東大にさえ入れば人生は何とかなる!?赤松健『ラブひな』の世界
2019年10月15日 更新

東大にさえ入れば人生は何とかなる!?赤松健『ラブひな』の世界

1998年から連載をスタートしたマンガ『ラブひな』は、東大合格を目指して2浪する浦島景太郎が主人公のラブコメマンガです。男性が個性溢れる少女たちの暮らす女子寮の管理人になり一緒に暮らすことになるという、いわゆるハーレムマンガの先駆けでした。この作品の今も変わらぬ魅力を紹介します。

767 view

『ラブひな』とは?

知ってる?アイしあう二人がトーダイってとこに入るとね、「シアワセ」になれるんだって。大きくなったらふたりでいっしょにトーダイ行こーね。
出典 『ラブひな』第1巻1話
4歳の時に、もう名前も覚えてない女の子とそんな約束をした浦島景太郎。15年後、彼は東大を目指して2浪していた。家を出て祖母が経営する温泉旅館を訪ねるのだが、いつの間にかそこは女子寮「ひなた荘」になっていた。管理人としてそこに一緒に住むことになった景太郎は、住人たちとドタバタを繰り広げながら東大合格を目指す。

これこそハーレムマンガ!

勉強だけじゃなくスポーツもダメ。顔もパッとしないし、とりえもないし、ほんっとモテる要素がない男だよな。
出典 『ラブひな』第1巻1話
これが主人公・浦島景太郎の自己評価です。そんな冴えない男が、たくさんの女の子たちにモテてモテて囲まれ生活を送る。それがハーレムマンガというジャンルの基本パターンです。

このハーレムマンガの始まりは何かと遡るのは難しいのですが、1998年から連載の赤松健『ラブひな』から10年前、1988年から連載された藤島康介『ああっ女神さまっ』がひとつとして上げられるかと思います。これは同じく冴えない男のもとに、美しい女神さまたちがやってくるという展開になっています。

ちなみに、さらに10年前の1978年から連載された高橋留美子『うる星やつら』があるのですが、これはたくさんの女性キャラクターたちが登場するものの、皆が主人公を好きな訳ではないという理由で、ハーレムマンガとは呼ばれることはあまりないようです。

さて、その『ラブひな』なのですが、今も続くハーレムマンガの歴史の中で、とても重要な作品だと位置付けられているようです。その理由のひとつとしては、恋愛ゲームの文化を大きく取り入れた、最初期のマンガだということがあげられるでしょう。

恋愛ゲームとは?

 (2139748)

『ラブひな ご~じゃす ~ チラっとハプニング!! ~ (限定版)』
コナミから2003年に発売された、『ラブひな』を原作とした恋愛ゲーム(PlayStation2)。
恋愛ゲームとは「たくさんの女の子が出てくる中、主人公の行動によってストーリーが変わり、最後に結ばれる女の子が変わる」というジャンルのゲームです。

懐かしの代表作としては1994年発売の『ときめきメモリアル』があげられるでしょう。これは主人公が「卒業式の日に、校庭にある樹の下で女の子から告白されて誕生したカップルは、永遠に幸せになれる」という伝説のもとに高校生活を送るというゲームです。
その設定からして、『ラブひな』は『ときめきメモリアル』に似ていますね。

そして恋愛ゲームの特徴として、そのゲームの中で一番美しかったり優しかったりする、メインヒロインがいます。
その他の女の子たちは、サブヒロインと呼ばれます。メインではないものの、彼女たちもまた恋愛対象になるヒロインたちである、というところが恋愛ゲームの最大のポイントです。
そしてこのサブヒロインたちは、他のキャラクター同士との差別化をはかるため、みな個性的だったりします。
ある子は「引っ込み思案で泣き虫な妹的存在の女の子」、ある子は「スポーツ好きで自分をボクと呼ぶボーイッシュな女の子」という風に、極端なキャラクターであることが多くなっているようです。

まとめると、恋愛ゲームとは基本的に、そんなたくさんの女の子たちから好意を抱かれたりしながら生活し、恋人になることを目指すゲームなのです。

『ラブひな』は、この要素を大きく取り入れています。成瀬川なる、というメインヒロインを中心にして、ひなた荘に住む個性的なサブヒロインたちから好意を抱かれながら生活するというマンガなのです。
では、ひなた荘に住む、そんな女の子たちを紹介しましょう。

成瀬川なる(17歳)

 (2139744)

メインヒロイン。景太郎と同じ東京大学を目指す現役受験生。成績優秀で、模試では全国トップを取ったこともある。すぐ殴る。やがて景太郎を恋するようになる。

前原しのぶ(13歳)

泣き虫な、妹的存在のキャラクター。最初に景太郎へ恋心を抱いた。

青山素子(16歳)

いつも道着姿の和風キャラクター。剣道部で、昔から続く神鳴流という剣術の使い手。日本刀を持ち歩いている。最初は一番景太郎を嫌っているが、やがて恋心を抱くようになった。

カオラ・スゥ(12歳)

元気な妹的キャラクター。肌は褐色。赤い満月の夜に月光を浴びると、大人っぽく変身するというファンタジー的な設定を持つ。景太郎を好きだと無邪気に公言するが、異性としても恋心を持っていると思われる。

紺野みつね(19歳)

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【90年代】ゲームに関するクイズ!超魔界村からメタルギアソリッド、シーマンまで

【90年代】ゲームに関するクイズ!超魔界村からメタルギアソリッド、シーマンまで

ミドルエッジがおくる懐かしの90年代のゲームに関するクイズ!全10問の三択形式クイズに皆さんも是非挑戦して下さい!!
メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 789 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,602 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 875 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 472 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト