祟りの恐ろしさを感じれる映画!【八つ墓村】の祟りは恐ろしや~!!
2016年5月11日 更新

祟りの恐ろしさを感じれる映画!【八つ墓村】の祟りは恐ろしや~!!

巨匠、横溝正史の作品で金田一耕助シリーズの一つである。、1949年3月から1950年3月までの1年間、新青年という雑誌で連載されたものです。 この小説を原作とされ映画化になったものが3本、テレビドラマが6作品あり、9度の映像化は横溝作品の中で最も多い作品となるのです。 1977年に公開された八つ墓村の祟りの恐怖を思い出してください。

14,328 view
1977年に公開された本作品は、松竹映画で製作し、この映画のキャッチコピーでもある「たたりじゃ~!」は流行語になりました。

興行収入が19億9千万円と大ヒットした作品です。
出典 youtu.be

八ツ墓村の話はこんな感じです。

戦国時代(永禄9年=1566年)のとある小村に、尼子氏の家臣だった8人の落武者たちが財宝とともに逃げ延びてくる。最初は歓迎していた村人たちだったが、やがて毛利氏による捜索が厳しくなるにつれ災いの種になることを恐れ、また財宝と褒賞に目がくらみ、武者たちを皆殺しにしてしまう。武者大将は死に際に「この村を呪ってやる! 末代までも祟ってやる!」と呪詛の言葉を残す。その後、村では奇妙な出来事が相次ぎ、祟りを恐れた村人たちは野ざらしになっていた武者たちの遺体を手厚く葬るとともに、村の守り神とした。これが「八つ墓明神」となり、いつの頃からか村は「八つ墓村[8]」と呼ばれるようになった。

八つ墓村 落ち武者の惨殺 - YouTube

哀れ、八人の落ち武者。
出典 youtu.be
大正時代、村の旧家「田治見家」の当主・要蔵が発狂し、村人32人を惨殺するという事件が起こる。要蔵は、落武者たちを皆殺しにした際の首謀者・田治見庄左衛門の子孫でもあった。
 (1649707)

そして20数年後の昭和24年、またもやこの村で謎の連続殺人事件が発生することとなる。物語は、神戸に住む寺田辰弥の身辺をかぎ回る不審人物の出現から始まる。彼は母1人子1人で、戦争から戻ってくると天涯孤独の身となっていた。そして復員後2年近く過ぎたある日、彼の行方をラジオで捜していた老人と、弁護士の仲介で面会する。ところが、2人きりになったとたん、老人は血を吐いて死ぬ。

八墓村に出てくる主な登場人物

登場人物が非常に多い映画ということで主な登場人物をご紹介します。

人物相関が入り組んでいるので、作品ごとで登場人物が変わっていますよ。
金田一耕助

金田一耕助

鬼首村で起きた事件を解決させて、その後、弟の死を疑ってやまない西屋の主人に依頼を受けて八つ墓村にやってきた私立探偵。

頭をポリポリとかく仕草は有名です。
寺田辰弥

寺田辰弥

田治見要蔵の息子と言われ、村人や田治見家の奉公人から密かな敵意を向けられる。
27歳の若さで、色白で、乳児の時に父、要蔵に暴行を加えられ、人に裸を見せられらないほどの火傷の跡がある。

実は、要蔵の息子ではなく、母、井川鶴子の秘密の恋人との間に出来た子だった。
田治見小竹・小梅

田治見小竹・小梅

一卵性の双子の老姉妹。要蔵の叔母さんで要蔵の育ての親でもある。
田治見家の財産を狙う親族を忌み嫌い、辰弥が跡取りとして田治見家を継ぐことを願ってる人物。
田治見要蔵

田治見要蔵

田治見家先代の田治見要蔵は、自分の思い通りにならなければ権威で捻じ伏せる身勝手で独裁的な性格の持ち主である。
26年前と妻子がある身で井川鶴子に欲情し、彼女に反発されたことから報復として彼女を拉致し暴行。無理やり妾とした。
鶴子と辰弥が逃亡したことをきっかけに発狂し、猟銃と日本刀で武装し、32人を虐殺したのち山の中に姿を消し、鍾乳洞のサルの腰掛で落ち武者の甲冑を着た姿で発見される。
田治見久弥

田治見久弥

要蔵の長男で、物語の時の田治見家当主である。41歳の若さで肺病を患い、寿命も短いことを悟り辰弥を跡取りに指名した本人である。
父、要蔵に似ていることもあり、この作品も山崎務が2役を演じました。
田治見春代

田治見春代

要蔵の長女であり、久弥の妹である春代は1度は嫁いだのだが、心臓が弱く子供が産めない体となったので、離縁とされた。
今は、実家に戻り小梅と小竹の身の回りの世話をしている。辰弥が血のつながりのないことを知り、密かに恋心を抱いているのです。
寺田鶴子(旧姓:井川)

寺田鶴子(旧姓:井川)

辰弥の母で19歳の当時、郵便局で事務員をしていたが田治見要蔵に付きまとわれ、無理やり妾にされる。辰弥を出産後、亀井陽一との噂で逆上した要蔵に殺されるかもしれないとの恐怖で神戸に避難し、寺田虎造と結婚。辰弥が7歳の時に死去する。

八つ墓村の恐怖を作り上げたスタッフ達

監督 - 野村芳太郎
製作 - 野村芳太郎、杉崎重美、織田明
原作 - 横溝正史
脚色 - 橋本忍
音楽 - 芥川也寸志
撮影 - 川又昂
美術 - 森田郷平
編集 - 太田和夫
録音 - 山本忠彦
照明 - 小林松太郎
助監督 - 大嶺俊順、伊藤聚、鈴木敏夫、松原信吾
神楽曲 - 小泉文夫
備中神楽 - 成羽社中
殺陣 - 菊地剣友会
スタントマン - JAC
効果 - 東洋音響
特殊メイク - マキシーン・坂田
動画 - 東京アニメーションフィルム
現像 - 東洋現像所
協力 - 日本航空、空港グランドサービス

実際にあった津山30人殺し事件

37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

横溝正史原作の金田一耕助シリーズの映画「病院坂の首縊りの家(石坂浩二・佐久間良子・桜田淳子)」

横溝正史原作の金田一耕助シリーズの映画「病院坂の首縊りの家(石坂浩二・佐久間良子・桜田淳子)」

「病院坂の首縊りの家」は市川崑監督、石坂浩二主演の映画版シリーズ第5作目で最終章となっています。今回、金田一耕助は、犯人への同情から重要証拠を破棄する一線を越えた行動まで起こします。金田一の犯人を含む悲しい人たちへの強い同情の思いが表出する極めて人間的な金田一を楽しめる作品です。作品の要である佐久間良子さんと桜田淳子さんの美貌と演技も見物です。日本社会の古い因習や思想、人間の業に翻弄される悲しい人生を見事に演じた佐久間良子さんは、さすがです。
ガンモ | 31,751 view
竿の先に黄色いハンカチ、それは夫婦の愛の約束!映画「幸福の黄色いハンカチ」

竿の先に黄色いハンカチ、それは夫婦の愛の約束!映画「幸福の黄色いハンカチ」

山田洋次監督。高倉健、倍賞千恵子、武田鉄矢に桃井かおり。錚々たるメンバーで描かれた人情映画「幸福の黄色いハンカチ」。ナンパな男を演じる欽也(武田鉄矢)と欽也に声をかけられた朱美(桃井かおり)。若い二人と道中を共にする勇作(高倉健)。不器用な勇作の妻・光枝(倍賞千恵子)が示した一途な純愛、それはそう「幸福の黄色いハンカチ」。
チロルチョコ | 1,944 view
映画「男はつらいよ 寅次郎と殿様」 愛媛・大洲を舞台に殿様との交流を描きました!

映画「男はつらいよ 寅次郎と殿様」 愛媛・大洲を舞台に殿様との交流を描きました!

映画「男はつらいよ 寅次郎と殿様」。1977年公開のシリーズ第19作目。殿様役にアラカンこと嵐寛寿郎を迎え、またもや厄介ごとを引き受けてしまう寅さんの奔走ぶりをご覧下さい!
ひで語録 | 2,023 view
24人の金田一耕助

24人の金田一耕助

映画やテレビドラマなど映像になった横溝正史原作の名探偵・金田一耕助は、今までで24人。24人の名俳優が魅せる金田一耕助を年代順に振り返っていきましょう。レア画像も多数。好きな方は金田一耕助シリーズの膨大な作品を見比べて楽しみましょう。
ガンモ | 44,994 view
古谷一行の金田一耕助シリーズ 『横溝正史シリーズI』(1977年の連続テレビドラマ)

古谷一行の金田一耕助シリーズ 『横溝正史シリーズI』(1977年の連続テレビドラマ)

金田一耕助を演じた俳優は大勢いますが、多くの人の記憶に残っているのは、1970年代後半に放映された「横溝正史シリーズ」に登場した古谷一行さんが演じる金田一耕助ではないだろうか。古谷一行さんの金田一耕助は、とても人間的で、親しみやすいキャラクターであることが印象的でした。シリーズは高視聴率を記録し「金田一といえば古谷一行」というイメージが定着しました。横溝正史シリーズIの全6作品のまとめです。連続殺人のムゴイ画像(映画版よりはマイルドです)も多々ありますので、お食事中の方はご注意ください。
ガンモ | 61,335 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト