触った物が次々に発火する少年も!?昭和のオカルトの人気テーマ「人体自然発火現象」とは?
2019年10月2日 更新

触った物が次々に発火する少年も!?昭和のオカルトの人気テーマ「人体自然発火現象」とは?

昭和時代に全盛を極めた「オカルト」。オカルトの人気ジャンルのひとつに「人体発火現象」というものがあったのを覚えていますでしょうか?

1,686 view

昭和のオカルトの人気テーマ「人体発火現象」

昭和時代に全盛を極めた「オカルト」。インターネットの無い時代においては、心霊や宇宙人、超能力などを信じる方も今より多かったと記憶しています。そんなオカルトの一ジャンルとして「人体発火現象」というものがあったのを覚えていますでしょうか?
 (2108323)

※画像はイメージです。

そもそも「人体発火現象」って何だ?

人体発火現象とは、状況的に人間の体が「自然に発火した」と推測される現象や事件を指す用語であり、人体自然発火現象とも呼ばれています。状況的には「燃えた人の周囲に火の気がなかった」といった点があります。そして、その原因については様々な議論が巻き起こっています。
 (2108324)

こちらはインターネットにおける「炎上」。燃える原因がその人物にあるというケースが多いですね。

※画像はイメージです。

どういった人が人体発火するのか?

人体発火現象の犠牲者には一定の共通点があります。①アルコール依存症、②年配の女性といった点です。しかしながらそれに当てはまらないケースも当然あり、「こういう人が人体発火を起こす」という共通認識はいまだ形成されていないのが現状です。
 (2108615)

※画像はイメージです。

事件現場にも共通点が!

人体発火現象が起こったと思われる現場にも、一定の共通点があります。①犠牲者の周囲だけが燃えており部屋全体は燃えていない、②体が焼失するほどに激しく燃える、といった点です。当然部屋には火の気はなく、どのような原理でこのような状況が生まれるのかいまだに解明されていません。
燃える際には「体の一部がホットホット!」となるのだろうか?

※画像はイメージです。

実際に起こった事例は?

次に、実際に発生した人体発火現象の事例をいくつかご紹介します。欧米を中心に、散発的に事例が見られます。

メアリー・リーサー

1951年7月、アメリカ・フロリダ州のマンションで、当時67歳のメアリー・リーサーが焼死しているのを息子が発見しました。遺体はほぼ完全に焼け、片足だけが残っているという異様な状況でした。彼女は喫煙者であり睡眠薬を飲んでいたとのことですが、それが発火との因果関係があるかは不明です。
 (2108306)

こちらはメアリー・リーサーの生前の写真。
彼女と同様に、足(下半身)を残して遺体となって発見された例は、1970年3月のマーガレット・ホーガン(89歳の女性、アイルランド)、1980年のヘンリー・トーマス(73歳の男性、イギリス)などの例があります。

マイケル・フェアティ

 (2108630)

事件が起こったゴールウェイの街並み。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

人面岩、ピラミッド、モノリス、人魚の像…火星に存在する謎の構造物の数々!!

人面岩、ピラミッド、モノリス、人魚の像…火星に存在する謎の構造物の数々!!

ミドルエッジ世代であれば誰もが一度は夢中になった事があるであろうオカルトネタ。この記事では、火星に存在する「人工的な構造物(オーパーツ)」と呼ばれるものについて書いてみたいと思います。
メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 788 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,602 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 875 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 472 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト