全米を震撼させた「チャールズ・マンソン」事件の2つの悲劇とカルト集団の実態の真相
2021年10月10日 更新

全米を震撼させた「チャールズ・マンソン」事件の2つの悲劇とカルト集団の実態の真相

チャールズ・マンソン事件はアメリカの有名監督の妻で女優が妊娠中に殺害され、アメリカ中がその残虐さに言葉を失ったことでも有名な事件です。カルト集団が首領のチャールズ・マンソンに洗脳され、殺人集団と化してしまった真相をまとめていきます。そして彼の死で動いたミュージシャンとは?

564 view

ドラマ・レッドアイズに出てきた「チャールズ・マンソン」

2021年1月23日から3月27日まで日本テレビ系で放送されたKAT-TUN・亀梨和也さん主演のドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』の作中で突然出てきた『チャールズ・マンソン』の名前。

日本では知らない人の方が多いでしょうか。
レッドアイズの第9話で連続殺人を起こしている主犯で精神科医の男が自分の患者を洗脳しているというくだりで「チャールズ・マンソン」の名前が出てきます。

「1960年代後半、実在したカルト指導者」
「恨んでる人間を想像の中で罵倒しろ、ちゅう話。あの手口で何人もの人間を洗脳したんや。洗脳された奴らは”マンソン・ファミリー”と呼ばれ、残忍な殺人を行った。
出典 レッドアイズ(日本テレビ)より
ドラマ『レッドアイズ』の中で、木村祐一さん演じる元国立大学の犯罪心理学教授だった山崎辰二郎が”チャールズ・マンソン”について語るシーンのセリフです。

「人を洗脳」「自らの手は汚さず起こす殺人」
それが実際にあったアメリカの事件だということで話題になりました。

チャールズ・マンソンとは?

Wikipedia (2305605)

・生年月日:1934年11月12日
・出身地:アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティ
・死没 :2017年11月19日(83歳)
アメリカ合衆国 カリフォルニア州ベーカーズフィールド
・職業:カルト指導者
・罪名:殺人、共謀
・刑罰 :終身刑
・有罪判決 殺人罪、共謀罪
「チャールズ・マンソン」とは実在した人物で、一言でいうと『カルト系洗脳者』です。

壮絶な生い立ち

チャールズ・マンソンの母親は売春婦で彼が生まれても育児放棄し、孤児院で育てられます。親の愛情を受けずに育ったことが大きく影響しているのでしょうか、12歳頃から犯罪に手を染め始めます。

影響を受けたもの

彼が30歳をとうに過ぎた1967年以降に移り住んだのはサンフランシスコでした。そこで彼が影響を受けたとされるのがこちらです。

●多くの若者がその時代に影響を受けたヒッピー文化
●宗教哲学の「サイエントロジー」
●新約聖書の中でも預言書的性格を持つ書とされる「ヨハネ黙示録」
●世界を第二次世界大戦に導いた ドイツの独裁政治家「ヒトラー」など

1960年代末にカルト集団「マンソンファミリー」を結成します。そして殺人を犯す前のチャールズ・マンソンはロサンゼルスを拠点にシンガーソングライターとして活動しています。

世間に広く知られたきかっけ

「ローズマリーの赤ちゃん(1968年)」などの作品ですでに監督としての地位を確立していたロマン・ポランスキー監督の妻が殺された!妻は女優のシャロン・テート!その衝撃はハリウッドや映画ファンの間だけではなく、その殺害状況の残忍さもあって世界に衝撃を与えました。

殺害実行犯は「マンソンファミリー」、チャールズ・マンソン自身は常に指示者で殺害に直接加わってはいませんでしたが、そのカルト集団の首領の名前は世間に広く知られることとなりました。

チャールズ・マンソン殺人事件

チャールズ・マンソンが起こした殺人事件は1969年8月に起き、『シャロン・テート・ラビアンカ夫妻殺害事件』として知られることとなります。

シャロン・テート/ラビアンカ夫妻殺害事件

1969年8月9日の未明、ロマン・ポランスキー監督の夫人・女優のシャロン・テートがハリウッドの友人宅で友人4人とともに惨殺されました。
有名監督の妻、人気女優ということだけでも大きなショックですが、当時シャロン・テートが妊娠8か月の身重で26歳という若さだったということでも大きな衝撃的な事件として報じられました。

悲劇というだけではなく状況5人はの遺体の刺し傷が100を超えていたという事実、そして玄関ドアに残された血で書かれた「Pig(ブタ)」という文字...その血はテートのものだったということからなんとも言葉にできない残虐な殺人現場だったことか想像を絶する状況です。
そしてその翌日にはロサンゼルスに住むラビアンカ夫妻が殺害されました。その残虐な現場にはまた血で「Death to pigs”(ブタに死を)」「Healter Skelter(綴りを間違えている)」と書かれていたことで当初からシャロン・テートら5人を殺害した犯人を同一である見方がされていました。

2つの悲劇のエピソード

悲劇のエピソードの1つ目。
シャロン・テートが殺されたその日、誕生を心待ちにしてた赤ちゃんの部屋が出来上がったばかりだったと言います。赤ちゃんの誕生をどれだけ幸せな気持ちで心待ちにしていたことか。

そして2つ目の悲劇のエピソードは、この殺人事件は犯人側の『人違い』で起こった事件だったということです。事件が起きた時にその邸宅を借りていたのはポランスキー夫妻でしたが、狙われていたのは、それより前にその邸宅に住んでいた歌手で女優のドリス・デイの息子のミュージシャン、テリー・メルチャーでした。

かつてミュージシャンを目指していたチャールズ・マンソンによる逆恨みだったということです。
(ドリス・デイは「ケセラセラ」の大ヒットで日本でも知られています)
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日本と世界の組織犯罪グループ勢力図 – 恐怖は日常のすぐ側に!

日本と世界の組織犯罪グループ勢力図 – 恐怖は日常のすぐ側に!

身辺調査・職場内調査を得意とする株式会社Japan PI。同社による組織犯罪グループに関する調査記事の紹介です。日本の暴力団をはじめ、イタリアやメキシコ、コロンビアなどの海外の凶悪組織について言及しています。
japanpi | 2,365 view
米・シリアルキラーのゾディアック事件の暗号文が51年越しに解読されたと再び注目

米・シリアルキラーのゾディアック事件の暗号文が51年越しに解読されたと再び注目

アメリカで1960年代に実際に起こった連続殺人事件「ゾディアック事件」。亀梨和也さん主演・日本テレビのドラマ「レッドアイズ監視捜査班」でその事件が登場して話題になりましたが、2020年には暗号文が解読されたことで話題になりました。ここではシリアルキラーの「ゾディアック事件」についてまとめていきます。
あおい@ | 1,732 view
テッド・バンディは今、再び注目されるシリアルキラー!連続殺人の背景にあったその真相とは?

テッド・バンディは今、再び注目されるシリアルキラー!連続殺人の背景にあったその真相とは?

アメリカでもっとも有名なシリアルキラーと言われている「テッド・バンディ」。衝撃の実話として映画化されているが2021、KAT-TUN・亀梨和也主演ドラマ「レッド・アイズ」でその名が登場し注目されることになります。テッド・バンディの残虐さに思わず息をのむその真相とは?
あおい@ | 785 view
【寿美花代】夫・高嶋忠雄とのおしどり夫婦ぶり!実家・家系図や長男殺人事件も調査!

【寿美花代】夫・高嶋忠雄とのおしどり夫婦ぶり!実家・家系図や長男殺人事件も調査!

宝塚歌劇団の男役トップスターとして活躍し、高嶋忠雄さんと結婚してからは、おしどり夫婦ぶりでも知られていた寿美花代さん。今回の記事では、そんな彼女の半生や実家・家系図なども紹介したいと思います。現在の様子などもリサーチしていますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 1,517 view
スーパーナンペイ、國松長官狙撃、餃子の王将…平成の未解決銃撃事件を特集した『平成を震撼させた殺意の凶弾』が発売!!

スーパーナンペイ、國松長官狙撃、餃子の王将…平成の未解決銃撃事件を特集した『平成を震撼させた殺意の凶弾』が発売!!

若葉文庫より、平成の3大「未解決銃撃事件」を特集した『銃撃事件ファイル — 平成を震撼させた殺意の凶弾』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 1,769 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト