SF映画『ガタカ』遺伝子が管理された世界。宇宙飛行士になる為、イーサン・ホークが他人になりすます!
2017年8月24日 更新

SF映画『ガタカ』遺伝子が管理された世界。宇宙飛行士になる為、イーサン・ホークが他人になりすます!

1998年日本公開のアンドリュー・ニコル監督デビュー作品。遺伝子操作により管理された近未来を描いたディストピア(ユートピアの対義語。暗黒郷)映画。出演者はイーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウ等。

772 view

イーサン・ホーク主演の映画『ガタカ』

1998年日本公開のアンドリュー・ニコル監督デビュー作品。
遺伝子操作により管理された近未来を描いたディストピア(ユートピアの対義語。暗黒郷)映画。
サスペンス要素も含んだSF映画。

アンドリュー・ニコルは脚本も務めている。また、音楽はパトリス・ルコント監督の「仕立て屋の恋」(1989年)、「髪結いの亭主」(1990年)やジェーン・カンピオン監督の「ピアノ・レッスン」(1993年)等のマイケル・ナイマンが担当した。
アンドリュー・ニコル

アンドリュー・ニコル

《関わった作品》
・「トゥルーマン・ショー」(1998年、脚本)
・「ターミナル」(2004年、製作総指揮)
・「ドローン・オブ・ウォー」(2014年、監督・脚本)
マイケル・ナイマン

マイケル・ナイマン

ミニマル・ミュージックの作曲家。ピアニスト、オペラ台本作家、音楽学者、音楽評論家でもある。
出演者はイーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウ等、当時の若手俳優を起用。
映画公開の翌1998年5月には、主演のイーサン・ホークと劇中恋愛関係になるユマ・サーマンが結婚した。2子をもうけたが、2004年にイーサン・ホークの浮気が原因で離婚。
イーサン・ホーク

イーサン・ホーク

ユマ・サーマン

ユマ・サーマン

映画『ガタカ』 あらすじ

近未来。遺伝子工学の進歩で胎児の間に劣性遺伝子を排除することが出来るようになった。自然の形で生まれたヴィンセント・フリーマン(イーサン・ホーク)は、心臓が弱く30歳までしか生きられないと宣告されていた。

遺伝子排除されて生まれた弟アントン(ローレン・ディーン)と比べ、自分を遺伝子的に劣った「不適正者」であると思っていたヴィンセントだが、遠泳でアントンに勝った彼は家を出る決心をする。

宇宙飛行士になるため、宇宙開発を手掛ける企業・ガタカ社の就職試験を受けたヴィンセントは、「不適正者」のため、DNAブローカーにジェローム・ユージーン・モロー(ジュード・ロウ)を紹介してもらう。
ヴィンセント

ヴィンセント

ユージーンは大きな大会で銀メダルを獲得する程の有名な水泳選手で、非常に優秀な遺伝子を持つ超エリートだった。しかし、その優秀さゆえに悩み、車との衝突事故での自殺未遂を図り、下半身不随になっていた。

ヴィンセントはユージーンの生活を保証する代わりに、血液などのサンプルを提供してもらい、それらを個人を照合する際に利用することで、現実社会でユージーンとして生きることが許された。

また、ユージーンではないとバレないよう髪型等も似せた。さらに数センチ足りなかった身長は脚の手術を行い、激痛に耐えながらもなんとか補うことに成功した。

数年後、ヴィンセントは念願だった金星の衛星タイタン行きの宇宙飛行士に選ばれるが、ロケット打ち上げに反対していた上役の社員が殺されてしまう。
ガタカ社の入り口での個人照合

ガタカ社の入り口での個人照合

ユージーンの血液を保管

ユージーンの血液を保管

ガタカ社に捜査官が多数入り、証拠品を押収していく。その時に被害者の近くからヴィンセントのまつ毛が発見される。以前、ヴィンセントは宇宙飛行士に憧れていた時代に、ガタカ社で清掃のアルバイトをしていたのだ。

ガタカ社の入り口では毎朝指先の血液から個人の照合を行う等、本人なりすましの可能性が低く、現在は部外者となったヴィンセントが被害者への何らかの恨みを晴らすために舞い戻ったと推測され、町中に厳しい捜査網が敷かれていく。

そうした緊迫した状況の中、女性局員アイリーン(ユマ・サーマン)とヴィンセントは急速に仲を深めていく。ヴィンセントが犯人ではないかと疑いつつも男女の関係になったアイリーンは、ユージーンとして暮らすヴィンセントに嫌疑をかけてきた捜査官の目をごまかし、ヴィンセントを救う。
アイリーン

アイリーン

その後、ヴィンセントの上司が犯人として検挙される。数十年に一度のロケット打ち上げに反対した被害者を消したいが為の犯行だった。

しかし、ヴィンセントは捜査官と再びガタカ社内で会う。なぜなら捜査官は弟のアントンだったからである。身分詐称の罪を問われたアントンだったが、かつてのように再び遠泳の勝負を挑む。またも宇宙への強い想いが体力をカバーし、弟に勝ってしまう。

そして、ヴィンセントは夢の宇宙飛行へと旅立っていく。
その頃地球では、身代わりを許し、役目を終えたユージーンは自ら命を絶った。
ロケット発射時に色々な思いを巡らせるヴィンセント

ロケット発射時に色々な思いを巡らせるヴィンセント

最期、銀メダルを眺めるユージーン

最期、銀メダルを眺めるユージーン

主演・イーサン・ホークの経歴

1970年11月6日、アメリカ・テキサス州出身。
俳優、作家、小説家、映画監督。

1985年に映画「エクスプロラーズ」でデビューし、「いまを生きる」(1989年)や「恋人までの距離」(1995年)に出演。

俳優業以外にも積極的で、1996年には小説「痛いほどきみが好きなのに」を出版し、2006年には自身が監督を務め映画化している。
映画監督デビューは2001年公開の「チェルシーホテル」だった。

近年の活動では、2014年公開のリンクレイター監督作「6才のボクが、大人になるまで。」で2度目のアカデミー助演男優賞にノミネートされている。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が漫画になって復活!映画の脚本担当「ボブ・ゲイル」が完全監修!!

あの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が漫画になって復活!映画の脚本担当「ボブ・ゲイル」が完全監修!!

1985年の初公開以来、世界的な人気を集めている「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が漫画になります!このマンガがすごい!WEBにて、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を下地とした漫画「BTTF(ビー・ティー・ティー・エフ)」の連載開始が発表されました。
隣人速報 | 3,960 view
雑誌『Pen』が「SF絶対主義。」と題した特集号を発売!ブレードランナーから星新一、ドラえもんの功績などがズラリ!

雑誌『Pen』が「SF絶対主義。」と題した特集号を発売!ブレードランナーから星新一、ドラえもんの功績などがズラリ!

『ブレードランナー2049』や『エイリアン:コヴェナント』等の続編がこの秋冬に公開されるが、今回、CCCメディアハウスが発刊している雑誌『Pen』 11月1日号(10月16日発売)で、そのSFをメインテーマに特集が組まれている。
【98年】ジム・キャリーの傑作風刺コメディー「トゥルーマン・ショー」をふりかえる

【98年】ジム・キャリーの傑作風刺コメディー「トゥルーマン・ショー」をふりかえる

当時、社会への風刺を込めた滑稽なシナリオに面白さを感じ、またこのような変わった視点があるんだなという学びがあった為、DVDも繰り返し観ておりました。ふりかえります。
たまさん | 1,391 view
【98年】こんなのあり!?「L'Arc~en~Ciel」とハリウッド版「GODZILLA(ゴジラ)」の関係をふりかえる

【98年】こんなのあり!?「L'Arc~en~Ciel」とハリウッド版「GODZILLA(ゴジラ)」の関係をふりかえる

ラルクが98年にリリースした「浸食~lose control~」は、ジャン・レノ出演のハリウッド版「GODZILLA(ゴジラ)」のBGMとして使用されておりました。今回はそれをふりかえります。
たまさん | 959 view
映画「ターミネーター」新作が制作中止に!”これ以上続けても意味がない”

映画「ターミネーター」新作が制作中止に!”これ以上続けても意味がない”

「パラマウント」の上層部が映画「ターミネーター」の最新作の制作中止を決断した。これにより、アーノルド・シュワルツェネッガーが出演するという話もなくなった。
red | 9,155 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト