母を訪ねて三千里
2016年3月17日 更新

母を訪ねて三千里

世界名作劇場が送る第二作目。1976年の1月から12月まで一年に渡って放送された。何度も危機に会いながらも周りの人間に助けられ長い旅路を経て母親の元へと向かう少年マルコを描いた。そんな母を訪ねて三千里を纏めてみました。

2,782 view

母を訪ねて三千里とは

母を訪ねて三千里

母を訪ねて三千里

出典 neoapo.com
フジテレビ系の世界名作劇場枠で放送されたテレビアニメ。放映期間は、1976年1月4日から同年12月26日までで、全52話。原作は、エドモンド・デ・アミーチスの "Cuore" (『クオーレ』)中の Maggio (5月)の挿入話 "Dagli Appennini alle Ande" (アペニン山脈からアンデス山脈まで)。

あらすじ

イタリア・ジェノバに住んでいたマルコ・ロッシは父のピエトロ、母のアンナ、兄のトニオの四人家族で生活をしていた。父のピエトロは貧しい人の為に診療所を作り経営していたが、診療所の経営のお金を騙され、されに貧しい人からもお金を取らなかったために経営がうまくいかず借金を負ってしまう。
そのため、アンナは借金を返済するために親戚のメレッディを頼りアルゼンチンのブエノス・アイレスへと出稼ぎに行ってしまう。マルコはアンナが出稼ぎに向かう船を見送りながら一人前になったら迎えに行くと決心する。
その後、一人前になるためにマルコはビン洗いや郵便配達をしてこつこつ働いていた。その間にもペッピーノ一座との出会いや、ピエトロの仕事を間近で知り大変な仕事であることを理解したりと精神的に成長していく。
しかし、アルゼンチンからたびたび届いていたアンナからの手紙が体を壊して2,3日寝込んでいること、そして仕送りを送ると書いてあったのにもかかわらず送られていない不可思議な手紙を最後に途絶え音信不通になってしまう。
心配したマルコはアンナの元へと尋ねるべく、家族に内緒で快速船フォルゴーレ号に密航してアルゼンチンへと向かったのだった。

登場人物

マルコ・ロッシ

マルコ・ロッシ

CV.松尾佳子
本編の主人公。9歳。とても元気で働き者だが、頑固で気分屋の少年。すぐに思い詰める癖があり、悲観的に考えてしまう。
自分を一人前だと認めてもらいたいが為に、ビン洗いやジーナの船会社に届いた郵便物を配送したりしてこつこつと働き、長期間アンナから手紙が来ないことにいてもたってもいられず、ついにはアルゼンチンへ行く決心をする。
アンナ・ロッシ

アンナ・ロッシ

CV.二階堂有希子
マルコの母。アルゼンチンに渡った時点で38歳。ピエトロの借金を返す為にアルゼンチンへ出稼ぎに行くが、頼りにしていたメレッリに騙され、ジェノバと音信不通になり、結果的には病に冒されてしまう。
ペッピーノ

ペッピーノ

CV.永井一郎
人形劇の旅芸人であり、ペッピーノ一座の座長。父親と言うより、いつまでも夢を追い続けている少年のような人。コンチエッタが熱を出した時に、お祈りしかできないほど頼りなく妻に逃げられてしまった。しかし夢は大きく持っており、バイアブランカではモレッティの計らいにより劇場建設計画が打ち立てられたほど。結局実現することはなかったが、マルコの母親探しのためにひとはだ脱いで馬車を借りたり、汽車に乗れなかったマルコをその馬車でバイアブランカまで送っていったり、ジェノバでは一緒にアルゼンチンへ行こうと告げたり(このアルゼンチンへの件だけは実現しなかったが)とマルコの旅には欠かせない存在となった。
フィオリーナ・ペッピーノ

フィオリーナ・ペッピーノ

CV.信沢三恵子
ペッピーノの次女。どことなく影があり決して明るいとは言えない女の子。友達もいなかったが、マルコと知り合ってからは少しずつ明るさを取り戻し、アルゼンチンでは逆にマルコを励ます立場へ変わる。一座では当初劇に合わせてシンバルを鳴らしたり、客からお金を集めることしかしていなかったが、後半では人形劇に出演するようになった。

関連動画

母をたずねて三千里 OP - YouTube

「草原のマルコ」
作詞 - 深沢一夫 / 作曲・編曲 - 坂田晃一 / 歌 - 大杉久美子

母をたずねて三千里 世界名作劇場 かあさんおはよう - YouTube

「かあさんおはよう」
作詞 - 高畑勲 / 作曲 - 坂田晃一 / 編曲 - 小六禮次郎 / 歌 - 大杉久美子

関連Twitter

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

1970年代から人気を集めている少女マンガ『ベルサイユのばら』の最新13巻が1月25日に発売することを記念して、22日まで大相撲一月場所にオスカルの懸賞幕が毎日登場する。
red | 997 view
【ベルばら】オスカルとアンドレの“幻の結婚生活”を表現したティーカップセット

【ベルばら】オスカルとアンドレの“幻の結婚生活”を表現したティーカップセット

男装の麗人・オスカルと幼馴染にして彼女の従卒であるアンドレの“叶わなかった結婚生活”を表現したティーカップ&ソーサーセットが登場。2017年に45周年を迎える漫画『ベルサイユのばら』と高級陶磁器メーカー『ノリタケ』のコラボで実現した。
ribbon | 1,769 view
【フランダースの犬】言わずと知れた名作、パトラッシュとの想い出を振り返ってみよう!

【フランダースの犬】言わずと知れた名作、パトラッシュとの想い出を振り返ってみよう!

パトラッシュといえば?そうです、「フランダースの犬」ですね!ベルギーののどかな田舎を舞台に繰り広げられる、絵画をこよなく愛する少年と犬の物語。そして、あの胸に訴えかける悲劇的なラスト!!さて、どんなアニメだったでしょうか?
Manalie | 4,862 view
今見てもカワイイ!!あらいぐまラスカルを覚えていますか?

今見てもカワイイ!!あらいぐまラスカルを覚えていますか?

モンストのCMで若い人たちにもおなじみ、あらいぐまラスカル。キャラクターは知っているけど、内容まではよく知らないという人が多いのではないでしょうか。ここではそんなラスカルについて詳しくご紹介します!
きゃとらん | 4,159 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト