若貴ブームに沸く92年公開!映画『シコふんじゃった。』モックンが弱小相撲部で奮闘!
2017年4月25日 更新

若貴ブームに沸く92年公開!映画『シコふんじゃった。』モックンが弱小相撲部で奮闘!

1992年に公開された周防正行監督の映画『シコふんじゃった。』。モックンこと本木雅弘が主演。若貴ブームで相撲人気が高かった頃に、日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した名作。

1,463 view

モックンこと本木雅弘主演の映画『シコふんじゃった。』

1992年に公開された映画『シコふんじゃった。』。
脚本・監督を務めたのは「ファンシイダンス」や「Shall we ダンス?」の周防正行(すお まさゆき)。
主演はモックンこと本木雅弘。撮影は「風、スローダウン」の栢野直樹が担当している。

本作は「第16回日本アカデミー賞」にて最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀主演男優賞(本木雅弘)、最優秀助演男優賞(竹中直人)や「第66回キネマ旬報ベストテン」でも委員選出日本映画部門第1位、読者選出日本映画部門第1位、監督賞を受賞している。他にも受賞多数。
映画『シコふんじゃった。』DVD

映画『シコふんじゃった。』DVD

軟派なサークルに所属している男子学生(本木雅弘)が、単位取得の目的で、相撲部に臨時入部することで物語が動き始めるコメディ映画。

「若貴ブーム」に沸いていた92年当時に公開された。また、そのブームの盛り上がりについて劇中でもセリフで語られている。

挿入歌で使われたおおたか静流「悲しくてやりきれない」「林檎の木の下で」が、非常に柔らかく、物語に温かみを与えている。

Shiko funjatta — Sumo Do, Sumo Don't — Trailer

※予告動画

あらすじ

舞台はキリスト教系の教立大学。
主人公である山本秋平(本木雅弘)は、シーズン・スポーツ愛好会というサークルに所属する4年生。親類のコネで超大手企業への就職も決め、サークルで行く沖縄旅行でのスキューバ・ダイビングを楽しみにしていた。
山本秋平(本木雅弘)

山本秋平(本木雅弘)

※映画『シコふんじゃった。』DVD
しかし、卒業するための単位が足らず、卒論の指導教員である穴山教授(柄本明)の研究室を訪ねることに。
普段授業は”代返”で出席している秋平は、穴山の顔も分からず、同室にいた大学院生の川村夏子(清水美砂)を穴山と勘違いしてしまう。その様子を見た穴山に出席について突っ込まれ、タジタジとなった秋平。さらに穴山から単位を与えないと言われてしまう。

動揺する秋平に穴山は、相撲部の助っ人として大会に参加すれば、単位を与えると交換条件を提案する。
相撲部顧問の穴山は元・学生横綱!

相撲部顧問の穴山は元・学生横綱!

ヒロイン・川村夏子は自分の意見をはっきり持っている才女!

ヒロイン・川村夏子は自分の意見をはっきり持っている才女!

渋々提案を受け入れた秋平は、土俵のある相撲部の部室に入る。そこには、唯一の相撲部員で、8年生の青木(竹中直人)がいた。
まわしをふんどしと言い間違える秋平に何度も「ま・わ・し」と注意しながら、大会へ出るために他の部員を勧誘しに行く。
そこで、肥満体型の田中豊作(田口浩正)の勧誘になんとか成功する。

また、大学院生の夏子は、相撲部のマネージャーも務めており、プロレス部で女装レスラーでの試合を強要されていた秋平の弟・春雄(宝井誠明)をスカウトしてくる。その後、留学生のイギリス人で体格の良いスマイリー(ロバート・ホフマン)を引き込むことができ、メンバーが揃った。
取組前には緊張から決まって”下痢ピー”になる青木

取組前には緊張から決まって”下痢ピー”になる青木

青木は、実力も無いくせに秋平に先輩風を吹かせる。

青木は、実力も無いくせに秋平に先輩風を吹かせる。

かつては名門だった教立相撲部。顧問である穴山は、小柄ながら学生横綱にもなったほどの実力者だった。しかし、年を追うごとに相撲部は弱小となり、現在では三部リーグのしかも最下位と成り下がってしまった。

そして、秋平率いる寄せ集め集団で、団体戦に臨むが、現実は厳しく、一勝も出来ずにぼろ負けを喫した。青木に至っては相撲愛はあれど、これまで一勝もしたことがないという体たらく。
対戦相手の北東学院大学にコケにされても、何も言い返せない秋平達だった。

その夜に行われた激励会で、秋平達と観戦に来ていたOB達が口喧嘩を始めてしまう。その場で秋平は「勝ってやるよ、絶対勝ってやるよ!」と力強く宣言する。

以降、春雄に憧れて教立大学相撲部マネージャーとなった巨体の間宮正子(梅本律子)も加わり、秋平達は本音では嫌々ながらも相撲道に精進していく。
穴山の田舎の実家での夏合宿を経て、惨敗から3か月後に行われたリーグ戦に出場する。
「ま・わ・し」姿の相撲部員達

「ま・わ・し」姿の相撲部員達

秋平達はギリギリながらも何とか勝ち進んでいく。途中、春雄の骨折や青木の悲願の初勝利などを経て、チームが段々と一つになっていく。

そして、因縁の相手ともいえる北東学院大学と対戦。勝った方の勝ちとなる最後の取組で秋平が
粘りに粘って勝利する。歓喜の教立相撲部員とOB、応援の人々。

その後、三部と二部の入れ替え戦にも出場。春雄の代わりに”まさお”として出場した正子のド迫力の取組などがあった。大将戦でまたも勝ちを収めた秋平の活躍により、見事二部昇格を果たした。

昇格後、豊作は大相撲の世界へ、スマイリーは帰国、正子と春雄はロンドンへ留学、青木もついに卒業と、部員は秋平だけに。相撲に愛着を抱き始めた秋平は、せっかくのコネ入社を蹴り、もう1年相撲部を続けるという。
最後、夏子が男子禁制のはずの土俵に上がり、秋平と共にシコを踏む。そして、「シコふんじゃった。」と笑う。
夏子が思わず「シコふんじゃった。」と言うラストシーン。

夏子が思わず「シコふんじゃった。」と言うラストシーン。

”教立大学”は”立教大学”を逆にした校名など、周防監督のユーモアが至る所に散見!

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【取材】周防正行が母校・立教大相撲部の名誉監督に就任!『シコふんじゃった。』同様、部員減少に悩む相撲部を救えるか!?

【取材】周防正行が母校・立教大相撲部の名誉監督に就任!『シコふんじゃった。』同様、部員減少に悩む相撲部を救えるか!?

周防正行さんによる1992年の映画『シコふんじゃった。』。母校である立教大学相撲部をモデルにした青春コメディでした。今回、映画同様に部員減少に悩む立教大学相撲部を救うべく、周防さんが「名誉監督」に就任しました。映画撮影時のエピソードもふんだんに聞けた就任記者会見へ伺って参りました!
98年以降、長らく日本出身”最後の横綱”だった若乃花!実は横綱昇進の口上で引退を表明するつもりだった!

98年以降、長らく日本出身”最後の横綱”だった若乃花!実は横綱昇進の口上で引退を表明するつもりだった!

2017年1月25日、大関・稀勢の里が横綱昇進を決定させた。19年ぶりの日本出身力士の横綱誕生となったが、20世紀最後の日本出身横綱は若貴ブームで有名な若乃花だった。また、稀勢の里が2016年に年間最多勝を獲得するまで、日本出身力士としては若乃花が最後に受賞していた。
ひで語録 | 10,957 view
筋骨隆々・寺尾!18歳の貴花田に敗れ、さがりを花道に叩きつけた!1勝14敗でも貴乃花に勝ちたい!!

筋骨隆々・寺尾!18歳の貴花田に敗れ、さがりを花道に叩きつけた!1勝14敗でも貴乃花に勝ちたい!!

元関脇鶴ヶ嶺を父に持ち、二人の兄も力士で、井筒3兄弟と言われた角界のサラブレッド・寺尾。しかし、親の七光りではなく、努力と情熱で39歳まで現役を続け、鉄人と呼ばれた。貴花田との名勝負や貴闘力や小錦の最後の取組相手にもなった寺尾の足跡を辿る。
ひで語録 | 97,318 view
【訃報】元横綱・輪島こと輪島大士さん死去。プロレス、バラエティなどでも活躍

【訃報】元横綱・輪島こと輪島大士さん死去。プロレス、バラエティなどでも活躍

大相撲の元横綱・輪島こと輪島大士さん(本名:輪島博)が9日、亡くなったことが明らかとなりました。70歳でした。
隣人速報 | 1,672 view
『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 815 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト