人間の世界を見守る守護天使ダミエルが、人間の女性に恋をしたことで選んだ道は?映画「ベルリン・天使の詩」
2017年1月25日 更新

人間の世界を見守る守護天使ダミエルが、人間の女性に恋をしたことで選んだ道は?映画「ベルリン・天使の詩」

長い間人間の生活を見守ってきた守護天使ダミエルが、サーカスにいる女性マリオンに恋をしてしまったことで、決断を迫られます。この世の始まりから人間を見守ってきた、天使たちの日々と決断を描いた映画「ベルリン・天使の詩」を振り返ります。

3,626 view

映画「ベルリン・天使の詩」とは

『ベルリン・天使の詩』(独: Der Himmel über Berlin, 英: Wings of Desire, 仏: Les Ailes du désir)は、1987年公開のフランス、西ドイツ合作映画。ファンタジー、ラブストーリー、ヒューマンドラマ、アート系映画。ヴィム・ヴェンダース監督。

映画「ベルリン・天使の詩」のあらすじ

塔の上のダミエル

ベルリンの塔の上から、守護天使ダミエルは人間の世界を見守っていました。天使には、人間の心の声が聞こえます。大人には天使の姿は見えませんが、子供は見ることができます。塔の上、街の中、電車やバスの中から、ずっと人間に寄り添い見守ってきました。
飛行機の中では、アメリカの俳優ピーター・フォークが、映画の撮影のためにベルリンに向かっていました。天使たちの目には、人間の世界は全てモノクロに映っていました。
塔の上から人間を見守るダミエル

塔の上から人間を見守るダミエル

天使には、家族への不満や悩み、哀しみなど、様々な人間の心の声が聞こえてきます。
ダミエルは親友の天使カシエルと、今日あった出来事や気候などについて、オープンカーの展示場で情報交換をしていましたが、人間の目には見えません。
ダミエルは、永遠の霊として、人間の声を聞くこと、寄り添うことしかできないことに疑問を感じていました。2人は図書館に行き、一緒に図書館にいる人々の心の声を聞きます。図書館には他の天使たちも大勢いて、人間たちに寄り添っています。図書館は天使たちの憩いの場ともいえました。
老いた詩人ホメロスが、失われた詩を探しています。

映画の撮影スタジオでのダミエル

ダミエルは映画の撮影スタジオに行きます。ピーター・フォークの映画の撮影をしていましたが、俳優やスタッフ、エキストラなど、大勢の人間の思いが、渦巻いていました。
ピーター・フォークは、撮影の合間に、エキストラの女性にモデルになってもらい、似顔絵を描いていました。
スタジオを出たダミエルは、サーカスのテントに着きます。テントの中には、空中ブランコの練習をしている女性がいましたが、座長がやってきて、今夜の興業を最後にすると伝えます。
空中ブランコの練習をするマリオン

空中ブランコの練習をするマリオン

天使の翼をつけたマリオンの、「夢は長くは続かない」という心の声を聞き、興味を持ちます。
ダミエルは、「天使のお通りだ」の声に、自分が見えるのかと一瞬驚きますが、天使の羽を付けたマリオンに向けた言葉と分かり、安心します。
自分の部屋に戻ったマリオンは、誰かに語りかけるように考えます。先の分からない未来、長くは続かない夢、自分は何者なのか、そして「愛したい、誰かを」という言葉に、ダミエルは惹かれていきます。

サーカスのテントでのダミエルとカシエル

再び街に出たダミエルは、交通事故で死にそうな男を見つけ、彼の心の声を聞きます。カシエルはホメロスに寄り添い、一緒にポツダム広場に行きます。以前は多くの人があふれ、賑わっていたポツダム広場も、変わり果ててしまい、歴史が失われたと嘆くホメロスでした。
ダミエルは、カシエルを誘い、サーカスの最後の興業を見に行きます。子供たちと一緒に座り、サーカスを楽しむダミエルとカシエルでした。
語り合うダミエルとカシエル

語り合うダミエルとカシエル

ダミエルはカシエルに、人間への憧れと自分の決意を語ります。
ダミエルの決意を知ったカシエルは、本気なのかと尋ねます。この世の始まりから、人間の誕生と戦争の始まり、がれきの山と戦車のわだち、ずっと人間に寄り添ってきながら、寄り添うことしかできなかった自分たちの存在とは何かと、ダミエルは語ります。絶望しかけた男が、再び心に希望を持ち直すこともありましたが、自殺しようとする男を止められないこともありました。
家に帰り裸足になって足をのばしたり、新聞で手が汚れたり、真っ赤なうそをついたり、そういう些細なことを人間として体験したいとダミエルは望みます。

マリオンの最後の演技

ダミエルは再びマリオンのそばに行き、マリオンの心の声を聞きます。「跳べないかもしれない」、「落ちてしまうかもしれない」という死への恐怖と、それを乗り越えて演技へと向かうマリオンに、ダミエルは寄り添います。マリオンは見事に成功し、サーカスの連中は最後の夜を、一緒に酒を酌み交わして終わります。
死の恐怖と闘うマリオンと見守るダミエル

死の恐怖と闘うマリオンと見守るダミエル

最後の演技をするマリオンを、ダミエルはただ見守ります。
出典 locari.jp
その後マリオンはロックバンドのライブに出かけます。込み合うライブハウスの中で、一人踊るマリオンのそばに寄り添うダミエルですが、思わずマリオンの手に触れてしまいます。ダミエルの手が触れた瞬間、マリオンは何かの存在を感じます。一人ぼっちだけれど孤独ではないと、マリオンは感じます。その夜、マリオンの夢の中にはダミエルが現れ、マリオンはダミエルを受け入れます。
マリオンの夢に現れるダミエル

マリオンの夢に現れるダミエル

鎧を身につけ、翼のある天使の姿で、ダミエルはマリオンの夢に現れます。
53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

明るい気持ちになれる名曲!【南野陽子】の「はいからさんが通る」

明るい気持ちになれる名曲!【南野陽子】の「はいからさんが通る」

映画『はいからさんが通る』の主題歌となったこの曲は、聴いているとこちらまで明るくなれました。今回はそんな南野陽子さんのシングル「はいからさんが通る」をしっかり聴き直してみたいと思います!
つきねこ | 551 view
BOØWYが残した6枚のオリジナルアルバムを振り返ります

BOØWYが残した6枚のオリジナルアルバムを振り返ります

BOØWYは1981年に結成されてから1987年の解散までにオリジナルアルバムを6枚残しています。今回はこの6枚のアルバムを少し紐解いて振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 25,092 view
シャープペンブームの火付け役「スマッシュ」覚えてますか?0.3ミリを復刻!

シャープペンブームの火付け役「スマッシュ」覚えてますか?0.3ミリを復刻!

1987年に発売され、シャープペンシルの人気に火を付けた人気文房具「スマッシュ」。2019年3月23日(土)より、全国の文具取扱店で復刻発売します。
1987~1988年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1987~1988年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1987~1988年に解散した日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは最終的に解散した年を記しています。
ギャング | 11,858 view
【#プロレス今日は何の日】1987年11月7日 後楽園ホール 輪島大士vs天龍源一郎っ!

【#プロレス今日は何の日】1987年11月7日 後楽園ホール 輪島大士vs天龍源一郎っ!

ずんどこデビューから1年、どんどこ攻めるわじー!天龍に蹴られまくってリングアウト負け!でもその一生懸命な姿見て俺も頑張らねばって思った!ありがとう輪島さん!今日もプロレス最高っ!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト