新しいモッズ像を創造し定着させた、ポール・ウェラー率いるスタイル・カウンシルのイキなセンス。
2018年3月6日 更新

新しいモッズ像を創造し定着させた、ポール・ウェラー率いるスタイル・カウンシルのイキなセンス。

キング・オブ・モッズとして今なおイギリス国民から尊敬されているポール・ウェラー。その彼が80年代に率いたスタイル・カウンシルは、本国以上に日本でバカ受けしました。その理由はオシャレなサウンドとファッションセンス。今でも魅力的です。

1,164 view

スタイル・カウンシル

先ずはこの映像をご覧ください。

You're The Best Thing

カ、カ、カッコいい!というか、惚れ惚れするような美形。歌っているのはスタイル・カウンシルで、ボーカルのポール・ウェラーです。
ポール・ウェラー

ポール・ウェラー

スタイル・カウンシル在籍時
泣く子も黙るというか、バブル時代のオシャレアイコンとして80年代には知らない人は居ないというほどの人気ぶりでした。

デビューしたのはパンク・バンド「ザ・ジャム」で、本国イギリスでは国民的な人気を誇っていたのですが、日本ではパンク・バンド自体が一般には受け入れられずポール・ウェラーも無名に近い存在でした。
ポール・ウェラー

ポール・ウェラー

ザ・ジャム在籍時
イギリスと日本では受け入れられ方が随分と違うスタイル・カウンシルでありポール・ウェラーなのですが、しかしまぁ、まだ幼さが残っているとはいえ ザ・ジャム 時代のポール・ウェラーもカッコいいわけです。
そしてそのファッションセンス!当時はまだ日本では知られていなかった上の写真でも着ているファッションブランド「FRED PERRY(フレッドペリー)」や「ロンズデール」を流行らせました。

そう、音楽性と共にそのファッションセンスも磨きに磨かれたのがスタイル・カウンシルです。
スタイル・カウンシル

スタイル・カウンシル

ポール・ウェラー(右)&ミック・タルボット

イントロデューシング

スタイル・カウンシルはザ・ジャムの成功のあとなだけに期待が大きかったわけですが、期待を裏切ることなくデビュー曲「Speak Like A Child」、その後、「Money-Go-Round」、「Long Hot Summer」と立て続けにシングルを発表しました。そして、そのらを含むミニアルバム「イントロデューシング」が1983年9月に発売されました。
イントロデューシング

イントロデューシング

1. Long Hot Summer
2. Headstart For Happiness
3. Speak Like A Child
4. Long Hot Summer (Club Mix)
5. The Paris Match
6. Mick's Up
7. Money-Go-Round
フレンチ・アイビーといった出で立ちのアルバム・ジャケットですね。
デビュー曲の「Speak Like A Child」は、ザ・ジャム後期の流れを引きずった感じのサウンドですが、驚くのはPVで見られるポール・ウェラーの髪型です。

Speak Like A Child

短いっ!髪の毛が短すぎると当時は誰もが思いました。あ、それと、パンツの丈も短いです。髪の毛とパンツの丈が当時の感覚からすると短すぎました。
しかし、いま改めて見るとバッチリなのは流石としか言いようがありません。

カフェ・ブリュ

満を持して待望の1枚目のアルバム「カフェ・ブリュ」が1984年3月16日に発売されました。
カフェ・ブリュ

カフェ・ブリュ

1. ミックス・プレッシング
2. ザ・ホール・ポイント・オブ・ノー・リターン
3. ミー・シップ・ケイム・イン
4. ブルー・カフェ
5. ザ・パリス・マッチ
6. マイ・エヴァ・チェンジング・ムーズ
7. ホワイトハウスへ爆撃
8. ゴスペル
9. ストレングス・オブ・ユア・ネイチャー
10. ユー・アー・ザ・ベスト
11. ヒアズ・ワン・ザット・ガット・アウェイ
12. ヘッドスタート・フォー・ハッピネス
13. カウンシル・ミーティン
歌詞を読めばファッションなどとは程遠く、過激で政治的なものが多いにも関わらず、日本ではオシャレ・バントの代名詞としてスタイル・カウンシルの人気はこのアルバムで火が付きます。

モッズと言えばアーミーコートですが、アルバムジャケットでポール・ウェラーが着ている白いステンカラーコートがネオ・モッズの定番となり、先行発売された「マイ・エヴァ・チェンジング・ムーズ」がオシャレ・ムードを高めましたねぇ。

My Ever Changing Moods

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

パンタといえば知る人ぞ知る存在かもしれませんが、更に知る人ぞ知る存在かもしれないPanta & HAL は、知らないと後悔するよ!

パンタといえば知る人ぞ知る存在かもしれませんが、更に知る人ぞ知る存在かもしれないPanta & HAL は、知らないと後悔するよ!

パンタと聞いてピンとくる人は余程の音楽好きだと思われます。更にそのパンタが70年代後半からやっていたPANTA & HALとなると、知っている人は音楽好きというよりもマニアの域に達していると言ってもいいかもしれません。しかし、知っていて損はなし!というよりも、知らないと後悔するかもですよ。
obladioblada | 1,317 view
シュガー・ボイスと呼ばれる独特な声と美貌で80年代にオジサマ達のアイドルとなったジャズ・ボーカリスト阿川泰子

シュガー・ボイスと呼ばれる独特な声と美貌で80年代にオジサマ達のアイドルとなったジャズ・ボーカリスト阿川泰子

ジャズとはなかなか注目されることがないジャンルですが、80年代に驚異的なヒットを飛ばした阿川泰子。その美貌と甘くセクシーな歌声は仕事に疲れたオジサマ達を優しく癒してくれました。
obladioblada | 795 view
80年代初頭にブームを巻き起こしたファンカラティーナ。曲を知らなくても、この伊達男たちを見てると踊りだしたくなりますよ!

80年代初頭にブームを巻き起こしたファンカラティーナ。曲を知らなくても、この伊達男たちを見てると踊りだしたくなりますよ!

80年代初頭いきなり現れたラテンのリズムを持ったダンスナンバー。単なるラテンではなく、そこにファンクの要素が入っていたところが新しかった。そして奏でるミュージシャンは伊達男ばかりときたもんだ。知らない人もぜひ聴いて踊ってください。
obladioblada | 1,325 view
かつての不動産王「千昌夫」が所有していた超高級リゾートホテルってどこにあるの!?

かつての不動産王「千昌夫」が所有していた超高級リゾートホテルってどこにあるの!?

歌手でありながら不動産王として名を馳せた「千昌夫」。そんな彼が「バブル期に実際どんなホテルを所有していたのか?」が気になったので記事にしてみました。
祝デビュー40周年!新作『A KIND REVOLUTION』をリリースしたポール・ウェラーの名曲をまとめてみました!

祝デビュー40周年!新作『A KIND REVOLUTION』をリリースしたポール・ウェラーの名曲をまとめてみました!

40年前にパンク・ムーヴメントを背景にデビューしたポール・ウェラーも、今年で59歳。ザ・ジャム、ザ・スタイル・カウンシルを経て、ソロになって以降も素晴らしい作品を作り続けている、我らがモッド・ファーザー!最新作『A KIND REVOLUTION』を発表したこのタイミングで、これまでリリースされたシングルの中から、名曲の数々を振り返ってみましょう!
Gaffa | 975 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト