80年代初頭にブームを巻き起こしたファンカラティーナ。曲を知らなくても、この伊達男たちを見てると踊りだしたくなりますよ!
2017年12月21日 更新

80年代初頭にブームを巻き起こしたファンカラティーナ。曲を知らなくても、この伊達男たちを見てると踊りだしたくなりますよ!

80年代初頭いきなり現れたラテンのリズムを持ったダンスナンバー。単なるラテンではなく、そこにファンクの要素が入っていたところが新しかった。そして奏でるミュージシャンは伊達男ばかりときたもんだ。知らない人もぜひ聴いて踊ってください。

754 view

funka latina

「ファンカラティーナ」をご存じですか?80年代初頭にイギリスで流行した音楽で、ファンクとラテンの要素をを取り入れたハイブリットなジャンルです。

言葉で説明するよりも聴いてもらえればすぐに分かるダンスミュージックです。楽しめますよ。

Blue Rondo a la Turk - Me and Mr. Sanchez.

ファンカラティーナを代表するバンド「ブルー・ロンド・ア・ラ・ターク」ですが、この曲を始め日本でもこのジャンルは流行りました。
ただイギリスとは若干違い、ホーンが入ってればファンカラティーナとしてひとくくりにされていたところがあります。そんな日本独自のファンカラティーナをご紹介しましょう。

Blue Rondo A La Turk

先ずは、やはりブルー・ロンド・ア・ラ・タークをご紹介したい。ファンカラティーナといえば、ブルー・ロンド・ア・ラ・ターク。オシャレというか、気障というか、一歩間違うと悪趣味となるようなオシャレ具合がファンカラティーナのミュージシャンに共通しています。その中でもブルー・ロンド・ア・ラ・ターク。是非ともライブの模様をご覧ください。

Blue Rondo A La Turk - Klactoveesedstein

う~ん、カッコイイですね。最高です。
と言ったものの、ファンカラティーナ系のバンドは基本的に短命なんです。アルバム1~2枚で解散というのがほとんどで、ブルー・ロンド・ア・ラ・タークも例外ではありません。
しかも、現在は廃盤ということでまともに聴くことができません。
CHEWING THE FAT

CHEWING THE FAT

1 Change
2 I Spy for the FBI
3 Coco
4 The Heavens Are Crying (John Luongo Mix)
5 The Method
6 They Really Don't
7 Sarava
8 Klactoveesedstein
9 Carioca
再発の予定もないようですが、CDとなった際に「Me & Mr Sanchez 」はボーナスとして収録されていました。それにしてもブルー・ロンド・ア・ラ・タークのライブは素晴らしい!

Blue Rondo A La Turk - Me & Mr Sanchez 1982

Modern Romance

一般的な人気ということではブルー・ロンド・ア・ラ・タークよりも「モダン・ロマンス」の方があったかもしれません。
セカンド・アルバムでは早くも脱退してしまいますが、ブルー・ロンド・ア・ラ・タークに負けず劣らずの伊達男がボーカルです。
モダン・ロマンス

モダン・ロマンス

  1. ブリング・オン・ザ・ファンカティアーズ
  2. おしゃべりクィーン
  3. レッツ・ゴー・サルサ~
  4. ムーズ・オン・ザ・ルーズ~
  5. サルサ・ラプソディー~
  6. 今夜はアイ・ヤイ・ヤイ!
  7. ウィーヴ・イット・ゼム・ランニング
  8. サルサに夢中
  9. アイ・キャント・ゲット・イナフ
  10. スタンド・アップ
アルバムからは「今夜はアイ・ヤイ・ヤイ!」、「レッツ・ゴー・サルサ~」がシングルヒットしました。しかし、一時的なブームということだったのでしょうモダン・ロマンスもあっという間に消えてしまいます。

しかし、しかしですよ。彼らが残してくれた音楽は本当に素晴らしいものでした。

Modern Romance-Everybody Salsa

音楽性は全く違いますが、ボーカルのナヨナヨ具合はロキシーミュージックを彷彿とさせますね。

モダン・ロマンスのアルバムは有難いことに目出度く昨年再発されています!
買うなら今だ、急げ!という感じです。

Haircut 100

ブルー・ロンド・ア・ラ・ターク、モダン・ロマンスときて、ファンカラティーナを代表する御三家といえば、そう「ヘアカット100」です。
ボーカルのニック・ヘイワードを始めメンバーが「若い」ということで、アイドル的な人気を誇りました。
ペリカン・ウエスト

ペリカン・ウエスト

  1. 好き好きシャーツ
  2. ラヴ・プラス・ワン
  3. レモン消防隊
  4. 海洋少年
  5. ミルク・フィルム
  6. キング・サイズ
  7. ファンタスティック・デイ
  8. ベイクド・ビーン
  9. スノウ・ガール
  10. 愛はトライアングル
  11. サプライズ・ミー・アゲイン
  12. キャプテン・オータム
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

新しいモッズ像を創造し定着させた、ポール・ウェラー率いるスタイル・カウンシルのイキなセンス。

新しいモッズ像を創造し定着させた、ポール・ウェラー率いるスタイル・カウンシルのイキなセンス。

キング・オブ・モッズとして今なおイギリス国民から尊敬されているポール・ウェラー。その彼が80年代に率いたスタイル・カウンシルは、本国以上に日本でバカ受けしました。その理由はオシャレなサウンドとファッションセンス。今でも魅力的です。
obladioblada | 696 view
岡田有希子といえば、ポスト松田聖子として80年代最高のアイドルのひとりでしたよね!彼女のシングルは意外な人が楽曲提供しているんです。

岡田有希子といえば、ポスト松田聖子として80年代最高のアイドルのひとりでしたよね!彼女のシングルは意外な人が楽曲提供しているんです。

2年にも満たない活動期間ながら岡田有希子は多くの人々の心に残っています。発売されたシングルは全部で8枚。意外とも思えるミュージシャンが楽曲を提供しています。例えばポスト松田聖子としてデビューした岡田有希子の最大のヒット曲はラストシングルで、作詞を松田聖子が担当していたんですよ。運命のようなものを感じますね。
obladioblada | 1,579 view
類い稀な才能を持ちオシャレ音楽の塊である加藤和彦の通称「ヨーロッパ三部作」。バックを務めたのはYMOだ!

類い稀な才能を持ちオシャレ音楽の塊である加藤和彦の通称「ヨーロッパ三部作」。バックを務めたのはYMOだ!

ザ・フォーク・クルセダーズやサディスティック・ミカ・バンドでの活動が有名な加藤和彦。ソロとしては「あの素晴しい愛をもう一度」のヒットで知られていますね。時代毎にオシャレな音楽を作らせたら右に出るものはいないとも言われている彼が当時大人気だったYMOを従えて作り上げた3枚のコンセプト・アルバム。それが日本ロックの宝「ヨーロッパ三部作」です。
obladioblada | 392 view
日本にこんな売り方をされているミュージシャンがいたのか!村下孝蔵のベスト・アルバムが尋常じゃない!

日本にこんな売り方をされているミュージシャンがいたのか!村下孝蔵のベスト・アルバムが尋常じゃない!

46歳という若さで亡くなった村下孝蔵。「初恋」や「踊り子」などのヒット曲で知られていますが、凄いのは彼のベスト・アルバムです。オリジナル・アルバムは14枚だしていましたが、ベスト・アルバムは現時点で何と13枚も出ています。死後も事あるごとに続々と作り続けられている村下孝蔵のベスト。まとめてみると驚きの事実が!
obladioblada | 9,740 view
♡祝40周年♡「うる星やつら」の美女キャラ集めてみました♡

♡祝40周年♡「うる星やつら」の美女キャラ集めてみました♡

うる星やつら(うるせいやつら)は、70年代から80年代にかけて週刊少年サンデーで連載されていた高橋留美子のギャグ要素満載のラブコメ漫画で、連載開始から40年経った今でも絶大な人気を誇り続けています。
おにいちゃん | 6,435 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト