【竹之内雅史】死球は通算歴代2位!シーズン最多7回!西鉄や阪神で活躍した強打者
2023年9月29日 更新

【竹之内雅史】死球は通算歴代2位!シーズン最多7回!西鉄や阪神で活躍した強打者

死球(デッドボール)の通算歴代1位といえば、もちろん清原和博選手。では、歴代2位は誰でしょうか?それが、今回ご紹介する竹之内雅史選手です。ライオンズの変遷期や阪神タイガースの強打者として活躍しました。あの "世紀のトレード" で話題になった選手でもあります。竹之内選手の現役時代の記録を振り返ります。

201 view

社会人で活躍し、西鉄ライオンズへ

竹之内雅史は、1945年生まれの神奈川県横須賀市出身。鎌倉学園高から社会人野球を経験し、1967年にドラフト3位指名で西鉄ライオンズに入団します。のちに「トンタケコンビ」として親しまれる相方の東田正義も、同じ年にドラフト2位で入団しています。

1968年、竹之内はプロ1年目から一軍で起用され、8月10日阪急戦で初ヒット、8月13日近鉄戦で初ホームランを放つと、8月14日近鉄戦からは、三塁手のスタメンで出場するようになります。シーズン後半に活躍し、6本塁打を記録する一方、5死球も記録し、早くも死球王(!?)としての片鱗を見せていました。

因みに、竹之内の初ホームランの日には、東田も初ホームランを放っており、トンタケでアベック初ホームランを記録したことになります。

西鉄 vs. 東映 開幕戦(1971年)

西鉄 vs 東映 昭和46年 開幕戦

シーズン最多死球7回!

1969年、持ち前の長打力から、2年目にして早くもクリーンナップを任されるようになります。この年、成績は今ひとつでしたが、11死球でシーズン最多死球を記録。1970年には初めて規定打席に到達し、19本塁打を記録する一方、15死球で再びシーズン最多死球を記録しました。特に、5月24日の阪急戦では、1試合3死球のプロ野球新記録を作っています。

1971年、4月は打撃好調で高打率を推移していましたが、5月以降は頻繁に死球を食らうようになり、6月23日阪急戦を最後に故障で戦線離脱。この日までに受けた死球数は14個で、すでにシーズン最多に到達していました。一方、四球数は11個と死球数より少なく、この数字だけでも竹之内の記録の異常さがうかがえます。

この時期のライオンズは、黒い霧事件や球団売却などの影響もあり、成績は低迷。そんな中、竹之内は長打力を発揮し、1974年には100号本塁打を達成。1977年にはチーム最多の26本塁打を記録し、パ・リーグの本塁打王争いに名を連ねます(最終順位は3位)。一方、竹之内の死球数は異常で、なんと、1969〜1971年、1973〜1976年の7回もシーズン最多死球を記録しています。

竹之内の入団時は西鉄ライオンズでしたが、1973年に太平洋クラブライオンズ、1977年にクラウンライターライオンズと、慌ただしく球団が変わっていきました。そして、西武ライオンズへと変わる前年の1978年、節目の時を迎えます。
竹之内雅史

竹之内雅史

世紀のトレードで阪神タイガースへ

1978年オフ、クラウンから西武への球団売却に伴い、阪神との「世紀のトレード」が敢行されます。阪神からは田淵幸一、古沢憲司の2人クラウンからは竹之内と真弓明信、若菜嘉晴、竹田和史の4人を交換する大トレードで、その経緯は紆余曲折あったものの、のちに両球団にとって実りの多いトレードだったと評価されています。

1979年、開幕の4月7日広島戦では、竹之内はいきなり4番打者に起用されます。そして、この日は、移籍組の3人が大活躍。竹之内、真弓、若菜で7安打を放ち、開幕勝利に貢献しました。その後も竹之内はクリーンナップの一角を担い、前半戦終了時にはすでに17本塁打を記録。結局、その年はシーズンを通して活躍し、打率 .282、25本塁打、66打点のキャリアハイの成績を残しました。注目の死球数はリーグ2位の12個。セ・リーグに環境が変わっても、死球の頻度は変わらずです。

そして、1980年は竹之内が最も派手に活躍したシーズンでした。その最たるものが、竹之内が決めた4度のサヨナラゲーム

4月17日 広島戦 抑えの江夏豊からサヨナラ3ランホームラン
5月24日 巨人戦 エース堀内恒夫からサヨナラヒット
5月27日 中日戦 金井正幸からサヨナラ満塁ホームラン
7月5日 大洋戦 延長10回代打で抑えの遠藤一彦からサヨナラヒット


このようなサヨナラの場面での異様な勝負強さから、竹之内は「サヨナラ男」と呼ばれました。

しかし、その後は徐々に出場機会が減り、1982年に引退。引退後は、そのまま阪神で打撃コーチを務め、1985年には21年ぶりのリーグ優勝に貢献しています。自身の現役時代は優勝経験がなく、自身の育てた選手が活躍しての優勝だったため、竹之内にとっては最高のプロ初優勝だったかもしれません。

竹之内雅史

【竹之内雅史 阪神】打撃フォームをよく変えた選手。ライオンズ時代は7回の死球王。通算166死球は歴代2位!トレードでタイガース移籍1年目開幕4番を任され活躍。西鉄時代は年俸安すぎでオフには焼き鳥屋って

通算166死球は歴代2位!

通算166死球は、清原和博に抜かれるまで歴代1位でした。現在は清原に次ぐ歴代2位ですが、死球率(死球数÷打席数)で言えば圧倒的トップです。以下は、通算死球の歴代トップ5の比較で、竹之内の死球率の特異さがよくわかります。

1. 清原和博 9428打席196死球 死球率 .021
2. 竹之内雅史 4873打席166死球 死球率 .034
3. 衣笠祥雄 10634打席161死球 死球率 .015
4. 阿部慎之助 8653打席152死球 死球率 .018
5. 村田修一 7754打席150死球 死球率 .019

その他の通算成績は次の通り。216本塁打は、2023年現在でも歴代トップ100に入る高い実績です。

通算成績 4357打数 1085安打 216本塁打 606打点 打率 .249
私のバッティングフォームの形? 改めて聞かれると答えに困るよ。毎日のようにフォームが変わっていたからね。

最初は普通に構えていたんだよ。なのにど真ん中のボールを打っても内野フライになってしまう。上手くミートする方法がないかとバットを寝かせたら、ボールに一直線でバットが出るようになった。それが変形してバットを担ぐようになったけど、また打てなくなると、猫背でベースに被ってみたりもした。

(中略)

コーチからも「フォームはそんなに変えるものじゃない」「自分のフォームを作れ」と言われたが、216本の本塁打を打った。プロは成績を残せば勝ちなんですよ。

竹之内雅史(サムネイルは白仁天)

ライオンズ・クラシック2010「OBインタビュー(白氏・竹之内氏)」
13 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【大型トレード】どっちがトクした!?田淵を獲得した西武?真弓・若菜を獲得した阪神?

【大型トレード】どっちがトクした!?田淵を獲得した西武?真弓・若菜を獲得した阪神?

1978年のプロ野球オフシーズンには、"世紀のトレード" が話題になりました。阪神(田淵幸一、古沢憲司)と西武(真弓明信、竹之内雅史、若菜嘉晴、竹田和史)のトレードです。ミスタータイガースと西武の有力選手が動いた大型トレード。阪神と西武、果たしてどちらのチームがトクしたのでしょうか?
izaiza347 | 3,710 view
【昔の球団】覚えていますか?2年だけ存在した球団「クラウンライターライオンズ」

【昔の球団】覚えていますか?2年だけ存在した球団「クラウンライターライオンズ」

ライオンズといえば、昔は西鉄、今は西武。しかし、西鉄ライオンズが身売りされ、西武ライオンズが誕生するまでの6年間、別の名称で球団は存続していました。最初の4年間が、太平洋クラブライオンズ。そして残りの2年間が、今回ご紹介するクラウンライターライオンズです。短いながらも印象深いクラウンライターの2年間をご紹介します。
izaiza347 | 19,764 view
とにかく強かったプロゴルファー「ジャンボ尾崎」は、元々プロ野球西鉄ライオンズの選手でした。

とにかく強かったプロゴルファー「ジャンボ尾崎」は、元々プロ野球西鉄ライオンズの選手でした。

強面なプロゴルファー「ジャンボ尾崎」は見た目だけでなくとにかく強いゴルフ選手でした。数々の勲章を手に入れたジャンボ尾崎ですが、実は西鉄ライオンズのプロ野球選手でもあったんです。
青春の握り拳 | 15,215 view
【真弓明信】恐怖の1番打者!猛虎打線の切り込み隊長!1985年の成績を振り返る

【真弓明信】恐怖の1番打者!猛虎打線の切り込み隊長!1985年の成績を振り返る

恐怖の1番打者と聞いて、真っ先に思い浮かべる選手は誰でしょうか?共通するのは、単にヒットをよく打つだけでなく、クリーンナップ並みにホームラン・長打もよく打つ強打者ということでしょうか。その筆頭の一人が阪神の真弓明信。1985年、猛虎打線の切り込み隊長として、21年ぶりのリーグ優勝に貢献しました。当時の成績を振り返ります。
izaiza347 | 338 view
【プロ野球】阪神の工藤!日ハムの工藤!西武の工藤!1980年代に活躍した3人の工藤投手

【プロ野球】阪神の工藤!日ハムの工藤!西武の工藤!1980年代に活躍した3人の工藤投手

"1980年代に活躍した工藤投手" といえば、今でこそ「工藤公康投手」を挙げる人がほとんどでしょうが、その当時には、パ・リーグで最多勝のタイトルを獲得した工藤投手、セ・リーグで21年ぶりの優勝に貢献した工藤投手もいました。今回は、そんな "3人の工藤投手" を振り返ります。
izaiza347 | 326 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト