日本のトランスの元祖的存在!!バンド『ファー・イースト・アジット・ハウス・クワルテット』
2016年4月8日 更新

日本のトランスの元祖的存在!!バンド『ファー・イースト・アジット・ハウス・クワルテット』

メディアなどあまり表に出ず、野外レイヴなどを中心に活動したバンドです。またバンドメンバーが2人も死んでしまうという悲しい出来事がありました。

89 view

ファー・イースト・アジット・ハウス・クワルテット

『ファー・イースト・アシッド・ハウス・クワルテット』

『ファー・イースト・アシッド・ハウス・クワルテット』

活動期間1988年結成~1997年に解散
日本のレイヴ音楽グループ
おもに日本やヨーロッパので活動し、サイケデリックトランスや野外レイヴの草分けとも見なされた。
LSD解放同盟とも呼ばれている。
現在のように野外レイヴが一般化する以前の、1980年代後半から、シャーマニズム、神秘主義などをベースに、原始宗教の儀式のような呪術的なイメージを持つ、野外レイヴ・パーティをおこなっていた。
工事中のビルや倉庫、廃校や野外スペースなどで行われる彼らのレイヴ・パーティ「イリーガル・レイヴ」シリーズは、基本的にすべて、シークレット・パーティとして、場所や日時は公表されず、特定の人たちだけが特定の方法で参加することができた。
内外に「レイヴ・コミューン」を形成、国家内国家を宣言したり、マスコミ拒否を続けるなど、ヒッピー・リバイバル的思想を感じさせる活動を行っていた。
バンド活動期には、TV・雑誌・新聞等のマスコミには一切登場しないというポリシーを貫いたため、一般には知られることは少なかったが、解散後の2005年に公認サイトが立ち上げられ、ウェブを通じて初めて一般に情報が公開された。

メンバー

安永リョウ

安永リョウ

(ターンテーブル、リズム、プログラミング)
後にスペースDJリョウへ改名。現在は引退している。
田嶋エリサ

田嶋エリサ

(ダンス、パーカッション、民族楽器、シタール)
1997年1月頃、死去。
芙苑アキ

芙苑アキ

(キーボード、シンセサイザー)
現・芙苑晶。海外ではAQi Fzonoとして知られる。
市川カヲル

市川カヲル

(ウィンド、ディジュリドゥ、ベース・シンセサイザー)
1995年6月頃、死去。

バンド活動内容

1988年、サイケデリック・ロック・グループ・淫心のメンバー、田嶋エリサ、スペースDJリョウ、芙苑晶、市川カヲルの四人がロンドンに滞在中、セカンド・サマー・オブ・ラブの名で呼ばれるアシッド・ハウス・ムーブメントに遭遇、グループ名を改め、結成された。結成当時のグループ名は「LSD Liberation Front(LSD解放同盟)」だった。
1989年、LSDやメスカリンなどのサイケデリック・ド...

1989年、LSDやメスカリンなどのサイケデリック・ドラッグに影響を受けたファースト・アルバム『十億の神経の針(A Billion Nerve Needles)』を、ニューヨークのレーベル、 Nerve Nets Records より発表。

出典 rymimg.com
1988年、日本に帰国後、国内初と推定される野外のレイ...

1988年、日本に帰国後、国内初と推定される野外のレイヴ・パーティをおこなう。以後、ヨーロッパや日本の各地で「レイヴ・ビー・イン(Rave Be-in)」と題する、野外レイヴ・シリーズを先駆的に行った。

※サイケトランスイベントイメージ画像
1993年以後はクラブ出演等の公のライブ活動を停止、勢いを失った。
「ファー・イースト」の活動においてはトラブルも多く、1994年以降は、メンバーの逮捕、堕落や死によって活動自体が困難になっていった。1995年には市川カヲルが死去、さらに1997年には田嶋エリサがドラッグのオーバードースにより死亡するという悲劇的な顛末を迎え、これがバンド解散へとつながった。バンドは合計6枚のアルバムを残した。「ファー・イースト」の四人のメンバーのうち、他の三人は死亡したり引退しているため、芙苑晶のみが唯一の現役アーティストである。
(オリジナルアルバム)
「十億の神経の針(A Billion Nerve Needles)」(1988年)

「心臓二金属ノ花咲ク(Metal Flowers Bloom On My Heart)」(1991年)

「無法的熱狂祭(Illegal Rave)」(1993年)

「肺魚の夢(Lung Fish Dreams)」(1995年)

「太陽黒点(Sunspot)」 (1997年)

「電気羽虫(Electric Locust)」(1998年)
サイケデリックトランスなどのメロディーは、聴いてる人の感情が高ぶり、解放され踊り出す人が多いです。

野外レイヴで宗教パフォーマンスを演出していた?!

当時、野外レイヴでダンサーの田嶋エリサがやっていたブー...

当時、野外レイヴでダンサーの田嶋エリサがやっていたブードゥー教の儀式を思わせるパフォーマンス(鳥や動物の仮面をつけて登場、手首を切って自分の血を赤ワインと混ぜて飲む、鶏を殺して生き血を裸体に浴びる、等々)や、他のメンバーたちの楽器を破壊するなどの行為をはじめとする過激なイメージ、さらに、彼らのLSD愛好や、レイヴの時に客たちが興奮して踊りながら裸になってしまうといったこともあり、当時、バンドメンバーは、レイヴ上演中に風紀紊乱や騒音などの理由で何度となく逮捕されている。

※これはヴードゥーの旗
「倉庫や廃墟のビル、野外スペースなどで行われる彼らのレイヴは、基本的にすべて、シークレット・パーティとして、おもに場所や日時はメディアに公表されず、特定の人たちだけが特定の方法で参加することができた。こうしたいわゆる「イリーガル・レイヴ」において、おそらく日本で最初のバンド(世界初の説もあり)ともいわれる彼らは、その独特なレイヴ・スタイルから「レイヴのドアーズ」「テクノ・ドアーズ」などの異名でも知られ、一部に熱狂的ファンを持った。アシッド・ハウスの東洋における第一人者であるのみならず、こうしたイリーガル・レイヴに特化したバンドとしては、今でさえおよそ世界にも稀な、いまだにフォロワーの現れない、ワン・アンド・オンリーなグループであると言えるだろう。しかも、彼らのレイヴ自体も、ふつうのパーティとは違っていて、一種の古代宗教の儀式にも似た「秘儀としてのレイヴ」というテーマを持った、特異な「暗黒のバンド」だった。そこではダンサーである田嶋エリサが つねに一種の生贄のような存在=巫女として立ち現れ、司祭である他の三人のミュージシャンたちの奏でる呪術的なダンス・ミュージック=トランス/アシッド・ハウスによって、生と死の儀式を執り行うというコンセプトが秘められていた。いまではほとんど伝説的な、田嶋エリサが踊りながら最後は裸になり、鶏を殺してその生き血を浴びるなどのパフォーマンスがそれを象徴している。彼らは当時その隠された意味をみずからとくに釈明しなかったものの、その異様なステージの空気に反応したファンたちも、半裸になって踊り始めるなど、伝説は数多い」
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ケミカル・ブラザーズ』Oasisのノエル・ギャラガーをゲストボーカルに迎えてヒットした!

『ケミカル・ブラザーズ』Oasisのノエル・ギャラガーをゲストボーカルに迎えてヒットした!

数多くのヒット作を世に送り出し、今やダンス・ミュージック界を代表する「ケミカル・ブラザーズ」が、10月に再来日と言う事で、ケミカル・ブラザーズについて振り返ってみました。
星ゾラ | 4,663 view
メジャーデビューからついに30周年!ROLLY(57)率いる「すかんち」の記念ライブが開催決定!!

メジャーデビューからついに30周年!ROLLY(57)率いる「すかんち」の記念ライブが開催決定!!

ロックミュージシャン・ROLLY(57)が、「すかんち」のメジャーデビュー30周年を記念したライブ『ROLLY DEBUT 30TH ANNIVASARY VOL.3 令和の SCANCH'N ROLL SHOW』の開催を発表しました。
隣人速報 | 733 view
コロナに負けるな!NOKKO、杏里、小柳ゆきなど80~90年代の歌姫が集結したチャリティーコンサートが開催決定!!

コロナに負けるな!NOKKO、杏里、小柳ゆきなど80~90年代の歌姫が集結したチャリティーコンサートが開催決定!!

ビルボードジャパンが、チャリティ公演「billboard classics festival 2020 in Tokyo ~音楽をチカラに~」の開催を決定しました。
隣人速報 | 613 view
サザンオールスターズがデビュー42周年記念で無観客ライブを開催!TOKYO FMとの連動企画やグッズ販売も目白押し!

サザンオールスターズがデビュー42周年記念で無観客ライブを開催!TOKYO FMとの連動企画やグッズ販売も目白押し!

デビュー42周年を迎えるサザンオールスターズが、6月25日に無観客配信ライブ「サザンオールスターズ 特別ライブ2020 Keep Smilin’ 〜皆さん、ありがとうございます!!〜」を開催、それに付随し様々な連動企画もスタートしています。
隣人速報 | 598 view
TUBE、1991年からの恒例行事だった「甲子園ライブ」の中止を断腸の思いで発表。

TUBE、1991年からの恒例行事だった「甲子園ライブ」の中止を断腸の思いで発表。

「夏バンド」の定番として数々のヒット曲を放っているロックバンド・TUBEが、7月25日に予定していた阪神甲子園球場でのライブを中止すると発表しました。
隣人速報 | 564 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト