矢沢永吉、自ら選曲の音源32曲のベスト盤を約15年ぶりにリリース!!
2016年7月28日 更新

矢沢永吉、自ら選曲の音源32曲のベスト盤を約15年ぶりにリリース!!

ロックミュージシャン矢沢永吉が約15年ぶりに2枚組ベストライブCD「LIVE HISTORY 2000〜2015」を発売した。2000〜2015年までのライブ音源から選りすぐりの32曲が収録されている。

2,069 view

矢沢永吉の2枚組ベストライブCD「LIVE HISTORY 2000〜2015」が発売!!

ロックミュージシャン矢沢永吉(66)の2枚組ベストライブCD「LIVE HISTORY 2000〜2015」が、発売された。
2000~2015年のライブ音源から各時代選りすぐりの音源32曲をセレクト。音源として約15年ぶりのリリースは、ミックスも矢沢自らの手で行い、高音質CDとして生まれ変わり、いつもの映像とまた一味違った環境で曲を楽しむことが出来る。
最も古い音源は、2000年12月の日本武道館(「THE TRUTH」)で、最新は2015年9月の東京ドーム(「ミスター・ギブソン」など)。その他にも、2060年の武道館、デビュー40周年を記念した12年の日産スタジアムほか、14年のグランドハイアット東京で行われたディナーショーなどのレアな音源も収録されている。

矢沢永吉 2015東京ドーム 『ミスター・ギブソン』

15年9月の東京ドームでのライブ映像『ミスター・ギブソン』
出典 youtu.be

矢沢永吉 NEW LIVE ALBUM「LIVE HISTORY 2000〜2015 」SPOT

出典 youtu.be
 矢沢は「15年ぶりにLIVE CDなるもの2枚組を出します」と発表し、「とにかく、止まっちゃいけないんだってことを思っております。年取っている場合じゃないんだっていうことをステージの上から言ったんです」と自身の思いを述べながら、「ライブ会場でもまたお会いしたいと思います。よろしく!」とコメントしている。

矢沢永吉

1972年ロックンロールバンド「キャロル」のリーダーとしてデビュー。このバンドは約2年半の短い活動期間であったが、日本語ロックの走りとして、その後の日本のミュージシャンたちに与えた影響は計り知れないものがある。1975年春、日比谷野音で燃え盛る炎の中「キャロル」解散、この年の秋、早くも矢沢永吉はソロデビューを果たす。
1977年には、日本人ロックアーティストとして初の武道館公演、78年には後楽園球場公演と、快進撃を続けた矢沢は、自らの生きざまを語り下ろした著書「成りあがり」で、一大「矢沢ブーム」を作りあげた。
矢沢永吉

矢沢永吉

1949年9月14日生まれ。広島県広島市出身。
愛称は「永ちゃん」「ボス」。ロゴマークの"E.YAZAWA"は商標登録されており(第1601017号ほか)®が表示されている。
またファンが熱狂的であることで知られており、今現在でも日本を代表するロックミュージシャンとして国民的人気が高い。ほぼ全曲にわたる作曲、及び数曲における作詞を手掛けている。
1960年代から活動してきたロック・アーティストで、今日まで第一線で活躍してきたアーティストは矢沢以外いない
「キャロル」で活躍していた頃の矢沢永吉

「キャロル」で活躍していた頃の矢沢永吉

矢沢永吉名言

矢沢永吉名言

矢沢永吉 メドレーミックス

出典 youtu.be

矢沢永吉「LIVE HISTORY 2000~2015」収録曲

DISC 1

01. ラヴ・ファイター
02. BELIEVE IN ME
03. DON'T WANNA STOP
04. 夏のフォトグラフ
05. サブウェイ特急
06. バーボン人生
07. 居場所
08. ROCKIN' MY HEART
09. ひき潮
10. Sorry...
11. WITHOUT YOU
12. JAMMIN' ALL NIGHT
13. 棕櫚の影に
14. もうひとりの俺
15. シーサイド#9001
16. 銀のネックレス

DISC 2

01. “カサノバ”と囁いて
02. 東京
03. A DAY
04. ミスター・ギブソン
05. コバルトの空
06. フォーチュン・テイラー
07. SO LONG
08. THE TRUTH
09. カモン・ベイビー
10. ロックンロール・ドラッグ
11. 未来をかさねて
12. ハートなんてクソくらえ
13. 苦い雨
14. FLESH AND BLOOD
15. SEPTEMBER MOON
16. 終わりじゃないぜ
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

E.YAZAWA 『成りあがり』!!

E.YAZAWA 『成りあがり』!!

1978年に 小学館より発行された著書『成りあがり』芸能人の数々の自叙伝の中でも有名な著書で、読んで感銘や影響を受けた方も多い1冊だと思います。そんな矢沢永吉さんの著書『成りあがり』をまとめてみました。
ギャング | 1,003 view
軽く見られがちな世良公則&ツイストですが、日本の音楽界にロックを定着させたのは彼らの功績です!

軽く見られがちな世良公則&ツイストですが、日本の音楽界にロックを定着させたのは彼らの功績です!

世良公則&ツイストがデビューした当時、日本ではまだロックは市民権を得ていませんでした。つまり商売にならんと音楽界からは相手にされていなかったのです。曲もさることながらボーカルやバンドのスタイルをはじめメディア戦略まで彼らが成し遂げた功績は大きく偉大なのです!
obladioblada | 2,573 view
伝説のロックンローラー【ジョニー大倉】の遺作が息子【ケンイチ大倉】の手により遂に蘇る!!

伝説のロックンローラー【ジョニー大倉】の遺作が息子【ケンイチ大倉】の手により遂に蘇る!!

2014年に他界した伝説のロックンローラー、ジョニー大倉の遺作が、長男のケンイチ大倉の手により蘇ることが決定!ケンイチ大倉にとってもデビューとなるアルバムに収録されることになりました!
「クールス」時代からの確執が雪解けか!?舘ひろしと岩城滉一が仲違いしていた事情とは?

「クールス」時代からの確執が雪解けか!?舘ひろしと岩城滉一が仲違いしていた事情とは?

日本を代表する俳優である舘ひろしと岩城滉一。二人は元々「クールス」のメンバーとして一緒に活動していたのですが、その後42年間にわたり疎遠になっていたのをご存知でしょうか?そんな彼らが、このたび電撃的な和解を行いました。
隣人速報 | 15,172 view
あの「ロード」がついに第十四章まで到達! 高橋ジョージがヒストリーアルバムを堂々発売!!

あの「ロード」がついに第十四章まで到達! 高橋ジョージがヒストリーアルバムを堂々発売!!

ついにデビュー35周年を迎える高橋ジョージ。それを記念し「ヒストリー・アルバム」が12月13日に発売されます。「ジョニー大倉」「クールス」「矢沢永吉」といったロックのレジェンド達へのアンサーソングに加え、あの「ロード」の第十四章も収録!ファンのみならず、全てのミドル世代必聴の内容となってます!
隣人速報 | 2,118 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト