【男子テニス】才能のカタマリ・ボリス ベッカーはなぜ時代を作れなかったのか?
2016年11月25日 更新

【男子テニス】才能のカタマリ・ボリス ベッカーはなぜ時代を作れなかったのか?

爆発力のあるプレーで見るものを魅了したボリス・ベッカー。才能は素晴らしいものがありましたが、もっとブレイクしてもおかしくない選手でした。

15,308 view
80年代後半から90年代前半、ベッカーの全盛期とも言える時期のライバルと言えばステファン・エドバーグです。
対戦成績は25勝10敗と大きく勝ち越していますが、ウィンブルドンの決勝では1勝2敗と負け越しています。

二人ともサーブ&ボレーのプレースタイルですが、サーブの優位はベッカー、ボレーのテクニックはエドバーグとプレーから受ける印象は全く違いました。
柔らかいプレーのエドバーグと豪快なプレーのベッカーという対比で緊張感のある試合を生み出していたと思います。

才能だけならNO,1・それでも時代を作ることができなかった理由

Sampras vs Becker Masters 1996 Final - YouTube

選手生活晩年の96年でもサンプラスに勝利するほどのレベルは維持していたベッカーですが、動きは明らかに重そうです。
若い頃よりも体重が増えたことが影響しているのか、20代半ば辺りからは反応やプレーに鈍さが目立つようになりました。
出典 youtu.be
ボリス・ベッカーはこれほどの戦績を残しながらもランキング1位の在位期間は12週と非常に短い期間でした。
80年代後半から90年代前半は4大大会5勝とハイレベルな成績を残していながらも、ライバルのエドバーグの72週とは大きく差をあけられています。

才能なら一番と評価の高かったベッカーが何故、一時代を築くほどのナンバーワンになれなかったのか? これは謎です。
http://blog-imgs-74.fc2.com/j/u/l/juliansays/tennis80_boris_becker1j.jpg (1436300)

ベッカーは性格なのか、プレーにムラがありました。安定感と言うよりも爆発力というスタイルだったので、その日の調子によっては早いラウンドでの敗退も多くありました。

ウィンブルドンやツアー最終戦でも決勝進出の回数は多いものの優勝はその半分以下にとどまっています。
ベッカーほどの実力があればもっと優勝してもおかしくはないですし、88~91年のウィンブルドンは4連覇になっていた可能性は十分にありました。

勝ちきれなさ、安定感のなさがベッカーを一時代を築くプレーヤーにすることを阻んだと言えます。
それでも、ベッカーのプレーは10代だった私をわくわくさせてくれましたし、力強いサーブは憧れでした。

歴史に残るナンバーワンではありませんが、いつまでも記憶に残るプレーヤーであることは間違いありません。

現在は……

2008年よりプロのポーカー・プレーヤーとしてのキャリアをスタートさせた。またオンライン・ポーカーを運営する会社と既にスポンサー契約を結んでいる。

2014年よりノバク・ジョコビッチのコーチを務めている。
http://www.tenniszine.net/wp-content/uploads/2014/12/effc4ab848fcc6c770a9c1e5582b561e.jpg (1436304)

ジョコビッチのライバル、フェデラーのコーチはエドバーグ、今でもライバル関係ですね。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

テニス全米オープン決勝で“大坂なおみ”に破れた『セリーナ・ウィリアムズ』の半端ない凄さ!!

テニス全米オープン決勝で“大坂なおみ”に破れた『セリーナ・ウィリアムズ』の半端ない凄さ!!

9月8日(日本時間9日早朝)テニス・全米オープンの女子シングルス決勝戦で大坂なおみと対戦し惜しくも敗れてしまった、あえての『セリーナ・ウィリアムズ』選手に注目してみました。色々と調べてみると物凄い選手というのが分かりました。
ギャング | 5,040 view
松岡修造!!!  反骨の御曹司、リアルエースを狙え、ラケットを握ったサムライ

松岡修造!!! 反骨の御曹司、リアルエースを狙え、ラケットを握ったサムライ

独特のキャラクターと熱血ぶりで「太陽神」と恐れ崇められる男。 その現役時代は世界の頂点に挑んだが、決して天才タイプではなく力んでしまう不器用なタイプの選手。 ボールを思い切り打って、ひたすらボールを追いかけるというスタイルは、決してスマートでなくケガも多かった。 しかしその感情を込めたパワーは圧倒的だった。
RAOH | 6,707 view
【男子テニス】1980年代のウィンブルドン決勝の組み合わせと優勝者を振り返る

【男子テニス】1980年代のウィンブルドン決勝の組み合わせと優勝者を振り返る

ウィンブルドンの決勝戦は特別です。タイトルを取った選手は最高の栄誉として認められるのです。今回は80年代の決勝を振り返り、その栄誉を手にした選手をまとめてみました。
bohemianrhapso1 | 19,603 view
テニス界の異端児アガシがグランドスラム初優勝を果たした1992年ウィンブルドン

テニス界の異端児アガシがグランドスラム初優勝を果たした1992年ウィンブルドン

1992年のウィンブルドンで優勝したアガシの活躍。そして後に結婚するグラフとのエピソードを紹介。
きちんとチキン | 16,391 view
【テニス】同じ“ベスト8”でも錦織圭と松岡修造では賞金額に5倍の開き!?≪ウィンブルドン2015≫

【テニス】同じ“ベスト8”でも錦織圭と松岡修造では賞金額に5倍の開き!?≪ウィンブルドン2015≫

1995年のウィンブルドンで松岡修造がベスト8となったのは有名な話。もし今年のウィンブルドンで錦織圭がベスト8となった場合の驚きの賞金額は…?
ヤマダゴロー | 6,845 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト