『ケミカル・ブラザーズ』Oasisのノエル・ギャラガーをゲストボーカルに迎えてヒットした!
2017年3月10日 更新

『ケミカル・ブラザーズ』Oasisのノエル・ギャラガーをゲストボーカルに迎えてヒットした!

数多くのヒット作を世に送り出し、今やダンス・ミュージック界を代表する「ケミカル・ブラザーズ」が、10月に再来日と言う事で、ケミカル・ブラザーズについて振り返ってみました。

6,254 view

ケミカル・ブラザーズ(The Chemical Brothers)

ケミカル・ブラザーズ (The Chemical Br...

ケミカル・ブラザーズ (The Chemical Brothers)

イギリスのテクノ、エレクトロニック・ミュージック・ユニット。

デビュー以来、ロックとダンス・ミュージックを繋ぐ架け橋としての役割を大きく担ってきたパイオニアであり、斬新なビート・センスと先進的なトラック・メイクで数多くのヒット作を世に送り出し、ダンス系ミュージシャンとしては異例の好セールスを記録。今やダンス・ミュージック界を代表するデュオでありながら、ライヴなどの活動も精力的にこなしている。
当時の日本では、彼らのスタイルは「デジタルロック」と名付けられ、Underworld、Fatboy Slimなどと一緒に音楽雑誌で特集されることが多かった。
ブレイクビーツを基調とし、そこにロックなどを融合したサウンドは「ビッグ・ビート」、「デジタルロック」と呼ばれ、クラブミュージック・シーンに影響を与えた。その音楽性は、ビッグ・ビートという名で定着するまでは、彼らの楽曲名でもある「ケミカル・ビーツ(Chemical Beats)」という名でも呼称されていた。また、アルバム・レコーディングに参加するゲスト・ヴォーカリストの人選は、ロックシンガーからR&Bシンガー、ラッパーまで多岐にわたる。
初期は歪ませたベースと生ドラムのサンプリングやループを軸にロックバンド感のあるブレイクビーツ・サウンドであったが、2000年代に入ってからはサイケデリックへの傾倒を顕著にし、トリップ感に特化したレイヴ路線を邁進した「ヘイ・ボーイ、ヘイ・ガール」や「スター・ギター」といった曲を発表。最初のベスト盤を挟んでからはヒップホップにも接近。

【メンバー】

トム・ローランズ

トム・ローランズ

1971年1月11日 生まれ。
グレーター・マンチェスター州マンチェスター出身。
’90年代初めからDJユニットとして活躍し、現在に至る。
エド・シモンズ

エド・シモンズ

1970年6月9日生まれ。グレーター・マンチェスター州マンチェスター出身。
’90年代初めからDJユニットとして活躍し、現在に至る。

活動経歴

1989年、イギリスの名門マンチェスター大学在学中に、トム・ローランズ とエド・シモンズ は歴史学を専攻していた時に知り合い、そして、1992年にダスト・ブラザーズ (The Dust Brothers)名義で活動を開始しました。
ニュー・オーダーが経営に携わっていた地元マンチェスターのクラブ、ハシエンダでDJとして活躍するようになり、デッド・カン・ダンスの曲をサンプリングした「Song to the Siren」でデビュー。

デビュー曲『Song to the Siren』

1994年には、ロンドンのパブ、ジ・アルバニーの地下で日曜の午後に行われていた伝説のクラブ・イベント「ザ・ヘブンリー・サンデー・ソーシャル」でDJを担当し、イベントの存在が口コミでクラブ・キッズの間で評判になると同時に、テクノ路線に移行して頭角を現していたアンダーワールドのサポートを務めるなどライヴ活動も開始し徐々にその名が知れ渡るようになった。
このイベントには、当時人気を博していたシャーラタンズ、セイント・エティエンヌ、マニック・ストリート・プリーチャーズなど、ブリット・ポップ系のアーティストが多く出入りしていたため、彼らとの交友関係も深まっていった。この時期、既に存在していたアメリカの同名のグループ(ベックのアルバム『オディレイ』の共同プロデユースやデヴィッド・フィンチャー監督の映画『ファイト・クラブ』への楽曲提供で知られる) からクレームを付けられ、現在の「ケミカル・ブラザーズ」へと改名した。
若き頃のケミカル・ブラザーズ。

若き頃のケミカル・ブラザーズ。

1995年に1stアルバム「さらばダスト惑星」を発表。

1,048
テクノミュージックの中にロックのダイナミズムをうまく浸透させており、音楽ファンだけではなく同業のミュージシャンからも高い評価を得た作品。アルバムタイトルは過去の名前「The Dust Brothers」への決別を意味する。

1996年、Oasisのノエル・ギャラガーをゲストボーカルに迎えた「Setting Sun」が、シングル・チャートの1位を獲得する大ヒット。

このヒットをきっかけにケミカル・ブラザーズは、大きな成功を収めました。
いままで彼らの曲に参加したミュージシャンは、ノエル・ギャラガー(オアシス)、ティム・バージェス(シャーラタンズ)、ボビー・ギレスピー(プライマル・スクリーム)、バーナード・サムナー(ニュー・オーダー)、Q-Tip(ア・トライブ・コールド・クエスト)、リチャード・アシュクロフト(ザ・ヴァーブ)、ベス・オートンなど。

さらに、ビートルズの楽曲「トゥモロー・ネバー・ノウズ」を現代に蘇らせたと評された。

※The Chemical Brothers LIVE 2011の映像。

またTVゲーム「Wipeout」のサントラに彼らの曲使用され、ゲームファンにも名を知られることになった。

そしてケミカル・ブラザーズは、本国イギリスでは2作目以降5作連続でアルバム・チャート1位を記録しその名声は世界的なものになりました。

1997年にアルバム「ディグ・ユア・オウン・ホール」を発表し、本国以外でも売り上げを伸ばし、彼らの人気を決定付けた。

1
※価格変動あり。
ノエル・ギャラガー(Oasis)が参加した「Setting Sun」と「Block Rockin' Beats」が収録されている。
43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日本のトランスの元祖的存在!!バンド『ファー・イースト・アジット・ハウス・クワルテット』

日本のトランスの元祖的存在!!バンド『ファー・イースト・アジット・ハウス・クワルテット』

メディアなどあまり表に出ず、野外レイヴなどを中心に活動したバンドです。またバンドメンバーが2人も死んでしまうという悲しい出来事がありました。
星ゾラ | 6,303 view
ジェフ・ミルズがヤプーズ・戸川純とコラボ!ライブ・オーディオビジュアル作品『THE TRIP』を上演&コラボ楽曲を配信!

ジェフ・ミルズがヤプーズ・戸川純とコラボ!ライブ・オーディオビジュアル作品『THE TRIP』を上演&コラボ楽曲を配信!

アメリカのテクノミュージシャン、ジェフ・ミルズが総指揮を務めるライブ・オーディオビジュアル作品『THE TRIP -Enter The Black Hole-』のワールドプレミア上演が決定しました。
隣人速報 | 77 view
高橋幸宏の一夜限りのライブ『LIVE 2018 SARAVAH SARAVAH!』が上映決定!!

高橋幸宏の一夜限りのライブ『LIVE 2018 SARAVAH SARAVAH!』が上映決定!!

東急レクリエーションは、2023年4月14日に開業した「東急歌舞伎町タワー」内に位置する「109シネマズプレミアム新宿」で、2024年1月19日から1月28日の10日間限定で、2018年に開催された一夜限りのライブ『YUKIHIRO TAKAHASHI LIVE 2018 SARAVAH SARAVAH!』を上映します。
隣人速報 | 116 view
80年代の若者向けサブカルトーク番組『YOU』の坂本龍一/YMO出演回がCS・歌謡ポップスチャンネルで放送決定!!

80年代の若者向けサブカルトーク番組『YOU』の坂本龍一/YMO出演回がCS・歌謡ポップスチャンネルで放送決定!!

CSの歌謡ポップスチャンネルにて、トーク番組『YOU』の坂本龍一/矢野顕子の出演回(1982年6月放送)と、YMO【細野晴臣/坂本龍一/高橋幸宏】の出演回(1983年6月放送)が、2023年4月に放送されます。
隣人速報 | 423 view
【訃報】YMOのメンバー・坂本龍一さん死去。バルセロナ五輪の音楽を担当した世界的音楽家

【訃報】YMOのメンバー・坂本龍一さん死去。バルセロナ五輪の音楽を担当した世界的音楽家

音楽グループ・YMOのメンバーで、映画「ラストエンペラー」の音楽を担当したことなどで知られる音楽家・坂本龍一(さかもと りゅういち)さんが3月28日、がんのため東京都内の病院で亡くなっていたことが明らかとなりました。71歳でした。
隣人速報 | 788 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト