80,90年代に活躍したプロ野球名キャッチャー
2016年11月25日 更新

80,90年代に活躍したプロ野球名キャッチャー

プロ野球と言えば、ニュースに出るのはピッチャーやホームランバッターばかりですが、試合のカギを握ると言われるポジションが「キャッチャー(捕手)」です。まさに通が好むポジションであるキャッチャーで、80,90年代に活躍したプロ野球名キャッチャーをプレイバックしていきましょう。

10,081 view

80,90年代に活躍したプロ野球名キャッチャー

プロ野球と言えば、ニュースに出るのはピッチャーやホームランバッターばかりですが、試合のカギを握ると言われるポジションが「キャッチャー(捕手)」です。まさに通が好むポジションであるキャッチャーで、80,90年代に活躍したプロ野球名キャッチャーをプレイバックしていきましょう。
 (1619363)

山倉和博

 (1619370)

所属:読売ジャイアンツ
生年月日:1955年9月2日
身長:178cm
投球・打席:右投げ右打ち

キャッチャーと言えば、打撃は二の次で、リードなど守備面を重視するイメージですが、山倉の場合、1987年には22本塁打を記録するなど、恐怖の8番打者として活躍しました。
勝負強いバッティングから「意外性の男」と呼ばれた。

山倉サヨナラヒット 1983年 巨人 vs 阪神 - YouTube

伊東勤

 (1619394)

所属:西武ライオンズ
生年月日:1962年8月29日
身長:181cm
投球・打席:右投げ右打ち
現在:千葉ロッテマリーンズ 監督

秋山、石毛、東尾、清原らスタープレイヤーに隠れ、地味な存在ながら西武黄金期を支えた名キャッチャー。まさに頭脳となり、巧みなリードで投手を牽引。

92日本シリーズ第3戦 ライオンズ伊東勤 - YouTube

八重樫幸雄

 (1619398)

所属:ヤクルトスワローズ
生年月日:1951年6月15日
身長:180cm
投球・打席:右投げ右打ち
現在:ヤクルトスワローズ スカウト

記録と言うより、記憶に残る名キャッチャーと言えばこの人!
独特のバッティングフォーム(極端なオープンスタンス)は、野球小僧がこぞってマネをしたほど。

ベテラン23年目 41歳 八重樫幸雄【ヤクルト】日本シリーズ ヤクルトー西武 - YouTube

達川光男

 (1619403)

所属:広島東洋カープ
生年月日:1955年7月13日
身長:177cm
投球・打席:右投げ右打ち
現在:フジテレビ野球解説者

当たってもいないのに、デットボールと主張するなど珍プレーの常連だったが、肝心のリード面でも卓越したものがあった。特異なキャラで、こんなにもファンに愛された選手も少ない。

達川さんの詐欺師デッドボール - YouTube

香川伸行

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ⚾ NPB Yakult 2021/9/26 16:39

    東京ヤクルトの野村・古田両捕手監督はスゴイ

    2020/2/11 13:30

    捕手は「女房」と呼ばれる
    大事なポジション

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【プロ野球】最多負け越し記録!チームの暗黒期を支えた名投手たち6選

【プロ野球】最多負け越し記録!チームの暗黒期を支えた名投手たち6選

今回注目するのは、投手の「最多負け越し記録」。この記録を作るには、チームの主力投手として登板数が多く、なおかつチームが低迷して敗北数も多い必要があります。実際に名を連ねるのは、タイトルを獲得するほどの名投手ばかり。今回は、1970年以後、年間11敗以上負け越している6投手を見てみます。
izaiza347 | 627 view
【吉田孝司】一軍ベンチ入り試合数は巨人歴代4位!川上巨人、長嶋巨人の黄金期を支えた名捕手

【吉田孝司】一軍ベンチ入り試合数は巨人歴代4位!川上巨人、長嶋巨人の黄金期を支えた名捕手

第一次長嶋巨人でV2に貢献した正捕手と言ったらこの人、吉田孝司捕手。川上監督のV9時代は、森昌彦捕手の二番手でしたが、その頃から常にベンチ入りし、"一軍ベンチ入り試合数"においては、なんと巨人歴代4位です。引退後も長きにわたり、巨人でバッテリーコーチを務め、チームの躍進に貢献しました。そんな吉田孝司捕手の活躍を振り返ります。
izaiza347 | 316 view
元プロ野球選手の面白いYouTubeチャンネル

元プロ野球選手の面白いYouTubeチャンネル

昭和の時代に活躍した元プロ野球選手が、YouTubeで語る高校野球の思い出やドラフト会議の裏側、現役当時の秘話を披露。野球解説のみならず、ゲストを招いてのトークやコラボ動画など、プロ野球に興味がない方も楽しめる、YouTubeが面白い元プロ野球選手のまとめ。
大きな体格からドカベンの愛称で親しまれた『香川伸行』の生涯!!

大きな体格からドカベンの愛称で親しまれた『香川伸行』の生涯!!

1979年にドラフト2位でプロ入りし、大きな体格から水島新司の野球漫画『ドカベン』の主人公である捕手・山田太郎に体型が似ていたことから、ドカベンの愛称で親しまれた香川伸行さん。まとめてみましたよ。
ギャング | 47,402 view
【〇〇のドカベン】と呼ばれた球児たち

【〇〇のドカベン】と呼ばれた球児たち

水島新司さんによる長編野球漫画「ドカベン」。その主人公の山田太郎の影響でしょうか、ぽっちゃり系の強打で強肩の高校球児が甲子園に出場すると、とかく「〇〇のドカベン」とマスコミはつけたがるものです。ここではそんな「〇〇のドカベン」と呼ばれた高校球児たちをご紹介します。
和尚 | 18,564 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト