【鬼束ちひろ】のデビューまでの活動と初期の名曲を振り返ってみる
2017年8月15日 更新

【鬼束ちひろ】のデビューまでの活動と初期の名曲を振り返ってみる

この記事では、【鬼束ちひろ】さんのデビューまでの活動と、初期の頃の名曲を振り返ってみたいと思います。

1,112 view

【鬼束ちひろ】について

鬼束ちひろ

鬼束ちひろ

鬼束ちひろ(おにつか ちひろ、1980年10月30日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。本名同じ。宮崎県日南市南郷町(旧南那珂郡南郷町)出身。宮崎県立日南高等学校卒。所属事務所はNAPOLEON RECORDS、レコードレーベルはJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント。2013年からは鬼束ちひろ & BILLYS SANDWITCHESのボーカルとしても活動。血液型はO型。
小学生の頃より部活は陸上で、中学時代は陸上部のキャプテンであり、短距離400mリレー走選手として九州大会にも出場歴があるそうです。

デビューまではどうだったのか

Amazon | the ultimate collection | 鬼束ちひろ | J-POP | 音楽 通販 (1906095)

幼少期から家族の影響で音楽に親しんでいたそうです。
高校2年生の時にジュエルのアルバム『心のかけら』によってその音楽と存在に衝撃を受け、その瞬間からシンガーソングライターを志したとのこと。
17歳の時に、文化祭でエイズに関する劇の主役をやった事に感化され、初めての楽曲「call」を作り、以降デビュー決定後までは全て英語詞で楽曲を作っていたそうです。
高校3年生の秋、MELODY STAR RECORDS(東芝EMIとVirgin TOKYOとの共同運営によるレーベル)主催のオーディションを受け、そこで「call」を披露し才能を評価され、グランプリを受賞、ボーカルテストで才能を認められました。
そして高校を卒業と同時に上京し、ファーストアルバムの名曲達が少しづつ作成しれていくのでした。
2000年にはシャイン、月光、Cageがシングルとなり、一躍その名を轟かせることになります。

ファーストアルバム『インソムニア』について

インソムニア

インソムニア

全曲作詞作曲:鬼束ちひろ

1. 月光 4:59
2. イノセンス 5:17
3. BACK DOOR (album version) 5:05
4. edge 4:31
5. We can go 4:46
6. call 5:15
7. シャイン (album version) 4:54
8. Cage 4:30
9. 螺旋 4:02
10. 眩暈 5:06
11. 月光 (album version) 5:07
タイトルは不眠症の意味だが、本人は「響きが良いから」との理由で意味を考慮することなく付けたという。これは自身がデビューした当初から考えていたという。
オリコン週間チャート初登場1位を記録、発売から1ヶ月でミリオンヒットを記録し、鬼束ちひろ最大のヒット作となる。
この作品で第16回ゴールドディスク大賞ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞した。
ゴールドディスク大賞に選ばれるのも納得のいく名盤でしたよねぇ
これだけ名曲揃いのデビューアルバムも少ないんじゃないでしょうか?
私もこのアルバムは何度も何度も聴き返しましたが、捨て曲が1曲もありませんでした。
ほんとにアルバム全体が素晴らしい作りになってましたよね。

インソムニアから厳選5曲!

そんな名盤のインソムニアですが、ここから5曲を厳選してみたいと思います。
このアルバムはベストアルバムの様なラインナップになっていましたよねぇ
ここから更に厳選するのは難しいことなのですが、今回は「月光」「We can go」「call」「Cage」「眩暈」の5曲をチョイスしてみました。

月光

鬼束ちひろ - 月光

このアルバムを通して「月光」で始まり「月光」で終わるというのは本人や制作側の意図である。プロモーションビデオは八王子ホテルニューグランドに併設されているウェディングチャペルで撮影された。
この曲は誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
鬼束ちひろさんの最も有名な曲ですね。

We can go

鬼束ちひろ - We can go

カントリーロックを重視した楽曲で、自身が上京して初めて作った作品であるという。
このプロモーションビデオはノーカットで撮影されているそうです。
このアルバムの中では、他の曲とはちょっと違った雰囲気でしたよね。
とても良い曲だと思いました。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

デビュー30周年の森高千里が和装で『新春すてきな奥さん』の表紙に登場!夫婦生活や子育てに関して赤裸々に告白!

デビュー30周年の森高千里が和装で『新春すてきな奥さん』の表紙に登場!夫婦生活や子育てに関して赤裸々に告白!

1987年にデビューした森高千里さんが11月17日発売『新春すてきな奥さん』(主婦と生活社)の表紙に登場。可憐で若々しい和服姿を披露してくれます。30周年を振り返りながら、夫婦円満の秘訣、子育ての話などを赤裸々に語っています。
観月ありさ歌手デビュー25周年!12月5日の40歳の誕生日にベストアルバムをリリース!

観月ありさ歌手デビュー25周年!12月5日の40歳の誕生日にベストアルバムをリリース!

女優で歌手の観月ありさ(39)が、歌手活動25周年を記念して、自身の誕生日となる12月5日にコンプリートベストアルバム『VINGT-CINQ ANS』を発売する。デビュー曲である「伝説の少女」や代表曲である「TOO SHY SHY BOY!」が収録。
「バックトゥザフューチャー」や「フォレストガンプ」の監督が手掛けた『キャスト・アウェイ』ー無人島への漂着、生き抜いた男性の人生とは―

「バックトゥザフューチャー」や「フォレストガンプ」の監督が手掛けた『キャスト・アウェイ』ー無人島への漂着、生き抜いた男性の人生とは―

「フォレスト・ガンプ」の監督が贈る『キャスト・アウェイ』。ある日、あなたが無人島に漂着したら――。そんな過酷の中でも、“生きる”とは、“希望を持つ”ということは、一体何なのか、それをを体現したチャック演じる「トム・ハンクス」の演じ様を振り返りましょう。
me*me | 472 view
『御法度』大島渚の遺作であり「松田優作の息子」と宣伝された松田龍平デビュー映画!監督自ら熱烈オファーで実現!

『御法度』大島渚の遺作であり「松田優作の息子」と宣伝された松田龍平デビュー映画!監督自ら熱烈オファーで実現!

1999年に公開された大島渚監督の『御法度』。松田優作の息子である松田龍平のデビュー作でした。大島渚の遺作となった新選組を扱った時代劇。当時中学3年生だった松田龍平を熱心に俳優の道へと誘ったのは大島渚でした。
ひで語録 | 1,032 view
“少年同士の愛”を描く深津絵里のスクリーンデビュー作「1999年の夏休み」が初のデジタル上映!!

“少年同士の愛”を描く深津絵里のスクリーンデビュー作「1999年の夏休み」が初のデジタル上映!!

1988年の映画『1999年の夏休み』が劇場公開から30周年を迎えたことを記念し、初のデジタル素材(DCP)による上映が決定しました。
隣人速報 | 2,369 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト