90年代、世間の関心を一身に集めたUFO研究家「矢追純一」
2016年8月16日 更新

90年代、世間の関心を一身に集めたUFO研究家「矢追純一」

今も定期的に特集を組んでいるUFO特集。UFO(未確認飛行物体)というだけあって、未確認のところがミステリーさを生んで、いつの時代も想像力を膨らませますよね。しかし、今とは比べ物にならないほどUFOブームだった時代がある!そう90年代だ!そのUFOブームをけん引していたのが、UFO研究家の矢追純一だ!

3,168 view

90年代、世間の関心を一身に集めたUFO研究家「矢追純一」

今も定期的に特集を組んでいるUFO特集。UFO(未確認飛行物体)というだけあって、未確認のところがミステリーさを生んで、いつの時代も想像力を膨らませますよね。しかし、今とは比べ物にならないほどUFOブームだった時代がある!そう90年代だ!そのUFOブームをけん引していたのが、UFO研究家の矢追純一だ!
矢追純一

矢追純一

矢追純一とは何者?

 (1727206)

矢追 純一(やおい じゅんいち、1935年7月17日 - )は、日本のディレクター、テレビタレント、疑似科学作家。

1935年、満州国新京生まれ。電機学園高等学校(現:東京電機大学高等学校)を経て、中央大学法学部法律学科卒業。

1960年、日本テレビ入局。制作局在職中に『11PM』や『木曜スペシャル』で超常現象を扱ったドキュメンタリー風オカルト番組を数多く手掛け、自らも番組出演する名物ディレクターとして売り出された。

「キワモノ専門の呼び屋」康芳夫と結託して、『石原慎太郎の国際ネッシー探検隊』(1973年)、『超能力者ユリ・ゲラー』(1974年)、『オリバー君来日』(1976年)等の話題作を次々と仕掛け、時代の寵児となったが、スプーン曲げで追従した関口少年のトリックが見破られて超能力ブームが一気に終息したため、1970年代末以降はUFOネタを主に扱うようになった。

系列局のアール・エフ・ラジオ日本に出向してディレクター兼ディスクジョッキーを務めた後、1986年9月に退局。以降フリーのディレクターとして活動する傍ら、財団法人地球環境財団の設立発起人に名を連ね、広報兼常務理事を務めた(後に退任)。またバブル景気に乗じて、オーディオ機器製造会社イマジェックスや、株式会社ジェイプランナーの社長、有限会社スペース・ラブ取締役などを歴任。著書多数。

非認定の株式会社イオンド大学日本校から「理学博士号を授与」され、2000年より教授・未知現象研究学部長の肩書を用いていたが、同社が経営破綻した2007年以降本人のプロフィールから削除されている。

その後、石川県羽咋市のコスモアイル羽咋の名誉館長に就任した。 2011年、コスモアイル羽咋が実施した「UFO検定」を監修した

ユリ・ゲラー!ネッシー!オリバー君!60年代にも空前のブームを作る

UFOブームとなる前、60年代から矢追純一に日本人は夢中だった。1960年代に康芳夫と『超能力者ユリ・ゲラー』『石原慎太郎の国際ネッシー探検隊』『オリバー君来日』など怪奇・探検・超能力ブームを仕掛けのだ。
あの石原慎太郎がネッシーの探検隊隊長とは!時代を感じますよね。

ユリ・ゲラー

 (1727218)

出典 appget.com
ユリ・ゲラー(אורי גלר Uri Geller, 1946年12月20日 - )は、イスラエル・テルアビブ生まれの超能力者を名乗る人物。現在イギリス在住。正式名ウリ・ゲレル・フロイド(אורי גלר פרויד Uri Geller Freud)、生まれた時の姓名はハンガリー名でジェルジ・ゲッレール(György Gellér)。

ネッシー

 (1727221)

ネッシー(英: Nessie)は、イギリス、スコットランドのネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣 (Loch Ness Monster、ロッホ・ネス・モンスター)」の通称。未確認動物の代表例として世界的に知られ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。

オリバー君

 (1727224)

オリバー君(オリバーくん、生年不詳-2012年6月2日)は、1976年に「チンパンジーと人間の中間にあたる未知の生物」「ヒューマンジー」「人パンジー」という触れ込みで来日し、話題となったチンパンジーである。

ゴールデンタイムでUFO特番を連発

元日テレのディレクターということもあり、当初は前述したオリバー君など日テレ特番が多かったが、90年代前半~中盤は、空前のUFOブーム時は、各局で矢追純一のUFO特集が行われた。

大晦日スペ 「緊急 UFO ソ連現地取材特報 !! ビートたけし vs 矢追純一 UFO 対談」 1989

出典 youtu.be
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『昭和のオカルトブーム』:「ロズウェル事件」「宇宙人解剖映像」「オリバーくん」

『昭和のオカルトブーム』:「ロズウェル事件」「宇宙人解剖映像」「オリバーくん」

『昭和のオカルトブーム』として当時、一世を風靡した「ロズウェル事件」(1947年当時の事件・1978年以降の再調査)と「宇宙人解剖映像」(1995年)、「オリバー君」(1976年)を振り返ってみましょう。グロテスクな画像や映像があります。苦手な方は閲覧注意です。
トントン | 5,356 view
「月刊ムー」がついに創刊40周年!期間限定ショップ「ファンタスティックストア・ムー」が新宿で開催!!

「月刊ムー」がついに創刊40周年!期間限定ショップ「ファンタスティックストア・ムー」が新宿で開催!!

“世界の謎と不思議に挑戦する”「ムー」が2019年に創刊40周年を迎えます。それを記念した商品を取り揃えたポップアップショップ「FANTASTIC STORE(ファンタスティックストア)・ムー」が2018年12月22日(土)から12月30日(日)までの9日間、期間限定で新宿マルイアネックス7階イベントスペースにて開催されます。
隣人速報 | 881 view
カップ焼きそば対決「ペヤング」VS「UFO」あなたはどっちが好き?

カップ焼きそば対決「ペヤング」VS「UFO」あなたはどっちが好き?

昔からあるカップ焼きそばと言えば「ペヤング」や「UFO」あなたはどっちが好きですか?
オカルトと言えば?何を思い浮かべますか? ネッシー、ミステリーサークル、ESPカード怪しいグッズまで、色々ありましたね。

オカルトと言えば?何を思い浮かべますか? ネッシー、ミステリーサークル、ESPカード怪しいグッズまで、色々ありましたね。

70年代〜90年代にかけて、ちょっとオカルト的な事が流行りました、あなたが思うオカルトと言えば?ネッシー、ミステリーサークル、ESPカード、リズムメーターなど怪しいグッズまで、色々ありました。
伝説の興行師で、テリー伊藤の師匠「康芳夫」とは?

伝説の興行師で、テリー伊藤の師匠「康芳夫」とは?

漫画『20世紀少年』に登場する万丈目胤舟のモデルになり、演出家テリー伊藤が師匠と崇拝する男・康芳夫。国際ネッシー探検隊を組織し、二足歩行チンパンジー・オリバー君を来日させ、アントニオ猪木対モハメド・アリを実現させた凄腕興行師の実像に迫ります。
こじへい | 825 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト