇阻止はジミーコナーズが?

前年度優勝のマッケンローとコナーズのアメリカ人同士の決勝。
コナーズは1978年から4大大会の優勝が無く、すでに30歳になっていました。対するマッケンローは前年の優勝以降、世界ランクもNO,1となり優勝候補筆頭でのウィンブルドンでした。
優勝:ジミー・コナーズ

優勝:ジミー・コナーズ

1972年に20歳でプロデビュー、96年まで大会の出場記録があるという伝説的な選手です。プレースタイルはアグレッシブでファンからの人気が高く愛されていました。
3-6 6-3 6-7 7-6 6-4
4時間15分の熱闘でした。この決勝もウィンブルドンの名勝負に数えれてています。
準優勝:ジョン・マッケンロー

準優勝:ジョン・マッケンロー

80年から3年連続での決勝進出。
気性の荒さが目立つ選手でしたが安定感のある成績を残しています。

1983年 4年連続決勝のマッケンローかノーシードのクリス・ルイスか?

60 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日本人の性生活を徹底調査した「ニッポンのセックス2018年版」が公開!浮気率ナンバーワンの都道府県とは?

日本人の性生活を徹底調査した「ニッポンのセックス2018年版」が公開!浮気率ナンバーワンの都道府県とは?

相模ゴム工業株式会社が、全国を対象におこなった調査「ニッポンのセックス2018年版」の結果を特設ページで発表しました。果たして現代人のセックスはどうなっているのでしょうか?
隣人速報 | 18,595 view
ミドルエッジ男子必見!河合奈保子“伝説のビキニ”が「デジタル写真集」として配信開始!!

ミドルエッジ男子必見!河合奈保子“伝説のビキニ”が「デジタル写真集」として配信開始!!

80年代を代表するアイドルのひとり、河合奈保子を特集した1982年発行の雑誌「別冊近代映画 河合奈保子スペシャルパート3」が、このたびデジタル写真集として配信をスタートしました。
隣人速報 | 12,444 view
ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 51,538 view
大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

歌手・女優として活躍する大場久美子(58)が、自身のブログにてキッチンで撮影したビキニ姿を披露しました。還暦前とは思えないその若々しい姿が、現在ネットを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 59,840 view
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト